« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

決算書の暗号を解け!、重版決まりました

決算書の暗号を解け!、重版決まりました。

かなりマニアックな切り口の本なのに、アマゾンでも店頭でも、売れ行きが良く、最初の8,000部もこの手の本にしては異例の数でしたが、2刷りがさらに5,000追加になります。

折しも会計ブームでしたが、入門書でもなく、専門書でもない本は珍しいと評価をいただいています。ぜひ、お手元に機会があったらとっていただければと思います。

p.s.
最近、ブログのコメントにお返事していませんが、一つ一つ、みな読んでいます。ありがとうございます。もう少し、まとまった時間ができたところでお返事させてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: 柴田芳樹 (Nov 1, 2007, 6:01:43 AM)

増刷、おめでとうございます。

早速、Amazonで注文して届きました。これから読むところです。 :-)


投稿者: くろしば (Nov 1, 2007, 8:56:13 AM)

三省堂で購入し読んでいますが、私にとっては大変おもしろい会計の教科書。理解の足りない部分はぜひ勝間さんの講義を受けたい位です。
私の現在の仕事は、経理部の所属ではない経理担当者です。以前から、経済・会計全般に興味がありましたが、幼児二人の育児中という事を理由に、本格的な勉強は後まわしにしていました。でもこの本を読んで、転職を視野に入れて簿記三級、二級をめざそう、と決心しました。ありがとうございました。
勝間さんの本は4冊買って読みましたがどの本も、刺激を受け、日々役立っています。


投稿者: puku (Nov 1, 2007, 12:51:41 PM)

今、読んでいます。なかなか読み応えがありますねー。仕事で決算書を読む機会はあったのですが、アナリスト・会計士の見方という点はまた違いますね。すごく参考になります。
すいすいカンタンに読めるわけではありませんが、じっくり読んで、実践したくなる本だなーと思いました。


投稿者: ムギ (Nov 3, 2007, 7:07:09 PM)

柴田さん

ありがとうございます、ぜひ、感想を教えてください。

くろしばさん

経理担当の方にそういっていただけると、うれしいです。とにかく、専門書はつまらないので、おもしろい会計の本をめざしました。また少しずつ、こういった本を書いていきたいと思います。

pukuさん、

ありがとうございます。誌面の都合でいろいろと削ってしまった原稿もあったので、そのうちぜひ、続編も考えていきたいと思っています。


コメントを書く