« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

人間メディア

自分の仕事ややっていることをひと言で表すとなんだろう、と思うと、やはり「メディア」というのが一番近い気がします。

・まずは取材。とにかく、自分の関わりある仕事のデータをとり、観察し、会社に訪問し、会社に電話し、専門家を訪ね、の繰り返しで情報収集。
・その情報収集の結果をレポートにまとめて、だいたい週に3-5通くらい、発信。(ブログは含んでいません)
・ひとつの情報を元にした発信が、数百名~数千人単位(システムからの自動配信、ボイスメールなど)に届く
・持っている情報への問い合わせに、一日少ないときで5人、多いときで15人くらい(それ以上になると、こちらの処理能力がパンクして答えられない)に答える。
・また一回りして、その情報に対して、メディアの取材が入ってそれが新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアに流れていったりする。

ほとんどが本業の流れですが、ムギ畑等の「女性支援」や、CD/テープでやっているような「生涯学習」に近いネタについても、それなりの頻度でメディアの方から聞かれ、その結果が載ったり、流れたりします。

そして、この繰り返しが、結局なににつながるのかなぁ、と思いつつ、その流れに身を置いています。結局、情報がどんなに豊富でも、それを選択して、解釈して、流す、という作業はシステムでは代替できない部分が多いせいですね。

毎日、どうやったらもっと生産性が上がるのかなぁ、と悩んでいますが、まだまだ難しいです。一度、やはり情報処理の抜本的な勉強をどこかでしてみたいです。どこで学べばいいのか、ご存じの方がいたら、教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/9538042

この記事へのトラックバック一覧です: 人間メディア:

コメント

コメントを書く