« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

読書進化論、目次です。

こちらは、読書進化論の目次です。プレサイトは連休明けにオープンします。お楽しみに!!

目次
第一章 人を進化させる読書がある
ウェブ時代の本と書店の再定義/自分を進化させる本とのリアルな出合い方
読者が進化して著者になると、上場株(=パブリックな人材)になる
ウェブで発見され、約1年で150万部の売り上げに
再現性が高い本は読者に“ご利益”をもたらす

勝間式 書店ぶらぶら歩き(1) 「リブロ青山店」編

第二章 進化している「読む」技術
フレームワークがない読書は身につきにくい
本選び基準のひとつは「ウェブや友だちの話より質が高いかどうか」
良書との出会いが読書体験を豊かにする秘訣
自分の読書レベルに合った読み進め方がある
多読や速読など、「読む」技術について
「読んでおしまいにしない」が究極の技術

第三章 「書く」人も進化する
深い話を広く伝える手段として、本は最もリーズナブルな流通形態
文章力はブログやメールで進化させることができる
書店は宝の山。“本のコンシェルジュ”を活用するのも手
勝間式「相手がわかりやすく読みやすく書く」ための4つの技術
技術(1)「自分の事例」「アンソロジー形式」を利用して、親しみを持たせる
技術(2)「役に立つフレーズ」を必ず入れ、読書だけに体験を閉じない
技術(3)「共通体験」や「流通していることば」を使って行動を促す
技術(4)「コンテンツ力」と「編集力」で進化していく
ウェブで発見されて著者に進化するには

第四章「売る」仕組みを進化させる
出版業界は「プレイス」と「プロモーション」が弱い
好循環を生む基本的な仕組みは「まじめに作って、まじめに売る」
「著者ブランド」を最大限に活用する
リアル書店とネット書店の特徴を生かした「売る」仕組み作りを
ウェブの活用、チャネルの再考…まだある、出版社にできること

勝間式書店ぶらぶら歩き(2)「丸善丸の内本店」編

終章 これから「読みたい」「書きたい」「売りたい」と思っているみなさんへ
読書の進化形、印税寄付プログラム
すべての人にフェア(公平)な可能性を秘めている「読書」の世界

私を進化させた20人の著者
巻末資料
おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: レバレッジ君 (Sep 13, 2008 10:39:41 PM)

私もgo publicできる日が来る様、参考にさせていただきます。


投稿者: ビタミン♪ (Sep 13, 2008 11:11:22 PM)

買ってみよっと・・


投稿者: 離婚相談の「ブラックジャック」高橋健一 (Sep 14, 2008 12:10:42 AM)

メルマガが配信されたときに、早速予約させていただきました。

私のクライアントにぜひ、読んでいただきたいコンテンツですね。興味深いです。

到着を楽しみにしております。


投稿者: 多ぁ忙 (Sep 14, 2008 10:20:35 PM)

勝間流読書術参考にさせてもらっています。「新・知的生産術」を読んでから読みたい本を3冊以上ストックするようになりました。また3点観測の視点から読みたい本が増えいくし。
今度の「読書進化論」も、さらに興味そそられます。さっそく読んでみたいと思います。
今日、たまたま寄った大型書店に実物の「勝間書店」がありました。勝間さんの書籍がずらっと並んだブースです。さらに読者層が増えそうですね。


コメントを書く