« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

明日はサザンシアターの講演日です

明日はサザンシアターの講演日です。

少し天気が心配ですが、かなりマニアックな話もしますので、ぜひ、前売り券をお持ちの方、いらしてください。単独講演では人数がもっとも多いので、緊張しています。

コンサルタント時代、モバイルやITの話などで700人クラスの講演はあったのですが、それはみなさん、M社の人の講演だから聞きに来たのであって、個人の講演を聴きに来たわけではないですからねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: むーとん (Feb 25, 2008 6:32:13 PM)

はじめまして。 

むーとんと申します。

著書や朝日新聞のコラム等を楽しく読ませていただいています。

明日のセミナーに参加できるのを楽しみにしています。
(急な仕事が入らないといいのですが。。)

先日、そのセミナーのチケットを受取りに、サザンシアターへ
行ったところ、少し道に迷ってしまいました。。

明日セミナーに参加される方で、サザンシアターへ行った事が
ない方は、ご注意ください。


投稿者: kinta (Feb 26, 2008 5:57:18 AM)

はじめまして。
kintaと申します。
勝間さんの本は、昨年の夏にはじめて読んでからファンになっています。
先ほど、ラジオを聞いていたら勝間さんの声が。
テレビは本を読んでから自分から見ていないのですが、ラジオは目覚ましがわりに聞いています。
セミナーもあるのに朝早くから大変ですね。

次の本も楽しみにしています。


投稿者: なおき (Feb 26, 2008 10:35:16 AM)

今日、伺います。生の勝間さんを見るのは、初めてです。楽しみにしています。


投稿者: min (Feb 26, 2008 1:50:12 PM)

はじめまして。
いつも朝日新聞を拝見しております。
2/23付の「同僚への不満解決法」はとても参考になりました。
気が小さい私は、周囲に対していつも何かしら不満を持っています。これは、話せばなが~~い理由があると思いますし、直せばよいのに直らない自分の欠点の最たるものと・・・心得てはいるのですが、どうにもなりません。
私は高校卒業で就職して以来26年間事務系の仕事を続けております(勝間さんより少しだけ後輩です。)が人事異動はあっても定年退職まで勤務を継続するのが通常で、仕事以外にも職場結婚が多いですし、人間関係がどうしても濃密になりがちです。
自分の子どもに年齢の近い新人と一緒に仕事をしても、最近の若い人は・・・といったことは一切思いませんが、年齢も、仕事のキャリアもそこそこの後輩には、仕事や周囲への気遣いがあまり感じられなく、つい苦言を呈したくなってしまいます。皆一様にと言うわけでは無いのですが・・・一緒の職場で仕事をしていれば少なからず、仕事上の関わりが生じ、イライラは募るばかりです。時間が解決するかなと思いますが度重なるトラブルや仕事に対する態度に、振り回される度に不満は更に膨らみ、最近ではその人そのものに嫌悪感を抱くほどになりました。馬鹿正直な私と違い、そんな人ほど幾つもの顔を使い分け世渡りが上手いのも、なんだか癪に障ります。直属の上司に訴えようにも、良い顔を信じきっている上司にどうやったら納得をしてもらえるのか?「上手なアピール」方法が難しいところです。「問題を提示する私が職場にとって重要な人材かどうか」も迷うところです。
迷うということは、つまり個人的な感情で不満を持っているのであって、仕事の評価を冷静にできていないのではないかとも考えます。私は仕事の先輩としての自覚を持ち、働く女性としての品格を保つため、沸々と湧き上がる感情を胸に押し込めて、時が解決するのを待ち続けたほうが良いのでしょうか。


投稿者: 前略。大宮 (Feb 26, 2008 11:19:20 PM)

講演会に参加させて頂きました。会計により具体的に興味を持てましたし、また更に会計をきっかけとしてほかのジャンルへも興味が持てました。今回も講演が拝聴できて良かったです、ありがとうございました。


コメントを書く