« 前の記事 | トップページ | 次の記事 »

コメント適当につけてくださいな

このブログは基本的には与太話なので、コメントが少ないと寂しいので、こちらのエントリーにもどんどんと書き込んでくださいな。

一応、一日、100人以上の方に見ていただいているようです。

フォーマル度の順で言うと、

CD・テープを聴いて・・・>日々の生活から・・・>私的なこと・・・

のイメージです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝間和代オフィシャルメールマガジン 登録無料
ページの先頭へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/2818640

この記事へのトラックバック一覧です: コメント適当につけてくださいな:

コメント

投稿者: さとし (Feb 6, 2005 8:03:18 PM)

ムギさん、こんにちは。
さとしと申します。

ムギさんの書く記事は、実に分かりやすく興味深いものばかりですね。これからも読ませていだだきますよ。

それから正直に告白すると、いつもムギさんの記事を読み、「コメントを書いてみたいなあ」と思っていましたが、勇気がなくて書けませんでした!(笑)

これからも陰ながら応援しております。
がんばってください。



投稿者: ムギ (Feb 6, 2005 9:43:06 PM)

さとしさん、はじめまして。

応援ありがとうございました。いつでもコメント大歓迎です。

すごい、小説書いていらっしゃるのですね。小説も、絵も描けるといいな、思いながら、そこで止まっています。

アメリカではザ・ゴールのような、ビジネスの寓話を上手に物語にしたものがあって、いつの日かそういうものも書きたいと思っていますので、またぜひサイトも訪問させてください。

こちらのブログはネタ帳、雑記帳みたいなものですが、コツコツ書き込んでいきたいと思います。


投稿者: Miki (Feb 7, 2005 12:03:04 PM)

こんにちは。
昨年末は、初めてお目にかかりお話をする機会がもてて、とても嬉しかったです。色々とアンテナを広げる為に、外へ出て人と会う様に努めたいところですが、なかなか時間が持てずにいる今日この頃です。

そう言えば、持っていたライブドア株は最近ちょっと上がった時に全株処分して、なんとかプラスで終わりました。
次はどうしよう・・・と思いながら放置している今日この頃です。

また是非お話をする機会が持てれば嬉しいです。
会社の近くに来られる際は、是非ランチなどお声を掛けていただければ嬉しいです。

では!


投稿者: ムギ (Feb 7, 2005 1:25:33 PM)

Mikiさん、こんにちは。

こちらこそ、ご挨拶できてよかったです。この業界、広いようで狭いので、またいろいろ情報交換させてください。

私は人に会いに行くのが商売なので、いくらでもいきますよ。メールしますね。

今はお茶の水のブラウザー会社さんにお伺いして、その足で側にある別の電話会社さんに行く途中です。

以前、ある大会社さんの方と話をしていて、「いつから業績が悪くなってきた」ということについて、「自分たちからミーティングに出かけなくなってからだ」ということになりました。

大きくなってくると、みんなが向こうから訪ねてくれるので、自分からチャンスを掴む、ということがなくなって、世間との乖離が増えてきたそうです。

示唆深い言葉だと思いますし、自分自身も気をつけようと思います。


投稿者: Miki (Feb 7, 2005 3:14:20 PM)

ムギさん

セミナー等に参加などして出かけるだけなら、出ていますが、外部の人とのコミュニケーションの必要性は、非常に私も感じます。
ではでは、是非そのうちランチでもできる日を楽しみにしてます!


投稿者: cool_ni_ikou (Feb 28, 2008 1:39:56 AM)

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
読ませていただきました。とてもシンプルに書かれており、いろんな面で納得・共感できる部分があり大変勉強になりました。
次回、バージョンアップされた内容を執筆されるときには、フレームワークについての部分を詳しく書いていただけると幸いです。

そうそう、話は変わりますが、自転車で移動される勝間さんには、面白いメーターが商品化されたようです。
自転車をネットで楽しく SNSに一発接続の自転車メーター、ブリヂストンが発売
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/26/news100.html

何かのアイデア提案に使えるのではないでしょうか?27日の「聴く日経」でメタボ関連商品の特集を配信していました。
そんなことも次回作に結びつけて取り入れてみてはどうでしょう?

次回作期待しています。
ではでは


投稿者: hys (Jun 2, 2008 2:09:36 PM)

勝間さん、はじめまして。
私はインディで行こうの本を読んでから勝間さんの大ファンです。あの本のおまけにメールで相談できると書いてあったのですがあれはもう無効ですか?送ったらエラーになってしまったのでこちらよりメールさせていただいてます。
申し訳ございません。


投稿者: mps (Dec 28, 2008 4:11:05 PM)

日ごろ本屋さんでは良く著書を拝見していたのですが、ニュース番組でアフリカに行かれているのをみて興味を持ち増した
早速10倍の本を読み、2010年に法科大学院を受験してみようと思いました
お身体に気をつけてお互い良い経験をしていきましょう
ブログ購読してます


投稿者: びーと (Feb 3, 2009 1:16:27 AM)

はじめてコメントしますが、これが最後になるでしょう。amazonで「史上最強の人生戦略マニュアル」のレビューを、「七つの習慣」と比較して書き込みましたが、削除されていました。自分なりに小一時間熟考した上でのレビューだったのですが、「見えざる手」によって削除されたようです。

こちらのブログの過去ログをみて分かったのですが、勝間さん自身が削除依頼をした事もあるそうで・・・。

削除された原因は分かりませんが、情報がない以上、推測で考えねばならず、とはいえ煮え切らない気持ちは収まらないので、所持している勝間さんの著書・訳書(計5冊)はすべて処分することにしました。


投稿者: モンモン (Mar 1, 2009 11:51:12 PM)

「断る力」読みました。書店でぶらぶらペットの本でも読もうと思い、立ち読みをしていたら目について「コレだ!」と思い即買いでした。今の自分に必要な概念でした。
 本の中にあるように徐々に実践して、自分にスペシャリティなものを会得したいと思いました。確かにそういったものがないと、流されて何もできない中年、老年サラリーマンで終わってしまうと思いました。薄々感じてはいたのですが調和を重視していたと思います。現段階で認識できて良かった!


投稿者: 56no (Mar 28, 2009 5:26:40 AM)

「断る力」、私も読みました。新書であの帯(笑)インパクト大だったのでついジャケ買いしてしまいました。
狙い通りだったかどうかは分かりませんが、感想をブログに上げてみましたのでお時間のあるとき(ないと思いますが)にでもゆるりとどうぞ。

そして断られるのも、またよし(笑)coldsweats02


投稿者: たく (Mar 28, 2009 9:57:27 PM)

はじめまして!私は今、勝間さんの「起きている事は全て正しい」を読ませて頂いています!
友人から勝間さんの本の評判は聞いておりましたが、私自身、働く32才で子供3人あり、結婚した当初より体重が13キロ増えていたので帯のコメントを見た瞬間「これだっ」と即買いしました(笑)!
具体的な内容でページをめくるのが楽しいです!自分を客観視する事を意識してからあまり悩まなくなりました。
子供を寝かせてからまた続きを読みます(^-^)v


投稿者: MISS-TOMO&僕 (Aug 21, 2009 7:11:48 PM)

はじめまして。
知人のブログより勝間さんのことを知りました。
いつも、flairおもしろい発想とっても勉強になります。

 また、私は、不思議な相棒と僕と女一人で、いろいろチャレンジしてきたので、読んでいてとっても元気を頂いています。
はじめて読んだ時は、なにか今までの疲れが涙ぽろんぽろんと一緒に、す~~と取れました。
 ありがとうございます。
インフルエンザなどかかりませんように。
ご活躍ください。


投稿者: たぬき (Aug 31, 2009 6:45:42 PM)

勝間様

最近は、ますますのご活躍、テレビなどで拝見し、私も頑張ろうと、いつも気持を新たにしています。

最近、私も自前のパソコン(レッツノートY8)を常に持ち歩こうと考えています。

勝間さんは、サイクリング車での移動がメインのようですが、そんな時の雨対策はいかにされていますか?
差支えなければ、ご教示願えませんか。


投稿者: 山田太郎 (May 4, 2010 5:34:02 AM)

こんちわーっすwww


投稿者: 山田花子 (May 5, 2010 2:22:14 PM)

happy01こんにちは。


投稿者: 野澤Kyouhei (May 5, 2010 10:43:53 PM)

自分を客観視する事を意識してからあまり悩まなくなりました。

・・・なるほど。ご自分のことは棚にあげての言動も良い結果をうむことは当然ありえますね。


コメントを書く