« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

持ち込みでは初の10万部???

今日は、そういうわけで、お金は銀行に預けるな、の丸善でのセミナーだったのですが、光文社の方もたくさんいらしていただきました。

で、そのまま10万部のお祝いを兼ねたお食事会。そして、やはり、編集の方・販売の方、一丸となった力で達成できた今回の10万部ですが、その時に再発見したのは

持ち込み企画では、おそらく光文社新書初の10万部だろう

ということです。

というか、そもそも、持ち込みで光文社新書に通ることはほとんどないそうで、さらに10万部といったら、異例中の異例ということでした。

なんせ、持ち込んだ当時は、年収10倍アップシリーズもなく、まだ会社員やめたばかりで何の実績もなく、今思うと、よく企画が通ったなぁという感じです。

本当に、こればかりはすべて、縁ですね。今回、一番うれしかったのは、ゲラ刷りの段階での原稿を読んで、多くの販売関係の方、書店関係の方は「これは売れる」ということで、できる限りの力を尽くしてくださったことです。

異例の4万初版から始まり、各種プロモ、広告、そしていまもいろいろと、プロモ展開中です。ほんとうに、すべては周りの方からのサポートと、ご縁でつながる話だとつくづく感じました。

本当に、ありがたいことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

コメントを書く