« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

6とb

無線LANの設定で、子供たちのパソコンの設定も変えようと思って、どうしてもうまくいかなくて、何時間か悩んでいました。

で、答えはとても単純でした。

そう、設定の人が書いてくれた字が、6とbの区別がほとんどついていなかったのです。

そのため、1箇所、本来6といれるところをbと入れてしまって、動かなかったのでした。

こういう、わかってしまうと簡単なことも、わからないと大変です。ふう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/5990431

この記事へのトラックバック一覧です: 6とb:

コメント

投稿者: smooth@マインドマップでビジネス書評 (Sep 18, 2005 1:20:56 PM)

ムギさん、こんにちは!

今日のお話でふと思い出したんですが、学生時代に、
友人とフランスからイギリスにフェリーで渡った際、
帰りのエアチケットの日付が「7日」ってなってるところ、
入国管理官が「1」だと言い張って、「期限切れのエアなら
入国させん!」と友人だけ取り残されたことがありました。

たまたま別々の列でチェックされてたので、既に終っていた
私は何も出来ず・・・。

欧州の人って、「7」書くときは真ん中にチョンって
クロスライン入れてません?
どうもそのせいだったみたいです。
友人がもうちょっと英語が話せていれば・・・(涙)。


投稿者: ムギ (Sep 19, 2005 6:54:16 PM)

smoothさん、こんにちは。

わはは、そのご友人は災難でしたね。しかし、その後、どうされたんでしょうか?

うーーーん、人間の文字認識ってすごくあいまいらしいので、だからこそ、デジタル化した方がいいのでしょう。


投稿者: smooth@マインドマップでビジネス書評 (Sep 20, 2005 8:23:09 PM)

ムギさん、こんばんは!

一応、その友人とは、イギリス滞在中は会えず、
その後再度、ロンドンからパリに向かう列車で会えました
(同じ列車を予約していたので)。

彼にとっては「初海外旅行」だったのですが、
とんだことになってしまい、申し訳なかったです(汗)。


投稿者: ムギ (Sep 22, 2005 11:52:36 PM)

smoothさん、こんにちは。

でも、最後にあえたのはよかったですね。

そう、日常生活以外のことをするとトラブルが起きるので、でもそれが楽しいのかもしれません。

一度、その友人の方の感想も聞いてみたいものです。


コメントを書く