« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

お弁当作り

三女がキャンプに行きます。この夏、2回目です。

というわけで、明日も早朝からお弁当作りですが、いきなり娘から

「手抜きはダメだよ」

と念押し。

手抜きって、と聞いたら、おにぎりの具の多さだそうです。なんでも、昔少なかったことがあったとか(笑)。

鮭のおにぎりに卵焼き、という定番でいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: ハイジ (Aug 8, 2008 10:52:42 PM)

日経ウーマンの 妹ヘ に出ていますね。
この連載すきなんです。


投稿者: プリン (Aug 8, 2008 11:58:51 PM)

お弁当の画像もぜひアップしてください(笑)


投稿者: ふみふみ帝王 (Aug 9, 2008 12:59:32 PM)

こんにちは。夏らしい夏ですね。子供の頃にキャンプ体験をさせるなんて本当に素晴らしいこととと思います。

さすが勝間さんという感じです。

ところで、おにぎりで思い出したのですが、私は時々『王様おにぎり』なるものを作ります。

水でぬらしたボウルに炊きたてのご飯を入れて平らにし、その上におかずを乗せて、さらにご飯をかぶせます

それをよいしょとうまく握って一つの大きなおにぎりを作るのです。

要は普通のおにぎりの2倍から3倍の大きさのおにぎりなんです。
ですから、おかずはたっぷりと入れられるんです。

私の場合は、例えば、玉子焼き、焼いたウィンナー・ブロッコリーを適当な大きさに切ったものをガシガシと入れ込んで巨大おにぎりを作ります。
最後に海苔を2枚ほど使って満遍なくおにぎりをくるんでまんまるの王様おにぎりの出来上がりです。

普通のおにぎりですと、梅干一つとか鰹節少々とかほんの少量しかおにぎりの中には入れることができませんが、この王様おにぎりはおかずもたくさん入れられるので、別途おかずをタッパーに入れて持っていく必要がなくなることが大きなメリットです。

これは私のオリジナルではなく、『基本・定番・お気に入り』飛田和緒著に載っていたレシピー『巨大おにぎり』から学んだものです。

私の場合は2合のご飯で一つのおにぎりを作ってしまいます。

職場に持っていったら好評で、自分にも作ってきてほしいなどといわれました。
小さいお子さんなら喜ぶかも知れませんよ。


コメントを書く