« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

社内教育がしっかりしている会社を辞めるとかえって視野が広がる?

通算9年間もしていたコンサルタントを辞めて1年半になります。コンサルティング会社の特徴は人材育成にものすごい力とお金を使っていることです。

ところが、おもしろいことに、そういった会社を辞めてからこそ、かなり視野が広がったような気がします。

きっと、理由は二つ。
1.さまざまな本を読む時間ができた
2.「コンサルティング会社が教える価値観がすべて」という一神教的な世界から離れた

社内教育がしっかりしすぎている分、視野が狭く鋭くなりますが、広がらないというのはパラドクスですね。

もっとも、その分、自分自身が試行錯誤をしなければならない時間も多いわけで、一長一短ではあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/2820524

この記事へのトラックバック一覧です: 社内教育がしっかりしている会社を辞めるとかえって視野が広がる?:

コメント

投稿者: めりーべる (Feb 6, 2005 10:53:25 PM)

わんわんさん主催の勉強会でお会いしためりーべるです。
ごぶさたしています。

ムギさんほど、視野を広げて勉強している訳ではありませんが、
結構同感できます。前の会社は、本を読んだり、外の教育を受けるより、目の前のお客様に学ぶ、とか、社内でこれが正しいとされていることを実践することが大事、という社風で、皆が念仏のように(笑)、合言葉のように、一つのテーゼを唱えて行動指針としているところがありました。

転職して、客観的に、そのテーゼを世間一般の用語に置き換えてみると、世間で正しいとされていることが違う用語で言われているだけだったり、前の会社の常識=世間の非常識、だったり、新鮮な感動を覚えたりしています。


投稿者: ムギ (Feb 6, 2005 11:07:57 PM)

めりーべるさん、ご無沙汰しています。

はい、教えていただいた勉強会でのテーゼ、非常によく覚えています。

たぶん、テーゼが時代に応じて変えられるかとか、不変なものなのか、ということが必要なのでしょう。

よく、もうかるためには
-得意で
-夢中になれて
-お金が落ちるもの
のかけ算でないといけないといいますが、それを消化させるとテーゼになって、誰でも納得できるものになるのかなぁ、と感じています。

とりあえず、お互い、妙な縛りがとれてよかったということで。わはは。


コメントを書く