« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

風邪と家事の関係

風邪を引くと、家にいる時間が長くなります。

家にいる時間が長くなると、家のアラが目に付きます。なので、掃除機をかけたり、ちょこちょこと片付けをしたりします。

おまけに、風邪でだるいので、外に出て行きたくないので(うちは半径700メートル以内にコンビニがない家なので)、食事もなるべく、家でつくるようになります。

結果、風邪を引くと、なぜか家事労働時間が長くなります。

こういうのを統計数値だけ取ると、

家事時間を増やすには風邪の人を増やすべきだ

みたいになるので、因果関係には気をつけないといけないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: サワコ (Jun 25, 2007 10:52:22 PM)

くっ、くっ、く・・・笑えます。

でも、統計値に関するこの手の理由付けって結構多い気がしますね。協賛しているのはどこなのか、この結果で嬉しいのは誰なのか?って常に考えてしまいます。


投稿者: suikyo (Jun 26, 2007 9:05:29 AM)

面白いです(笑)。

一般紙くらいだと、因果関係をきちんと考えていないデータの解釈って多いですね。相関関係と因果関係がごっちゃになっているものとか。

あんまり無理せずお大事になさってください。


投稿者: ムギ (Jun 28, 2007 12:15:30 AM)

サワコさん、

そうなんです。中間因子をとばしちゃうんですよね。仕事をしていて、あるいは研究をしていて、いつも悩むところです。

suikyoさん、

そうなんです、相関と因果がごっしゃ。統計については、そのうち機会があったら、なにかわかりやすい本でも書けないかなぁ、と思っています。


コメントを書く