« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

クレマができるまで

エスプレッソマシンを買ったものの、クレマ、ができなくて悩んでいました。

クレマ、というのはエスプレッソを覆う、数ミリの泡のカバーのようなものです。

原因としての仮説は以下の通り。

1. 豆のきめ細やかさが足りない
2. 気圧が足りない
3. 水が悪い
4. カップが悪い
5. 機械の個体差がある

理論的に考えられものを一つずつ、つぶしていきました。結論としては、2+4だったようですが、いやぁ、たいへんでした。まるでプログラムのバグつぶしのようでした。

でも、とりあえず、その後は毎日、おいしいエスプレッソを楽しんでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/5740507

この記事へのトラックバック一覧です: クレマができるまで:

コメント

投稿者: おざわよ (Sep 3, 2005 10:44:38 PM)

こんばんわおざわよです。m( )m
ムギさんのプログみていて私もコーヒー好きなもので、いいなーなど思っていましたら、偶然
http://www.rakuten.co.jp/curicolle/617003/647465/
こんなのみつけて思わずクリックしてしまいました。
うまくできるかはおなぐさみですが。

しかしネット通販は便利ですが、危険ですね、オフラインでは絶対かわないだろうなというものも思わずクリックしてしまうことがあり、よく考えないときりがないです。反省。


投稿者: ムギ (Sep 4, 2005 10:52:02 PM)

おざわよさん、こんにちは。

わ、難しそうなもの、でも、おもしろそうなもの、買いましたね。

そうなんです、でも、買った物、あーー、だめだったぁ、なんて経験するプロセスもまた、楽しいんですよね。


投稿者: marron (Sep 5, 2005 5:36:10 PM)

ロム専でしたが、同じ体験に散々四苦八苦したので反応しちゃいました。

エスプレッソマシーンって意外と操作は大変だわ、器具の洗浄が面倒だわで、
根性のない私は綺麗なうちにオークションで手放してしまいました。
色々買っては売り・捨ての結果、今はこれ↓のシステムで落ち着きました。
http://store.yahoo.co.jp/ousyusya/howtomake.html
おざわよさんと同じ類ですが、ミルクも1セットは私も興味あります。

こちらの利点は操作が簡単で、道具全部が食洗器に丸ごと放り込める事。
エスプレッソ用で3部品、クレマ用で2部品で、手洗いでも簡単です。
伝統的なアナログスタイルが一番シンプルで確実なんでしょうかね。
検索すれば色々なデザイン・値段がありますが、私の愛用品のクレマ用はこちらです。
http://store.yahoo.co.jp/cardis-clubcoffee/a5dfa5eba5.html

注意点は材質です。是非ステンレス製をお薦めします。
アルミニウム製はイタリア製の定番古典型に多いのですが、
洗剤に化学反応を起こして本体も指もスポンジも真っ黒になります。
洗剤不可となっていますが、それなりに汚れるので使いたくなりました。
しかし何を使っても元に戻らず、身体に悪そうなので捨てました。
古典すぎて洗剤洗浄は想定外なのでしょうか?!
http://store.yahoo.co.jp/inobun/002544.html

ご参考まで。


投稿者: ムギ (Sep 5, 2005 9:30:10 PM)

marronさん、はじめまして。

いやぁ、同じ苦労をした人がいて、思わず親近感です。やはりたいへんですよねぇ・・・。

アナログの方がいいですか? 今のエスプレッソマシンは、一回にちょっとずつしかできないのがやや不満です。

まだ2台目なので、marronさんの領域には達していませんが、とりあえず、抽出の気圧を高めるため、きっちりとポッドをいれて、器具を取り付けるのがポイントだったようです。

器具の洗浄は、時間がたつと落ちにくくなるので、入れてからすぐに洗うようにしています。

そう、アルミ系は研磨材に弱いんですよね。うちにも食洗機で変色した鍋がけっこうあります。

もうすぐ、ミルクを温める金属製のポッドも届く予定です。

届いたら、またレポートしますね。

またいろいろと、コメントしてください。


コメントを書く