« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

東京は南東から北西に向けて坂になっている

東京は南東から北西に向けて坂になっている、なんて当たり前の事の今日、気づいてほーーーっでした。

午前中、会社から南東に向かって5キロちょっと走り、その後、そこから、皇居をぐるりと周りながら、北西に向かって8キロくらい走り、再び、6キロくらい走って、会社に戻りました。今日の走行距離は、これに会社と家の往復などを加えて、合計30キロ弱でした。

いやぁ、同じキロ数でも、北西に向かうのと、南東に向かうのでは、全く時間が変わりますね。北西に向かうと、坂を徐々に上っていく感じになるし、逆に北西から南東に向かって走ると、こがなくてもどんどん自転車が走ります。

これまで、地図上で二次元でしか知らなかった町を、三次元で知るようになると、ちょっとおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/6165333

この記事へのトラックバック一覧です: 東京は南東から北西に向けて坂になっている:

コメント

投稿者: サワコ (Sep 29, 2005 4:36:54 PM)

丸の内あたりから、西に向かって早稲田とか大森とか広尾とかに行くと「山の手」って地形を実感できますよ。

本当に手の形みたいに山(高低差)があるんですよ。

昔、家(日本橋)から高田馬場まで自転車で行って神楽坂で泣きました。


投稿者: ムギ (Oct 7, 2005 7:01:31 PM)

サワコさん、こんにちは。

確かにそうですね。台地と低地の入れ替わりを実感します。

今週は忙しかったのと、雨がちだったのであまり自転車に乗っていませんが、また来週、いろいろなところにいってみたいと思います。


コメントを書く