« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ビジネス書が小説に比べて伸びている理由

最近、文芸書や小説があまり売れていません。今日は仕事で、小説家の堂場瞬一さんとの対談だったのですが、その理由をこう、教えてくれました。

小説はエンターテイメントが主目的で、で、いまはインターネットや携帯その他、エンタメものはいろいろと競合が多くなってきたから、売れないんですよ

なるほど、でした。目から鱗が落ちました。小説は確かに、楽しむために読みます。それに対して、ビジネス書を楽しむために読む人は稀でしょう。必要があるから、読むのです。

そう考えると、小説を読む暇もなくなってきている、と考えるべきでしょうか。行動生活時間の調査はいろいろありますが、読書、だけで、何を読んでいるかは書いていないんですよね。

もう少し、本に関する統計を集めてみたいと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: michael (Feb 21, 2008 1:26:25 AM)

小説が売れていない。。確かに私のささやかな本棚にも、小説は少ないです。。
学生の頃は読んでいましたが、最近は子供たちが読んでいる小説(?)を借りて読みますが、自分で購入するのはビジネス書をはじめ実用書と呼ばれるものが多いです。生活密着といいますか、ゆとりがないのでしょうか?
 小説は感性に訴える部分が強いだけにその世界感に浸るにはかなりの想像力も必要となりますよね。そう言う意味で現代社会「想像」より「現象・現実」つまり具体的なものに価値を見出すようになっているのかもしれません。
 年代別・性別で統計をとっても面白いかもしれません。あるどこかの年代で小説と実用書が逆転する地点があるのでは?


投稿者: 114bkt (Feb 21, 2008 2:11:50 AM)

 途中まで読んで、あっこれ違うわ、と私は思いまし
た。ちょっと勘違い入ってるな、と思いました。
 ビジネス書が売れているのは、私の推測では、正のスパイラル状態だと思います。つまり、売れるからより売ろうと表紙や装丁がカッコ良くなる、カッコ良いからまた売れる、ってな具合です。小説だって最近は妙に帯に気合入ってますよね。「一晩中泣きました。女優○○」何故かと言うと、シンプルに言えば売れるからですね。
 だから小説を、今風に言えば、レバレッジを効かして
読めるか、って事ですよね。80:20の法則で読めないって事です。ビジネス書が売れてる時にはじっくり読まなきゃいけない小説は分が悪いですよね。勝間さんの「グーグル化-」や本田さんの「レバレッジ」シリーズはやっぱりカッコ良いんですよね。表紙も帯も妙に長めの「はじめに」も、「グーグル化」に至っては写真付きですから一段と洒落てますよね。多分小説は、特に真面目な小説類は、シャレるのは無理だと小説家も編集者も思ってるんでしょうか。写真付きの小説、解説を俳優と本職の2本立にする、少なくとも家系図や地図などはいれる、等あるような気はしますけどね。
 勘違い、という言い方が失礼だとしたら、可能性はあるんじゃないですか、と言いたいですね。


投稿者: hai (Feb 21, 2008 2:56:39 AM)

でも ブログ小説・ケータイ小説は売れてますね


投稿者: RENESIS Shin (Feb 21, 2008 9:18:35 AM)

おはようございます。

確かに、携帯小説などの電子媒体で読む人が増えているのに、活字で印刷された小説を読む人が少なくなっているのは、確かに共感します。

※ちなみに、私は携帯小説を紙媒体で読むことがあります。


投稿者: くぷぴ (Feb 21, 2008 3:34:39 PM)

ふーむ、写真つき=絵つきの小説・・漫画でしょうか?
漫画は相変わらず人気があるようには思うのですが・・。


投稿者: sio (Feb 21, 2008 8:05:40 PM)

漫画も一昔前のじっくり読ませるストーリー性の高いものは敬遠される傾向にあると思うのですが…小説vsビジネス書と同じ理由でしょうか?


投稿者: ジュリア (Feb 21, 2008 9:05:55 PM)

成功小説と言われるもので売れているものもありますね。一般的な小説との違いはプロモーションでしょうか。

最近産業カウンセラー仲間のブックトレードで「カラマーゾフの兄弟」がでてきたのでいい機会だと思って読んでます。

ビジネス書慣れしていたので最初は読みにくいことこの上なかったのですが、2巻に入ってだんだんワクワクしてきました~
一辺倒ではなくどちらも楽しめるのがいいですね。


投稿者: ジュリア (Feb 21, 2008 9:07:49 PM)

成功小説と言われるもので売れているものもありますね。一般的な小説との違いはプロモーションでしょうか。

最近産業カウンセラー仲間のブックトレードで「カラマーゾフの兄弟」がでてきたのでいい機会だと思って読んでます。

ビジネス書慣れしていたので最初は読みにくいことこの上なかったのですが、2巻に入ってだんだんワクワクしてきました~
一辺倒ではなくどちらも楽しめるのがいいですね。


投稿者: Mharu (Feb 21, 2008 10:24:01 PM)

私もビジネス書を「必要だから読んでいる」うちの一人です。

ビジネス書のおかげで、時間を効率的に使えるようになり、目標が明確になり、仕事に対する意識も変わりました。

ただ私の周り(20代半ば)にはビジネス書を読んでいる人はほとんどいないので、頑張って広めているところです。

年代、性別などにもよるかもしれませんね。


投稿者: 関数電卓 (Feb 21, 2008 10:43:59 PM)

ビジネス本とかの方が楽しい。フィクションよりドキュメンタリーの方が楽しい。

だから、みんなビジネス書とか読むと思うんですけど


コメントを書く