« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

姿勢と免疫

昨日は子どもの熱のため、ハイキングを中止して、家で過ごしていました。

で、このブログに年中登場している某おともだちが家に遊びに来てくれたのですが、以下のことを教えてもらったので、メモ代わりに書き残します。

1. 姿勢と歩き方で人生は変わる

姿勢・歩き方をチェックしてもらいましたが、猫背がいけないと言うこと。猫背の原因は机の高さが合っていなかったり、肩が落ちていることらしいです。

とりあえず、歩くときに手をつけてしっかり振ること、座っているときに膝をつけるようにすること、背中を丸めないようにすること、肩を落とさないようにすること、肩の筋肉を鍛えること、などで変わるようです。

2. いつでも免疫は動いている

体の免疫はいつも動いていて、それがストレスその他で調子が悪くなると、自浄作用が効かなくなるとのこと。腫瘍やガンの元も日常的に発生しているのですが、それが流されるかどうかはそのときの強さ次第だそうです。

なるほど、の一日でした。いろいろありがとう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/3989872

この記事へのトラックバック一覧です: 姿勢と免疫:

コメント

投稿者: Lammy (May 5, 2005 2:58:12 PM)

猫背が良くないのは、見た目だけの問題ではないんですよ。
背中が丸くなり、肩が内側に入ると

1.背中の筋肉が落ちる→背筋が落ちて首周りと背中がこる
2.肋骨が内側に入り、内臓スペースが狭くなる→
  肺が圧迫されて呼吸が浅くなる(リラックスできないし
  免疫力も落ちます)
  →胃が圧迫されて胃腸が弱くなる
3.首が下を向く→顎が出る→目線が落ち着かなくなる

という順番で、体に不具合が続々と生じてきます。

以前、別のブログで「とくするカラダ」のことを書いてましたけど、身長よりも姿勢や表情の方が操作できる分、「トクスル度」と、反面、できていないと「ソンスル度」が高いような気がします。

猫背がみっともなく見えるのは、人間の身体能力を著しく下げる姿勢=みっともない、という図式なのでしょうね。


投稿者: hideto (May 5, 2005 3:40:16 PM)

年中猫背で、歩いてる時だけダサイと思ってガラスとかで写る時に気をつけたりしますが、一時的なもので、気付いたら戻ってたり、家に帰ってきたりすると戻ってますね・・・。
どうも姿勢のいい座り方は疲れてしまいますが、Lammyさんの書いてあるとおり、肩や首がこったり、胃腸が弱くなったりはこれが一番の原因なのかなと思い、もうちょっとはつらいけど気をつけたいなぁと思いました。


投稿者: ムギ (May 5, 2005 6:21:46 PM)

Lammyさん、こんにちは。

姿勢・歩き方が大事、肌色が大事なのと同じなのですね。

とくするカラダ、のうちとくする姿勢、とくする表情、というものを気をつけたいと思います。

また今度会ったときに丸まっていたら、注意してください!!


投稿者: ムギ (May 5, 2005 6:24:11 PM)

hidetoさん、こんにちは。

hidetoさんのように、若いうちに気づくのは何よりかと。これからずっと累積すると、変わってくると思います。

以前、歯の矯正をしてかみ合わせを直してから、めっきりと丈夫になったことを思い出しまた。

きっと、体全体もシステムとバランスだから、その仕組みをよく理解して、採っていった方がいいのだと思います。

一緒にがんばりましょう!!


投稿者: おざわよ (May 5, 2005 6:54:32 PM)

私も姿勢悪いので耳が痛いです、母も猫背で、ほんと親子そっくりの姿勢です。疲れてしまうというのは筋肉が落ちてしまっているのでしょうね、私も気をつけたいと思います。

>体の免疫はいつも動いていて、それがストレスその他で調子が悪くなると、自浄作用が効かなくなるとのこと。腫瘍やガンの元も日常的に発生しているのですが、それが流されるかどうかはそのときの強さ次第だそうです。
これについてもものすごく納得できます。専門でないので、うろ覚えなのですが、家族性ポリポージスという大腸に沢山ポリープができ癌化しやすい家系の方々がいらっしゃいます。
この方々は口腔内のレントゲン写真をとると、歯根部に空洞のようなものが、あるそうです、乳歯から永久歯に生え替わる時、乳歯の抜けた後の治癒過程に問題があるらしく、つまり損傷をうけた場合の治癒過程に関する遺伝子に問題があることにより、ポリポージス、癌化ということが起こってくるということでした。私達の細胞も日々細胞単位では同じことが起こっているが、大抵は免疫力、自然治癒力により治っているのですが、その力が何らかの原因(加齢、免疫力の低下、ストレス、食事、放射線など損傷の方が大きすぎる場合など)で治癒力が下がると、ガン細胞が増殖してしまうということでした。


投稿者: ムギ (May 6, 2005 7:08:27 PM)

おざわよさん、こんにちは。

なるほど、おもしろい事例をありがとうございました。

やはり自然治癒力を上げることが、すべての健康の近道なのでしょうか。

どうも、日本でふつうに育つと、そういう当たり前なことを教えられずに育つような気がします。

ガン細胞を増殖させない生活、気にしすぎてもだめなのでしょうが、自然に入れられるといいですね。


投稿者: TM-K (May 6, 2005 9:42:52 PM)

MUGIさん こんばんわ
ご無沙汰してます。

子供って本当に「これ」という時に
熱を出したりしますね
無意識にプレッシャーをかけているのかしら?
と思うほど

ところで猫背ですが
オフラインでその理由をご存知の方もおられますが
私も非常に姿勢が悪いです
なので肩こりと胃腸の悪さは永遠のテーマでした
ところがある方に薦められてクラシックバレエを
始めてから
あんなに悩んでいた肩こりが「治った」とは
いきませんが、随分緩和されました。
それどころか、背中のぶつぶつも消え
腰周りの余分な肉も落ち。。。。
週に1時間半しかレッスンしない
「なんちゃってバレエ」でも!です。
※就寝前にバレエストレッチを5分ほどしますが。
今更バレリーナを目指すつもりは全然ありませんが
基礎のストレッチを続ける事が
こんなに大事だとは。。。
この冬は風邪も引かずで健康に
過ごせたのもバレエのおかげかもしれません


投稿者: ムギ (May 7, 2005 1:54:00 PM)

TM-Kさん、こんにちは。

あらま、うらやましい。今度会ったときに、ぜひその基礎ストレッチだけでも、教えて下さい。

今日、家に帰ったらストレッチだけでもすることにします。反省。

ぜひ、続けて下さい!!


投稿者: lammy (May 7, 2005 2:08:45 PM)

TM-Kさんの肩こりが緩和されるって、すごいですね。姿勢が良くなったら美人度に磨きがかかったのではないでしょうか。(美人で猫背って、かなり目立ちますからねえ・・・)

ところで、もともと筋肉量が少ない人はバレエストレッチで劇的にコリが少なくなると思うけど、ムギさんは全身運動をすると既に付いている筋肉がフォローしてしまって、筋肉量が少ない部分は強化されないんじゃないかな。

地道に毎日ダンベルする方が、近道だと思うな。ダンベル、続いてます?

そうだ、先週の土曜日から姿勢(心と身体のね)に関するブログを始めました。週2-3回程度の更新ペースを守る予定ですので、ちょくちょく覗いてください。


投稿者: ムギ (May 7, 2005 2:31:58 PM)

Lammyさん、こんにちは。

ダンベル、わはは、一日坊主でした。今日やります。

ブログ、紹介しておきました。

1週間に2-3回とはアグレッシブですね。

楽しみです。


投稿者: まっち (May 9, 2005 12:55:43 PM)

こんにちは。
出産で通っていた助産院で、姿勢と体を温めることの大切さを知りました。
それから食べ物の大切さも。
姿勢の良さも体を温める事も、血液とリンパの流れを正しくしますよね。
ただし、忙しくなるとすべてのバランスが崩れるので、精神的にゆとりを持った生活をキープする事が一番の課題かも・・・


投稿者: ムギ (May 9, 2005 2:33:16 PM)

まっちさん、こんにちは。

助産院でそういうことを教えてくれるのですか。いいですね。

そう、実践が難しいのかも。忙しくなっても、ぜひそういったことを忘れずに行きたいですね。

言うは易く行うは難し、ですが、お互いに注意していきましょう。


コメントを書く