« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

大学院、休校開け復活

はしか騒ぎで休校だった大学院、水曜日から復活です。1週間、のんびりしていましたが、また忙しくなりそうです。

あと、誤解があるといけないので、簡単に説明をしますが、私が修士を取ったのはファイナンス研究科で、博士に通っているのは商学研究科です。

ファイナンス研究科には博士はありません。また、たまに教授のチューターで教えたり、手伝ったりしているのは、同じ大学院でも、会計研究科と、ファイナンス研究科です。

某大学、科が多すぎます。学生数も多いけれども。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

コメント

投稿者: かぶ (May 30, 2007 12:32:36 PM)

はじめまして。かぶというものです。
勝間さんの本を読ませていただいたものです。
今までも意欲的だったとは思いますが、この本を読んでさらに行動的になったと思います。
耳で聞く学習法は早速試しています!!
私は旅が好きで、旅行記を書いているので差し支えなければお時間のあるときにでも覗いていただいたら嬉しく思います。


投稿者: こぶたママ (May 30, 2007 11:34:51 PM)

こんばんは。
勝間さんご一家は 麻疹はもう予防接種(or経験)済でしょうか?(笑)

先日は、休校になったがために、少子化本のセミナーに参加させて頂くことができ、
猪口先生、勝間さんのお話をうかがうことができました。
多くの国の中でも 実は 日本(と韓国)だけ!なのですね、女性の労働力率はほとんど上がっていないのに、少子化がどんどん進んでいるのは。
暗澹たる気持ちになると同時に、逆に、他の国々で女性の社会進出と少子化からの脱却との双方ができているなら、
日本も改善できてよいはず、と、期待ももてました。
すでに猪口先生や勝間さんが その先導役をして下さっているのですね。
司会進行の ディスカバー21の社長さんも素晴らしい方でいらして、あっという間の本当に有意義な時間でした。
どうもありがとうございました。

(後で放映されたNHKの番組では、猪口先生、勝間さんの映像の後に、なんとインタビューを受けた一般参加者として私もほんの数秒映っておりました。こんな機会滅多にないので、ビデオは一生モノでとっておきます・笑)

NHKの番組は取材の主旨が”専業主婦の孤独な育児”にあり、では どうする という点で、子供を預かってくれる、あるいは、子供と一緒に参加できる”趣味や子育てサークル”の方に話題が移ってしまったようですが。
週末に開催されたワーキングマザーセミナーが大盛況でいらしたことからも、多くの方々(自分も含めて)の思いは、出産後も、”仕事・キャリア”を続けたい・伸ばしたい、というところにあるのではないかと、あらためて感じました。


  


投稿者: ムギ (May 31, 2007 11:59:21 PM)

かぶさん、

ありがとうございます。耳からの勉強、いいですよねぇ。私も今、名刺整理をしながら、CDで講演を聴いています。

はい、そのうちブログにも遊びにいきますね。

こぶたママさん、

テレビ、見ました。写ってらっしゃいましたね。とにかく、家庭を望む人も、働きたい人も、自由にのびのびと過ごせる社会にしたいと思います。


コメントを書く