« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

一体型の長所と短所

夕べは、久々にため込んでいたCDを大量にMDにパソコンを通じて焼き付けを行っていたので、パソコンがほとんど使えませんでした。

ため込んでしまったのは、ノートパソコンの内蔵型のDVD/CDがずっと調子が悪く読み込み不能になっていたためです。しかも、困っているのが、内蔵型なので修理に出すとその間パソコンを使えなくなるので、修理にも出せません。

仕方がないので、3年くらい前に買ってほとんど使っていなかったUSB接続のCD-R/Wを掘り起こしてきて、つなげて使ってみました。

そして、おーーー、と新鮮にびっくりしたのが、読み込みスピードの速さです。当たり前ですが、ノートパソコンの内蔵型のものと違って、外付けのものは読み書きが早い。2-3倍くらい早い感じがします。

壊れるまで内蔵型で不自由を感じていませんでしたが、改めて性能の違いを感じました。

こういう、どこまで性能を犠牲にしても内蔵型にするのか、外付けにするのか、バランスは永遠の課題で正解はないような気がします。

しかし、次回レッツノートを買うときには、おそらくCD-ROMが外付けのタイプにするでしょう。使用頻度を考えると、この分重くなっているのは割に合わないように感じます。

ともかく、CDからHi-MDへの焼き付けが無事できるようになってよかったです。もっとも、これまでのふつうのMDの時代にはそもそもパソコンも必要なく、MDラジカセでダビングできたことを考えると、これも便利になったのかどうか、わからないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/4052729

この記事へのトラックバック一覧です: 一体型の長所と短所:

» 「レッツノート」でブログ検索してみました。 from 日刊カタログ
「 レッツノート 」の検索結果で、「私的なことがらを記録しよう! .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 続きを読む

受信: May 17, 2005 12:20:56 PM

コメント

コメントを書く