« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

アーリーアダプターの悲劇

今回の引越で、実はまだ、かなり珍しいと思われる、光ファイバー→光ファイバーの移転をしました。

ほんとうに、ほんとうに大変だったのが、ISPの住所移転切り替えです。

ISPの一括請求になっているので、NTTとの契約の関係で、前の契約を解除して、新しい契約を結ばないといけないらしく、とにかく、みんな慣れていない。

事前にコールセンターに2回問い合わせて、綿密に打ち合わせしたにも関わらず、移転後にまた契約を復活させるのに、まず、指示のあったオンラインでは手続きできなかったので、仕方なくコールセンターに電話をしたら、説明→調査→説明→調査の繰り返しで、今日34分も、この件だけで、コールセンターと電話をしていました。

オンラインではじかれたのは、私が今、ひかり電話(光ファイバーを使った電話)しかもっていないので、通常の銅線の電話と局番体系が違うため、光のエリア外とデータベースが認識してしまい、次の手続きに進めなかったためです。すでにひかり電話なのにエリア外なんて、ほとんど笑い話です。

かといって、オフラインでは、そもそも滅多にしたことがない手続きだから、いちいちいろいろなところで引っかかって、挙げ句の果てには「数日インターネット接続ができなくなります」と言われたときには、もう、びっくりして粘りました。

あれだけ事前にメールして、打ち合わせをして、指示通りに動いている人間に、つなげない、もないもんで。

結局、私がつながるまで電話を切らない、という姿勢で一つ一つ一緒に説明していったので、ようやく手続きは終了しましたが・・・。

まぁ、めずらしいことをやるとこういうことになるわけです。1991年にISDNを、東京都内の当時すんでいた区で2件目の個人宅だと言われ(笑)、設定にものすごく苦労をした時を思い出しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/7791333

この記事へのトラックバック一覧です: アーリーアダプターの悲劇:

コメント

投稿者: Carrie (Dec 23, 2005 11:15:31 PM)

ムギさん、

お疲れ様です。早くさくさくいくようになるとよいですね。

私も同じようにアーリーアダプターとして数々の未知のトラブルに巻き込まれました。

90年代前半にT1ラインをひき、自宅にブロードバンド環境を導入しました(もちろん日本で)。その直後、無線LAN環境を自宅に導入。その無線LANは、隣の家とシェアをしました。

無線LANがカラスが通ると落ちる。最初はなぜそうなるのかが分からず、カラスが原因だと突き止めるまで、相当の時間がかかりました。

机のよことまで光が来たのは...たしか96年だったと思います。

かなりのアーリーアダプターでした。

今やすっかり時代から取り残されております。(一般人と同じになっただけとも言います(笑))


投稿者: はら (Dec 24, 2005 12:00:46 AM)

おつかれさまでした。

アーリーアダプターは大変ですが、コールセンターの運用テストに暗に陽に貢献してますね。後続ユーザーに対するサービスレベルが向上されることを期待したいと思います。

目下我が家も光のファミリータイプ→ハイパーファミリータイプへのアップグレードとひかり電話の加入を並行で進めるのに難儀しております。ユーザー側も慣れてないのにサービス側も慣れてないようです。


投稿者: kazu7 (Dec 24, 2005 2:12:41 PM)

ユーザ側の技術力も問われる時代なのでしょうか。うちはISDNは96年代導入だったかと記憶しているので、ムギさんのお宅よりはかなり遅いですね。それでも、そういった技術に強い相方のおかげで設置できたという感じです。地方都市だからかもしれませんが。
光ファイバーから光への移転がすぐにできるのも首都圏ならではないでしょうか?来春完工の自宅も、メタル(銅線)を引き、光の工事まで待つという感じです。会社員ばかりの相方は、待つということを問題に感じてなかったようで。自分の質問に答えてもらっただけで満足していたようです。そんなんじゃ、生活できないよ!!!と私が訴えても、企業(NTT)には粘らなかったみたい。それより自分の側で回避する策を立てていました。(幸い、NTT西日本だからか、同じ番号が継承できるらしいですが。本当かな?)
家の中の配線図も相方が書きました。(思わず、ソフト屋より転職した方がなんて、思ったけど。)一般家庭は、どうするんだろう?と思ったり、もうそんなの一般人でも描けるのか、時代の変遷を感じます。(TVのアナログからデジタルへの移行なども、すべて私は疎いし、見ないので、相方の仕事です。一般家庭では、突然、消えたりしないのか。でも、それも仕方あないのかなとか、色々と考える訳です。余計だと言われても。)


投稿者: TM-K (Dec 25, 2005 3:28:58 PM)

最近アウトソーシングの功罪が
話題になっています
本当に。。。困ったものです
サービスレベルの向上
と外注の管理の向上
色々頭が痛いテーマが山積です


投稿者: ムギ (Dec 25, 2005 8:25:12 PM)

Carrieさん、こんにちは。

あれ、いま、Carrieさんのうちは普通の光でしたっけ? そう、Carrieさんはアーリー・アダプターではなく、イノベーターでは?

T1は引きたかったのですが、値段が値段でしたので、当時は断念していました。

今度、うちにくるときに、それでは無線LAN付きのパソコンとか、もってきます?


投稿者: ムギ (Dec 25, 2005 8:29:12 PM)

はらさん、こんにちは。

うちもニューファミリーからハイパーファミリーにしたのですが、思ったほど早くなりませんでした。

まぁ、有線で25Mくらい、無線で15Mくらい出ていますので、十分と言えば、十分ですが。

あとは、ひかりで国内が一律3分8円になったのが、ちょっとうれしかったです。

海外はどうせSkypeだし、ちょっとした楽天での買い物の問い合わせ、とかが本州外にかける時に、電話料金がきにならなくなりました。

早く導入できるといいですね。


投稿者: ムギ (Dec 25, 2005 8:31:07 PM)

TM-Kさん、こんにちは。

今回、引っ越して本当にびっくりしたのは、サービスレベルが全体的に下がっている、と言うことです。

時間がきつくなり、人件費が下がっているので、一つ一つの作業がみな、急いでいる上、テキトーなんですよ。

なかなか考えさせられる体験でした。またそのうち、そういった話もゆっくりしましょう。引っ越したら、某セミナーの建物にますます近くなり、徒歩圏になりました(笑)。


コメントを書く