« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

まだ腰の治療中

まだ完全に腰の調子が直りきらないので、接骨院がよい中です。

週に最低でも2回ずつはしばらく来てください、ということでした。

健康保険はこういうときにほんとうにありがたいと思います。

自転車を使っていないので、どんどんとパスネットとSuicaがなくなります。

あと、問題は、ついつい駅の売店で雑誌を買ってしまうことでしょうか。漫画も雑誌も、ずいぶんと読む量が増えました。

まぁ、とはいえ、痛みはほとんどないので用心、という段階です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/10530121

この記事へのトラックバック一覧です: まだ腰の治療中:

コメント

投稿者: satomi (Jun 15, 2006 9:42:03 AM)

結構長くかかるんだね。。
でも、痛みがないなら、よかったよかった。

早く完治しますように。


くれぐれも、無理しないで。(*^-^)


投稿者: ruirui (Jun 15, 2006 4:10:38 PM)

腰って字の如く、体の要なんだよね。ウチの旦那も、数年前にぎっくりごしをやってから、1年に1回くらいは再発させてて、で、ここ1、2年はそのスパンが短くなっている気がするんだよね。
で、先月のこと。
ぎっくり腰がどうにか、動けるようになってきたころ・・・・
ヘルペスで口周りは水泡だらけ、メニエールやらで倒れて、踏んだりけったりというか、すごいことになったのね。

このときに思ったのは、ぎっくり腰を再発したときに、きちんと治療なりするべきだったんだってこと。
腰に来るっていうのは、つまり、体にガタがきてるんだよね。

ムギさんも、腰にくるのは、体が休みたがってる、って思って無理しないでね~


投稿者: mamateru (Jun 15, 2006 8:02:53 PM)

実は、私もぎっくり腰の持病をかかえています。
20才の時に久々にバレーボールをやった直後になって以来、
20年近くの間(年齢がばれそうですが)何度、ぎくっとなったことか・・・かぞえきれないほどです。

昨年の夏は、あまりにも痛みが続くので整形外科でMRI検査も受けました。

結果、ヘルニアがあることがはっきりと判明し、腰への負担は要注意ということですね。

ところが、5月の連休頃から、首筋から肩そして頭痛と鎮痛剤を飲まないと仕事ができない状況が続いたので、内科を受診し、それでも痛いので、整骨院へいきました。

すると、腰もあわせて身体全体を診てもらって治すつもりが、
骨盤のずれを治しますと言われ、ガクガクとされたわけですが

なんと、翌日(日曜日)、腰がいたくて起きあがれない状態になってました。

身体のバランスを整えてもらうつもりが、逆にぎっくり腰になっちゃいましたよ~

それから、2週間近く経ち、やっと痛みがなくなってきたところです。寝て起きあがるのがつらい

整骨院には通って下さいと言われましたが、2度目は行ってません。

整骨院の先生の腕にもよるのでしょうか?

ムギさんも繰り返さないよう気をつけて下さいね。

 私の体験談が参考になれば幸いです。腰痛には腹筋を強くすることが1番らいしですよ。


投稿者: くらはし@体力年齢53歳 (Jun 16, 2006 6:43:31 AM)

mamateruさん、ヘルニアがあるときは整骨院とか整体の類いはやめておいたほうがいいです。まともな施術者ならともかく、そうでない人にあたる確率の方が遥かに高いです。

あまりひどいようならば、ペインクリニックを受診されては如何でしょうか。硬膜外麻酔、神経根ブロックなど即効性があります。麻酔という言葉に抵抗を感じるかもしれないですが、痛みが取れないとその先の有効な理学療法もできないので、まず痛みをとるというのが大事だと思います。

痛みや炎症をまず止めて、コルセットで保護しつつ徐々に腹筋と背筋を育てて、背骨を筋肉でささえられる身体を作っていく…というのが基本でしょうか。特に原因のない腰痛の基本的な対策は歩くことなのですが、ヘルニアや狭窄症などで神経が圧迫されている場合には、あまり歩きすぎるのは有害です。

あと、成果を焦らないでください。20年かけて悪化させて来た物が数週間で良くなるものではありません。このへんはダイエットと同じですね(笑)。でも、1日5分の簡単な筋肉トレーニングでも1年続けるとすごい成果があります。

それから整形外科についてですが、牽引療法で通わせる病院はあまり誠実なお医者さんではない、と判断した方が良いです。


投稿者: mamateru (Jun 17, 2006 2:29:56 PM)

くらはし@体力年齢53歳さん こんにちは、

いろいろとアドバイスをくださりありがとうございいます。

腰の方はやはり痛みがまだ続く状態なのです。

調子いいかと思ったら、また、少し痛んだりと

くらはしさんがおっしゃるように、20年かけて悪化させたものは、簡単には良くならないんですね。それと、若さも衰えてきて、回復力も落ちてきてるのかなとも思います。

ここで、アドバイスをいただいたペインクリニックを探してってみようと思います。


投稿者: ムギ (Jun 18, 2006 2:07:07 AM)

satomiさん、こんにちは。

そう、くらはしさんもいっていますが、長年かかって痛めたものは、長年治療にかかるようです。

あとはもう少し体重を減らして、腰の負担を減らしたいです。

何かちゃんとした計画たてるようにします。実行可能なものにしないと・・・。


投稿者: ムギ (Jun 18, 2006 2:08:35 AM)

ruiruiさん、こんにちは。

あ、私も湿疹出ました。そう、原因はやはり、繁忙期の過労ですね。

ぼちぽち、のんびりと夏はいこうかと思っています。

お互いに、要を大事にしましょう!!


投稿者: ムギ (Jun 18, 2006 2:11:28 AM)

mamateruさん、こんにちは。

本当に、腰はなかなか決め手がないので、たいへんですよね。

整骨院、整体、内科などいろいろありますが、やはり筋力をつけること、既存の筋肉の緊張をとること、くらいしか王道はないようです。

整体もいいのですが、どうせすぐに生活習慣でずれていってしまうので、やはり、生活習慣から直すのが遠いようで近道だ、ということでした。

コツコツいきましょう。

くらはしさんがそんなに詳しいのは、やはり体験者だからでしょうか??


投稿者: くらはし@体力年齢52歳 (Jun 19, 2006 8:43:41 AM)

mamateruさん、ムギさん、

私は技術屋なので、「原因不明のトラブル」ってのが嫌いなんです。なので自分の腰痛についてもかなり徹底的に調べました。

要するに腰痛は自分の体重を筋肉が支えられなくなった状態になると発症します。筋肉がダメージを受けるのはギックリ腰(いわゆる筋・筋膜性腰痛)、ヘルニアなどで神経が圧迫されるのが広義の脊柱管狭窄症です。前者ならば炎症が治まった後の正しい歩行や筋肉トレーニングで簡単に完治しますし、再発も防げます。しかし後者の場合は治療(手術とは限りません)が必要で、接骨院・整体などでは症状を悪化させるだけです。

ギックリ腰ならば安静にしていれば1週間もすれば痛みは治まります。もしそれ以上長引くようであればヘルニアなどの可能性もありますので、すぐに整形外科を受診して正しい処置を受けましょう。

ここ数年でヘルニアや脊柱管狭窄症などの治療法は急速に進歩しましたし、何よりも選択肢(再発の可能性はあるけどリスクの少ない方法や、少し入院する必要はあるけど根治する可能性の高い治療法…など)が増えました。心配ならば複数の病院に相談して意見を求めて、納得した上で治療を受けてください。

腰痛を我慢するには人生は短すぎますぜ ;-)

#Karada Scanの身体年齢が52歳になりました…実年齢まであと8歳 orz


投稿者: くらはし@体力年齢52歳 (Jun 19, 2006 8:59:47 AM)

追記です。

ギックリ腰の場合は整骨院とか鍼灸に通うのも悪くないと思います。でも、私の経験では、通ったから早く治ったということはないですね。治療してもらっている時は気持ち良いですし、夜良く眠れますけど、通院できないほど酷いギックリ腰になった時でも結局治るまでの期間は真面目に通院していた時と3日しか変わりませんでした。

足底マッサージ店のマニュアルをたまたま見てしまったことがあるのですが、太った客には「腰とか首とか辛いでしょう」、メガネをかけたお客には「肩凝りとかひどくないですか」っていうと、だいたい同意してもらえるんだそうです。ある意味占いと同じ技術ですね。


コメントを書く