« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

Audible、自力でバグの回避

パソコンを新しくして、英書朗読のダウンロードサイトであるAudible専用のAudible Managerを最新版にしたら、ダウンロードのたびに、ファイルをAudible Mangerに登録することなく、毎回、ダウンローダーが落ちてしまいました。ファイル自体はダウンロードされているので、これを手動で登録すればいいのですが、やや、かなり面倒です。

一応、サポートにはなぜ、ということでメールを送ったのですが、ずっと悩んで、何回も小さなファイルでダウンロードを試して、落ちる瞬間の画面を見ていて、はたと気づいたのが、落ちるときに行うとしている作業はどうやら、AudibleからDLしたファイルをWindows Mediaで再生できるように、ファイルを送り込む部分であるということです。これは、最近ついた新機能です。

おそらく、これは日本語のOSとアプリであるWindows Mediaとの相性が悪かったのでしょう。原因がわかれば、あとは対策を立てるのみです。ダウンローダーから、Windows MediaのOptionを外して、一件落着です。

とはいえ、ここまでくるのに、けっこう試行錯誤がありました。デバイスをかえてみたり、再インストールを何回かやってみたり、保存先のディレクトリをかえてみたり。

というわけで、同じ悩みがある方、Audible Download ManagerのGeneral Settingで、Windows Mediaのオプションを外してください。これで解決です。デフォルトでは、オンになっています。

ああ、うれしい。

これで、あと大物は、オンラインバンクの電子証明書をどうやって、旧パソコンから移管するか、です。一度しか発行してくれないらしく、月曜日にでも、サポートに電話してみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: 絵馬裕文 (Aug 10, 2008 9:59:46 PM)

このパソコンには、visual studioがインストールされていないので、デバッグできませんが、ほかのパソコンには、インストールされているので、C++言語とバイナリのアセンブラでゴリゴリでバック可能です。


コメントを書く