« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

川本裕子さんのお話

カテゴリー的におともだち、というのは川本さんに失礼なのですが、先輩、とかメンター、というカテゴリーを作っていないので、おともだちで代替、ということで。

昨日、久しぶりに川本裕子さんにお会いしてきました。

川本さんは前の会社の先輩なので、もう8年以上前からのおつきあいになります。新人の頃から、いろいろとお世話になりました。

いつも会うたびにすごいなぁ、と思うのが、その「自然体」な感じです。肩書きとか、経歴だけみるとすごいのですが、全然肩肘張っていない。

「『自分の時間がなくて大変ですよね』なんて言われると困っちゃって。だって、子どもの世話をしているのも、仕事をしているのも、全部自分の時間なのに」

「『いつから金融のキャリアを目指されたんですか?』と言われても、どんな仕事でも、ずっと継続してやっていけば、自ずと道が開けていて、それがたまたま私の場合は金融だった、というだけなんだけれども」

などなど。

いや、ほんと、目から鱗が落ちます。身近に、このような先輩がいるのは、本当にありがたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/6452622

この記事へのトラックバック一覧です: 川本裕子さんのお話:

» 『日本を変える―自立した民をめざして』 from joy
    『日本を変える―自立した民をめざして』という本を読みました。読んでからもう1ヶ月近くたつかもしれません。今になって感想を書こうと思いました。著者は、コンサルタントを経て大学で経済をおしえられている川本裕子さんという方です。 内容はマスコミで断片的に伝えられる「構造改革」のポイントについて最初から丁寧に整理しているというものです。 日本の国家財政は莫大な赤字を抱えていること。ヨーロッパの水準に比べても日本の社会保障支出は�... 続きを読む

受信: Nov 23, 2005 11:19:07 AM

コメント

投稿者: izumin (Oct 18, 2005 12:53:04 PM)

こんにちは。
川本裕子さんの「時間管理革命」を書店で見かけて買いました。単なるスケジュール管理のノウハウ本ではなく、「出口から考える」という考え方について、とてもわかりやすく且つ説得力のある文章で書かれていて感動しました。
本の装丁もオレンジでシンプル、ビジネス書らしさと女性らしさを兼ね備えていてステキでした。


投稿者: Mio (Oct 18, 2005 7:58:03 PM)

川本さんの本を読んですっかりファンになっています。
ムギさんのお友達だったのですね。
こういう方が身近な目標としていらっしゃると励みになって
いいですね。
ムギさんもそうですが、川本さんもいつかじかにお話させて
いただきたい方の一人です。


投稿者: ムギ (Oct 18, 2005 8:26:25 PM)

Izuminさん、Mioさん、こんにちは。

なるほど、時間管理革命でやはり有名になったんですね。納得、です。

川本さんからお下がりをいただいた子どもがもう小学校1年生で、時間がたつのが早いな、と本当に思います。

川本さんを含め、前の会社の女性の先輩たちには、本当にロールモデルとしてお世話になりました。

そういうのを、もっともっといろいろな形で引き継いでいきたいな、と最近おもうこのごろです。


投稿者: マコト (Mar 4, 2007 2:05:31 AM)

金融機関に勤務しているので、川本さんの本や発言は時々読んでいます。いつも納得させられることばかりです。多くの人が何かおかしいなと思いつつ、もやもやしていた事を「おかしい」とはっきり言って処方箋を示してくれるという感じですね。ところで3月3日の日経新聞26面にシンポジュウムでの発言が載っています。「国や社会が自分に何をしてくれるではなく、自分は国や社会にどう貢献できるかという視点でみると、いろいろできる。」という部分があり、これには大賛成です。最近の年金に関するマスコミの議論などを聞いていると、歳をとったら国や社会にどうやって面倒見てもらおうかというような面が強調されていますが、(昔の米国のケネディじゃないけれど)自分が国や社会のために何が出来るかという視点でものを考えることが国民全体としてとても重要だと思います。政治家もマスコミも弱者保護というような面を強調しすぎだと思います。でも、特に団塊の世代前後の人々の中には、川本さんの意見のように、国や社会のために何か出来ないかと考えている人は多いと思います。思いかえして、人生のかなりの部分を平和な日本で普通の生活ができたことに感謝している人は多いと思います。川本さんには、機会あるごとにこの種の発言をしてもらい、日本の風向きを変えて欲しいと願っています。かく言う私は52歳、団塊の世代の一つ後の世代です。ちょっと場違いな気もしますが、男性がコメントしてもいいのでしょうか。


投稿者: ムギ (Mar 5, 2007 10:42:50 PM)

マコトさん、

はい、男性の方もたくさんコメントしていますので、だいじょうぶです。

そうなんです、川本さんのすごいところは、おかしなことをデータを持って、おかしいという勇気だと思います。

できることから、少しずつ、見習っていきたいと思っています。

またぜひ、いらしてください。


コメントを書く