« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

翻訳ソフトのありがたさ

大学院で読む論文のほとんどは、英文です。しかも、比較的複雑な構文や語彙で、少ないもので20ページ、多いものだと、平気で70ページぐらいあります。

その時に、頼りになるのが、翻訳ソフト。昔からいくつか買っていましたが、最近は少しずつ高いものになってきて、今使っているのは、9万円くらいした、下記のソフトです。

The翻訳 プロフェッショナルV11 スタンダードエディション

今は、値下がりして、6万円くらいになっているようです(それでも高いけれども)。

翻訳ソフトは、確かにそのままでは使い物になりませんが、それでも、対訳表示をさせながら、自分が迷った構文や、知らない単語について、すっとわかるのがありがたいです。

みなさんも、いい翻訳ソフトのお勧めがあったら、教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

コメントを書く