« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

ネイティブなみの英語を目指せってさ

今日はボスのボス(アジアの責任者)が東京に来ていたので、少し話をしました。

非常にやり手で厳しい人なのですが、とにかく何はさておき「英語をネイティブ並みにしろ」ということでした。
それが、対同業ライバル(ほとんど日本人)に競争力をつけるのに一番わかりやすい道だろう、とのこと。

どのくらいやっている、といわれて

-一日3-4時間くらい英語聞いて
-一日平均2時間くらい英語話して
-月に1回発音練習やっている

と言ったら、
「足りない、足りない。レッスンは週に1回にしろ。俺は7カ国語話せるぞ。」
だそうです。
(そのボスのボスも英語ネイティブではありませんが、確かに上手です)

「だいたい、仕事する相手の言葉ぐらい、流暢に話せなくてどうする」
はい、ごもっともです。

とりあえず、シャドウイングの時間を増やしてみましょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/2946074

この記事へのトラックバック一覧です: ネイティブなみの英語を目指せってさ:

コメント

投稿者: kiyo-ricci (Feb 18, 2005 10:39:41 AM)

ムギさん、こんにちは。

よく「ネイティブから『英語上手ですね』と言われないのが本当に英語がうまい証拠」といいますね。
ネイティブ同士が「あなたの英語うまいわね」なんて言わないからなんでしょうが・・

その境地はあまりにも遠く、私はとうにあきらめてしまったクチです。


投稿者: lammy (Feb 18, 2005 10:33:42 PM)

ネイティブ英語よりもロジカル日本語訛英語の方がビジネス上は有利だと思います。

私の英語発音は完全なハワイアンです。にも関わらず20代以降は英語圏で生活をしていないため、ボキャブラリーや言い回しが「どことかくティーネイジャー」です。結果としてどうなるかというと「Lammyと話してると、時々スローアダルトかと思う」と言われるわけです。

どう聞いてもネイティブにしか聞こえない発音でボキャブラリーが貧弱なより(日本で生活する以上、ボキャブラリーはどうしても低くなりがちだと思いますので)、どう聞いてもノン・ネイティブなのにしっかりとロジカルにビジネスをしている人の方が信頼されると思います。


投稿者: ムギ (Feb 18, 2005 11:34:41 PM)

kiyo-ricciさん、Lammyさん、こんにちは。

うーーーん、上手ですね、と言われるのは確かにあれですねぇ。

まぁ、ネイティブに間違われるにはまだまだ距離があるので、安心して習っていきたいと思います。

わはは


コメントを書く