« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

親指シフトへの移行のしかた

親指シフトについて、移行が試行錯誤が続いている方が多いようですが、親指シフトへの移行が成功し、すでにローマ字よりも早くなったというSummercontrail(左近)さんのブログに、ていねいな紹介記事があったので、こちらにもリンクを貼らせていただきます。

親指シフト、おすすめします

記事の中で、具体的なWindows PCを使ったツール類のダウンロードを含めた移行の手順と、上手になるコツについて、まとめられています。

ぜひ、親指シフトに興味ある方、悩んでいる方、アクセスしてみてください。

一応、私が親指シフトについてまとめたものは、こちらになります。

今も、親指シフトの専用キーボードでバチバチと打っています。ついつい、メールも、エントリーも長くなりますが、そこは親指シフターの特権と言うことで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: youlee (Jul 10, 2007 6:08:00 PM)

はじめまして。youleeと申します。

ムギ畑にも参加させていただいていますが、会社員WMです。
ムギさんの勉強本から、いろんなきっかけをもらい、
楽しいことが増えました。勉強も、世の中のニュースも、
たくさんのことに積極的な気持ちで受け入れ、取り組めています。

本題の親指シフトも挑戦中です。この発信のおかげで、
やっとスタートできました!
というのも、勉強本を読んですぐに試したときは、
「同時」というのがわからず、入力モードが頻繁に
変わってしまって使い物にならなかったのです。

このコメントも親指シフトで入力してます。
ローマ字入力のスピードを超える日が楽しみです。


投稿者: ムギ (Jul 13, 2007 12:50:28 AM)

youleeさん、

よかったです、少しでも参考になって。

そうか、同時、というのがイメージしづらいですね。見たことがないと。

すぐにローマ字よりも早くなると思いますよ。


投稿者: 左近 (Jul 15, 2007 7:56:28 PM)

 勝間さん、遅ればせながらご紹介ありがとうございました。(メールアドレスも入力が必須のようだったので、メールアドレスも表示されてしまうのかな……と躊躇しているうちに遅くなってしまいました。)
 自分なりの経過を簡単にまとめてみただけのつもりだったので、記事に意外なほどに反響があってちょっとビックリしました。

 専用キーボードには魅力を感じながらも、音が大きいと以前勝間さんが書いていらしたので、なかなか踏み切れないでいます。でもやっぱり、入力しやすいんでしょうね~。


投稿者: ムギ (Jul 15, 2007 9:05:03 PM)

左近さん、

メルアドはダミーでもたぶん、大丈夫だと思います。失礼しました。

いやほんと、私が親指シフトを覚えたのは昔なので、記憶があやふやなので、現役の移行の方にコメントいただけると、ありがたいです。

親指シフト、いいですよねぇ。こういったちょっとしたことを積み重ねで生産性を上げていくのが趣味なので。

ローマ字よりどのくらい早くなったか、もう少し断ったら、今度、ぜひ、教えてください。


投稿者: スカイフック (Mar 25, 2008 12:08:46 PM)

かな入力との比較では長短はどうでしょうか?


投稿者: oyaoya (Jun 14, 2008 6:46:30 PM)

スカイフックさん、私のブログです。参考になさってください。

かなでタッチタイピング
http://www.kanshin.com/keyword/1212084
しゃべるように入力できる
http://www.kanshin.com/keyword/1144547
えっ、かな入力?
http://www.kanshin.com/keyword/1151066
えっ、親指シフト・・、なにそれ?
http://www.kanshin.com/keyword/1071149


コメントを書く