« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

Mindless Eating ~ 無意識と食欲の関係

そのひとクチがブタのもと

いや、ひさびさにツボにはまりました。いい本です。英語の題はMindless Eating。無意識の食事、でしょうか。原題の方がずっと、内容に合っています。

内容は何かというと、学者がくそまじめに、無意識の資格やその他の情報が食欲に与える影響を淡々と、実験で調べたものをまとめています。そして、食欲を科学的に抑える方法を提唱しています。

要は、意識したダイエットは必ず苦痛を伴うし、リバウンドがしやすいというのが筆者の考え方です。特に気に入ったのが「コンフォート・フード」という概念であり、よくある世の中のダイエットはコンフォート・フードの制限であることが多いという話です。

コンフォート・フードとは、私たちはカロリーの高い食べ物で、かつ、小さいころからお気に入りもの(私だと美味しいパンとか)を指しますが、これをへたに制限すると、そこに対して不満も高まるし、結局、我慢しただけ、あとで食べまくるのでリバウンドをするということです。

それよりは、例えばたくさん受け取るとたくさん食べてしまうとか、カロリーは人間は過小評価しやすいとか、意識をしない間違い、意識をしない食欲を環境から見て、どうやって抑えるか、過食を誘導しないようにするか、という生活習慣の方に焦点を当てています。

映画館に入る人にわざとまずくしたポップコーンを、LサイズとMサイズを分けて渡して、食べる量を計量するとか、したからいつまでも補充されるように仕掛けをしたスープを飲ませた場合にどこまで人は気にせずに飲み続けるとか、まじめだけれども、おかしな実験がたくさん出てきます。

ダイエットに悩んでいる方、食生活の改善をしたい方、一読をお薦めします。しかし、邦題がセンス0なのはなんとかしてほしいですね。

向こうで売れた本なのか、オーディオブックはCDもあるし、audibleもあるようなので、さっそくaudibleでダウンロードしました。そのうち、じっくり聞いてみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: みほこ (Nov 24, 2007 9:08:00 PM)

私も、アマゾンで『お金は銀行に預けるな』購入させて頂きました。今朝届き、子供がスイミングをしている1時間で3分の1読みました。勝間さんのおっしゃるとおり、私は学校時代(小、中、高)かなり勉強したほうなのに、金融に関してはなぜ知識が乏しいのかといつも疑問に思ってました。自分にセンスがないのかと思ってましたが、習ってないんですね。これをきっかけに金融リテラシーを身につけようと思います。続編も期待しています。


投稿者: みほこ (Nov 24, 2007 9:08:30 PM)

私も、アマゾンで『お金は銀行に預けるな』購入させて頂きました。今朝届き、子供がスイミングをしている1時間で3分の1読みました。勝間さんのおっしゃるとおり、私は学校時代(小、中、高)かなり勉強したほうなのに、金融に関してはなぜ知識が乏しいのかといつも疑問に思ってました。自分にセンスがないのかと思ってましたが、習ってないんですね。これをきっかけに金融リテラシーを身につけようと思います。続編も期待しています。


投稿者: さーさい (Nov 25, 2007 7:32:45 AM)

小生もアマゾンで「銀行に預けるな」購入しました。読むのが楽しみです。


投稿者: ムギ (Nov 30, 2007 1:05:57 AM)

みほこさん

お金のことは身近なので、すぐに親しめると思います。ぜひ、楽しんでください。


さーさいさん

お買い上げ、ありがとうございました。ぜひまた、感想を聞かせてください。


投稿者: はむきち (May 14, 2009 11:47:17 PM)

mindless eatingをaudibleでダウンロードして聞いています。まだ途中ですが、まじめに実験をしているのがいいですね。ポップコーンの実験はなるほどと思いました。


コメントを書く