« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ミネソタ観察日記 その2

8. 空港になぜか日本語表記

そういえば、ミネソタの空港の表記が英語だけですが、ところどころ、中国語もスペイン語もフランス語もないのに、日本語表記がちらちらありました(お手洗いとか、荷物集積所とか、交通案内とか)。初め中国語かと思っていたのですが、「お手洗い」というのを見て、あーーー、日本語なんだ、とわかりました。なんでしょう、日本の工場でもあるのでしょうか。

9. ホテルのスポーツクラブはやはり・・・

ホテルのパンフレットによると、フィットネスセンターがホテルとは思えないほど充実している、と威張っていたので行ってみました。

そして、分かったのは、確かにスペースは広いし、置いているトレッドミルやエアロバイク、マシーンなんかも数は多いです。

でも、手入れがぜんぜんなっていなくて、さびているし、動かないし、故障しているし、という感じでうーーーむ、という感じでした。

やはり、ついでサービスで競争原理が働かないところはつらいようです。

10. ネイルはうけている

ネイルはさっそく、インストラクターの女性にほめられました。ユニバーサルにきれいなものは、きれいなようです。


こういったつぶつぶの発見が、後で何かまとまるといいのですが・・・。とりあえず、忘れないうちに書き記しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

コメントを書く