« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ハンバーグ

今日の夕食は子どものリクエストでハンバーグでした。

ハンバーグ、材料費はたいしたことがないのですが、あれは手間を食べているような気がします。

手間とはいっても、タマネギのみじん切りをいためて、食パンをちぎって牛乳に浸し、卵とひき肉を混ぜて、味付けして、整形して、焼いて、ですからだいたい30-40分もあればできるのですが、出来合いのものを買うのと、一から作るの、手間暇を考えると、どちらがいいのでしょう。

「家庭の味」というプロパガンダだけがあの手間を支えているような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/9399167

この記事へのトラックバック一覧です: ハンバーグ:

コメント

投稿者: さやすず (Apr 2, 2006 10:06:37 PM)

でもさ、手作りのハンバーグってめちゃくちゃ美味しいよ
買ったものとは一味も十味も違うもん(どうしてあんなに違うかも不思議だけど)


投稿者: くぷぴ (Apr 2, 2006 10:31:30 PM)

あはは、確かに手間がかかるよね。
私は最近、タマネギは
生協の炒めタマネギを使ってしまうわ。
そうすると手作りのハンバーグでも
あっという間に出来ますよ!
だって、みんな混ぜてこねるだけだもん!


投稿者: ままどんな (Apr 3, 2006 2:39:58 PM)

確かに手間のかかる食品ですなぁ。言われるまであまり気づかなかった。
料理をする時間って、アタマぼーっとしてできる貴重な息抜き時間だったりすので、こういう手間って漫然と楽しんでいます。
それでも、効率化は必要であって、例えば多めに作って冷凍して次回は煮込むとか、メンチにするとか工夫できるようにして1度の手間で2度楽しむ努力はしているかな。


投稿者: ken (Apr 3, 2006 3:56:52 PM)

ハンバーグは本当に家庭の味がでますね。
市販モノ(挽肉モノ)は肉のどこの部位が入っているか、不安です。
やはり家庭のハンバーグはそういった「安心感」もあるのでしょうね。
ちなみに玉ねぎを炒めないで生のまま使用するプロの方も結構いますよ。
別に時間短縮でなくて。


投稿者: クレヨン (Apr 3, 2006 11:01:33 PM)

うちはいつもみじん切りたまねぎとマーガリンをガラスボールにいれて、電子レンジチン。あっというまに炒め風たまねぎのできあがり。らくチンです。


投稿者: まるこママ (Apr 6, 2006 11:12:50 PM)

最近むしろ手間がかからないメニューと思うようになりました。

理由はビニール袋にたまねぎと肉と牛乳にひたしたパン粉(これだけは先に小皿でひたしておく)その他具を入れてもみまぜするだけだからです。
焼くときも形はかなり適当に。たまねぎは生ですが生協の炒めたまねぎもなおグーですね。

ナツメグを多めにいれるとお店の味に近づくような気がしています。


投稿者: ムギ (Apr 8, 2006 9:10:58 PM)

さやすずさん、くぷぴさん、ままどんなさん、kenさん、クレヨンさん、まるこママさん、こんにちは。コメントをありがとうございました。

ハンバーグ道、意外と奥が深いですねぇ。

でも、さっきドリアを作ったのですが、やはりこっちのほうが簡単・・・。冷凍ご飯を温めて、適当にあるものを入れて、ドリアソースをかけてオーブンでチン、ですから。

とりあえず、炒めタマネギその他、手に入れて、もう少し精進してみます。

みなさん、ありがとうございました。


コメントを書く