« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

見通しがたたないことに対するストレス

最近、仕事でも、家のことでも、見通しが立ちにくいことが増えています。

そうすると、すごい、気持ちも不安定になるなぁ、とびっくりしています。

見通しが立たない一つ一つことは、まったくたいしたことではないのですが。

引越のあとの生活の状況とか、新年の仕事繰りとか、子どものお受験とか。

ただ、そういうことが一つ一つ重なると、将来の不安定さがまし、気分が暗くなるようです。

しかし、本来、変化はチャンス。

上手にマネジメントしていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/7598598

この記事へのトラックバック一覧です: 見通しがたたないことに対するストレス:

コメント

投稿者: ぴん (Dec 14, 2005 8:16:09 AM)

細部にわたって小さいことをきっちりしないと気がすまない人ほど、「グレーの状態で待機する」というのが苦手な人が多いような気がします。 例えば、ざぶとんの下に豆やペンやクリップがあってもその上に平気で座ってられるひと・・私もそんな人になりたいのですが、なかなか白黒つけないと落ち着きません。 ラテン系の人は見通しがたたなくても全然大丈夫!って人が多いかも。ムギさんはビッグピクチャーから入り、グレーでも平気、という印象があるのですが。。


投稿者: ムギ (Dec 15, 2005 11:23:59 PM)

ぴんさん,こんにちは。

いえ、私は細かいことが意外と気になる方です。パラノイアっぽいところがありますので。

なので、落ち着かない状態はあまり好きではないです。

というか、単に、最近はオーバーキャパなのがいけないのかもしれません(苦笑)。

もっとも、こういうリスクに対して気にする、というのは人間のサバイバル本能から来ているらしいので、まぁ、うまく活用した方がいいかなぁ、という感じです。


コメントを書く