« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

傘ポンの袋

今日、昼に傘ポンの袋を使って、そのままビルから地下鉄に乗ったので、なんとなく、1日その袋を持ち歩いてしまいました。

で、これ、電車ですごい便利です。自分にもぬれないし、人にぶつかるときにも相手にも迷惑かけないし。畳むよりも楽だし。

けっこう、いつも持ち歩いてもいいかも、と思ってしまいました。

問題は、傘を入れていないときに、ちょっとじゃまだということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: アリー (May 26, 2007 7:55:20 AM)

ムギさん、こんにちは。

傘袋、自分も周囲の人も濡れなくて便利ですよね!

私は、無印良品のシンプルな傘袋を雨の日は必ず携帯しています。この傘袋、ナイロン製で小さな持ち手が付いていて腕に通すことができるので、通勤電車の中で大活躍!長傘と荷物を持っていても、つり革につかまって本が読めるのです。

欠点は傘袋から濡れた傘が取り出しにくいことです。傘骨の先端部分が持ち手などに引っかかるし、全体的にスリムで濡れた傘布が傘袋にへばりついてしまうのです。もう少しゆったりめに作るとか、ファスナーなどで開閉できるように改良すれば、もっと使いやすくなるはず…。

それにしても、こんな便利な物がどうして普及しないのかなぁ?と不思議です。


投稿者: ムギ (May 28, 2007 9:33:49 PM)

アリーさん、こんにちは。

傘袋、市販品であるのですね。しりませんでした。これはぜひ、手に入れたいと思います。

普及しないのは、やはり、めんどうだからですかねぇ。でも、持ち歩いてみて、すごく便利なのがよくわかりました。

無印、行ったときにチェックしてみます。


コメントを書く