« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

突然気付いたこと

今朝、あることに突然気付きました。

そうか、「やること」ばかり定義するのではなく・・・

「やってはいけないこと」「今はやっているけれどもやめて時間を空けること」

を定義しないといけないのだ、と。

やらないこと、を定義しないと、やりたいこと、はいっこうに進まないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/3341993

この記事へのトラックバック一覧です: 突然気付いたこと:

コメント

投稿者: Taki (Mar 18, 2005 4:23:48 PM)

戦略と同じで、やらないこと、時間を使わないことを決めることが結構大事だったりします。
そうしないととっても器用貧乏になります。


投稿者: ムギ (Mar 19, 2005 11:52:49 AM)

Takiさん、こんにちは。

そうなんです。戦略の資料をまとめているうちに、ふと気付きました。

なんでもやってみるのはいいのですが、うまくいかなかったものは一定の基準でやめていかないとダメですね。


投稿者: 円山貫 (Mar 19, 2005 2:56:23 PM)

プロジェクトスコープ定義や職務記述等々等々で、
 XX is ...
 XX is NOT ....
表裏をリストすると、非常にイメージがつかみやすくなることがあります。これも「しないことリスト」に似てるかな。

自分のやったことの尻尾とかだと、捨てるというより、屋根裏にしまいこむ、のが好きです。
たま~に屋根裏に上がると、酸っぱい気持ちになるだけでなく、現在を見直すヒントが埋もれていたり。
 (本物の屋根裏が欲しいですが、無理なので、仮想的屋根裏。)


投稿者: ムギ (Mar 19, 2005 4:42:26 PM)

円山貫さん、こんにちは。

確かに、してはいけないこと、しないこと、を規定するのは合理的な考え方ですね。なるほどっ。

屋根裏、いいかもしれません。ドラえもんの四次元ポケットみたいなものがほしいなぁ、と思いませんか?

頭の中にそういう屋根裏があって、他の物理的なものは捨てていくのがいいのかな、などと最近は思っています。

あ、それが仮想的屋根部屋でしょうか?


コメントを書く