« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

値段と品質の関係-モノには限度がある

今日は出先で、一人でお昼でした。少しずれた時間帯だったのと、あまりなじみのない街だったので、訪問先の向かいのビルのレストランに入りました。

地下の感じのよいレストラン。前菜のお総菜は取り放題らしいです。そして、ランチメニューを見ると、魚、肉、カレー、ステーキなどのセット。

取り放題のお総菜、メイン、かやくご飯、汁、これにデザートと飲み物がついて、1,000円から1,300円。

私は説明を聞いたときに、真っ先に実は、しまった、と思いました。というのは、このフォーマットで、その値段で、しかも都心のレストラン。これで利益を上げる方法はただ一つ。

「食材の値段を下げること」

だからです。で、嫌な予感は的中で、久々に、全部食べきることができませんでした。

頼んだ瞬間に、ランチの魚は出てきました。つまり、かなり、大量に作り置きをしている、ということになります。加えて、魚はもっとも安い種類の白身を煮たものに簡単な味噌味。付け合わせはもやしとタマネギなど、原価が安い野菜ばかり。

かやくご飯も、おそらく業務用のできあいの混ぜ材料で炊いているものでしょう。スープも、リケンのわかめスープと同じ味でした(そのものだとも思えます)。分量を増やすためか、柔らかめに炊いてあって、お米はべしゃべしゃでした。

付け合わせの取り放題のお総菜もおいしくないので、山のように盛られていますが、誰も、積極的には取りに行っていません。

そして、あまりにも???だったので、なぜか、この店は無線LANはあるので、検索してみましたら、なるほどーーー、某大手のビール・居酒屋チェーン店の別フォーマットでした。いろいろ、目先を変えて試しているわけですね。

ちなみにオープンしてから2年半たっているそうです。まぁ、ランチだけではなく、夜と合わせて採算を取っているのでしょうから、昼だけでは判断できないかもしれませんが・・・。

もっとも、無線LANがあることだけは評価が高いので、今度は、カレーでチャレンジしてみましょうか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/12928953

この記事へのトラックバック一覧です: 値段と品質の関係-モノには限度がある:

コメント

投稿者: ちさと (Dec 8, 2006 10:07:14 AM)

最初は、なるほどと思い、次に食べないお惣菜をコストを掛けて作って廃棄する事を勿体ないと思いました。
そして今は人に関しても同じことが言えるかなぁと思っています。
特に、この時期。賞与で自分の*値段*を思い知る・・・。


投稿者: MUGI (Dec 9, 2006 3:19:08 PM)

ちさとさん、

そうなんです、もったいないです。賞与はこちらの値段でもありますが、需給の関係もありますし、参考程度でいいのかなぁ、と思っています。


コメントを書く