« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

パソコンは壊れる、という前提での動き方

月曜日は、パソコンが壊れて、時間をずいぶんとられてしまいました。

反省したのは、
「パソコンの、特にHDDは壊れるもの」
という前提で動きを組み立てるべく、ということです。

具体的には
-定期バックアップ
-データ類は原則として外付けHDDまたはDVDに待避
-パソコンのアプリケーションはなるべく最小限だけ入れる
というところでしょうか。

今回は、一応壊れたHDDのイメージはとれたのですが、もともと壊れているイメージをリストアしても仕方ないので、返ってきたら、またアプリはインストールし直しです。持ち歩く上に、年中転んだりするから、壊れるんですよね。

定期バックをとるため、普段あまり使っていなかった外付けのHDDとDVD-RAMを居間に引っ張り出してきました。バックアップソフトも買ったので、そのうち届くと思います。前に使っていたパソコンの方に、いろいろ仕事のアプリも入れて、とりあえず、しばらくは不自由はなさそうです。

今回は純正の修理に出しましたが、検索したら、けっこういろいろなサービス会社が、HDDのみだったら、当日修理とかのサービスがあるようで、次回はそちらを試してみようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/8089521

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンは壊れる、という前提での動き方:

コメント

コメントを書く