« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

38度台の熱と37度台の熱

みなさん、温かいことばをありがとうございました。

昨日の夜が熱のピークだったようで、朝は少しすっきりして起きました。今日も、予定は全部キャンセルで、家にいることにします。

気分的なものかもしれませんが、38度台だと、寝てなきゃーーー、という気になりますが、37度台になった瞬間に、なんか寝ているのがもったいないような気がするのは、貧乏性でしょうか。

とりあえず、シーツと枕カバーを取り替えて、すっきりです。布団カバーも洗いたいところですが、もう少し、体力が戻ってからにします。

たいへんだったのは、ベッドの上にたくさん本を置いていたことでしょうか。20-30冊くらい、いつの間にか貯まっていました。極力本棚に戻しましたが、まだまだ寝室が本だらけです。

お正月用に、みかんをたくさん買ってあるので、ビタミンをとってから、また休むことにします。難しいのが、休んでいるとそのまましなければならないことがなくなるわけではなく、あとの日程に伸びるだけなので、正月明けがどうなるのか、いまから心配です。

でも、とりあえず、寝ることにします。肩胛骨の内側が痛むのは、どこか悪いんでしたっけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/13234031

この記事へのトラックバック一覧です: 38度台の熱と37度台の熱:

コメント

コメントを書く