« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

コーヒーは体にいいのか、悪いのか?

コーヒーを止めている、ということを人に話すと、体にあれっていいんじゃないの?と言われることがあります。

ちょっと調べてみましたが、コーヒーがどのくらい体にいいのか、わるいのか、諸説合ってよくわかりません。たばこのように悪い、ときまった訳ではないし、コーヒー中毒で死んだ、という話もあまり聞いたことがないですが・・・。

とはいえ、やはり1日5杯以上など飲むと、体に悪そうだ、ということはあるようです。

また、個人的に思うのは、「あーーー、コーヒーが飲みたい」と思わせるような中毒性はよくないなぁ、ということです。

コーヒーはまた、経済商品として、さまざまな利権の元にもなっていますし、とりあえず、なるべく止めてみて、どのなるか、試してみようと思っていますし、学術的な見方ももう少し分析してみようと思います。

何かよい文献などがあったら、教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/9717331

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーは体にいいのか、悪いのか?:

コメント

投稿者: レオン (Apr 23, 2006 8:00:39 AM)

レオンです。参考になるかはわかりませんが・・・

コーヒー協会のページです。
http://coffee.ajca.or.jp/helth/helth.html
我田引水の記事かもしれませんが参考になるかもしれません。

米国の医学会が作っているOn Line の教科書に、3ヶ月に一度更新され最新の医学知識のレビューを医師に提供するUp To Dateというものがあるのですが、そこには以下のような記載がありました。
「まとめ:世界的にはコーヒー、お茶、ソフトドリンクやチョコレートに少量含まれるカフェィンがもっとも薬理的に影響を与えるカフェインの使用法である。

心血管への悪影響はおおむね支持されていない。非常によく摂取する人がいるとして、10mg以上の大量摂取があれば急に血圧を上昇させる可能性がある。しかし、通常の習慣性飲用者において血圧に影響があることはほぼなく、高血圧症のリスクとなる可能性もないと考えられる。

不整脈の既往の有無にかかわらず、通常飲用される量のカフェインで不整脈が誘発されることはないし、カフェイン摂取に予防効果があるとも言われていない。同様に、冠動脈疾患への関連も通常量ではほとんどないと考えられる。

しかしながら大量の摂取は、特に心疾患が基礎にある人に関しては、不整脈や心血管イベントを生じさせる可能性がある。現在のEBMからいえば、(弱いエビデンスレベルだが)不整脈の既往がある人や心血管疾患のリスクがある人は、すべてのカフェイン摂取を控えるようにすべきとされる。」
http://www.uptodate.com/


投稿者: ムギ (Apr 24, 2006 7:27:15 PM)

レオンさん、今日は。

あーーー、この協会の記事は読みました。ありがとうございます。

ただ、中立な機関のでないのでなんともかんとも。

リスク系だと、こんなものもありました。
http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20051125hk001hk

コーヒーの過剰摂取は、死産のリスクが増えるそうです。

あとは、コーヒーはたばことよく合うので喫煙量を増やす、という話もあるようです。

こんなものもありました。

http://okphex.exblog.jp/1573020

やはり、コーヒーに限らず、カフェインはまずいようです。

うーーーん、コーヒーを止めたのに、まだお茶・紅茶は飲んでいます。

コーヒーサーバーが汚くなったのをいいきっかけとして、あしたからミネラルウォーター生活にちょっと変えてみます!!


コメントを書く