« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

なんで、そういう音楽、ありふれているのに好きなの?

タイトルは、最近私がよく、TRFを聞いていることに対して、次女が尋ねた言葉です。「そう言う音楽、よくあるじゃない」

まぁ、TRFがはやった頃、次女はまだ小学生にもなっていなかったので、当然の質問ですが、

「あのね、最近ありふれているのは、このTRFと小室哲哉が、このサウンドの形態自体をはやらせたんだよ」

と答えました。

「どのくらい人気あったの?」

というので、

「今のKAT-TUNとか倖田來未より売れていたんだよ」

といったら、

「ふーーーん」

という感じでした。

でも、芸能ネタが好きな次女、TRFの復活のニュースはそれなりに耳にしているようで、ただ、今ひとつ、新鮮みがなかった、という感想のようでした。

音楽はほんと、長く売れ続けるのは至難の業ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/12116899

この記事へのトラックバック一覧です: なんで、そういう音楽、ありふれているのに好きなの?:

コメント

投稿者: nonko (Oct 2, 2006 11:16:19 AM)

TRFまた売れているんですか?
知らなかった~

そうそう、今年のM祭(ってもう1ヶ月しかないけど)交渉中らしいです。
今、ミュージシャン学園祭嫌がるので、かなり断られて
まだ決まらないとか青くなってます・・・実行委員の姪・・


投稿者: ムギ (Oct 6, 2006 11:47:59 PM)

nonkoさん、

いや、売れていると言うほどは売れていないのですが。昔のファンはついていっても、新しいファンがつかないみたいですね。

TRFの学園祭、大阪ではあったのですが、遠いなぁ、と見送りです。東京であるのなら、行きたいです!!


コメントを書く