« 広瀬香美アルペンライブ in 名古屋 に行ってきました | トップページ | 「やればできる」と「残酷な世界で生き延びるたった一つの方法」は実はかなり似ていることを言っているのではないでしょうか? »

September 26, 2010

夢の糖「トレハロース」の研究・見学に岡山の林原さんまでいってきました

みなさん、「トレハロース」が何か、ご存じでしょうか? 最近では一部、テレビCMもあるので、ピンと来る方もいるはず。ふだん、見慣れたものですと、こんな商品たちに入っています。

P1070781

このトレハロース、何かというと「糖」の一種です。調べようと思ったきっかけは、どら焼きでした。

わたしがドラえもんが好きだといっているせいか、どうも、事務所に来るときにどら焼きを持ってきてくださるお客さまが多いのです(別に嫌いではありませんが、ドラえもんほどは好きではないですhappy01)。

そして、小学館で今度出す新刊bookを書いていて、担当編集の小川さんが、原稿打ち合わせ時のお土産にどら焼きをもってきてくれたのですが、たまたま別のどら焼きが会社にあって、なんとはなしに成分を比べてみました。

すると、小川さんの持参の新進のお店のお菓子には「トレハロース」というなにかが入っていて、もうひとつの老舗のどら焼きにはそのトレハロースが入っていませんでした。

あれ、これ、なんだろう、なぜ違うんだろう、と思って、トレハロースをググってみたら、こんな説明が出てきました。

リンク: 林原商事 | 製品紹介 トレハ トレハロースとは.

え、夢の糖? 命の糖? 林原という会社が特許を持っていて、昔1キロ3万円がいまは300円????

気になって、もっともっと見てみると、確かに、さまざまな食品を気を付けると、たしかに、トレハロースがたくさん入っているのです。

なぜ、トレハロースを入れるのかと考えてみたところ、さまざまな効用があるようです。

リンク: 林原商事 | 製品紹介 トレハ トレハの不思議.

うーーーーん、それでもよくわからない。

とりあえず、もっと知りたいので、林原の東京の事務所に連絡をしてみました。

「そちらで、トレハロース関連の取材や、見学はできますか?」

残念ながら、東京では研究所とかがないので、岡山の本社までいかないといけないようです。せっかくなので、これもセレンディピティ、小学館の新刊にこの話を盛り込むことにして、小川さんと岡山まで取材にいくことにしました。

P1070729

出迎えてくださったのは、株式会社林原、理事執行役で広報責任者の村嶋さん。「どこでも写真撮っていいですよ」と寛大なことばに甘えながら、社員食堂でランチをいただいて、そのあと、研究所と、あと恐竜化石などを、ぐるーーーーっと半日、回らせていただきました。

林原さんは創業100年以上のとても、とても伝統ある会社です。バイオ企業と呼ばれるのに違和感があって、ビジネスの基本は「でんぷんやさん」だそうです。トレハロースだけではなく、さまざまな糖や甘味料の研究製造販売をしています。

そして、このトレハロース、糖の構造がちょっと変わっていて、くわしい説明はHPを見ていただきたいのですが、要は、トレハロースを少量、食品などに加えると

・炭水化物
・タンパク質
・ビタミン

の劣化を防ぐことができるそうです。もともとトレハロースは自然界にもごく少量存在するのですが、抽出すると1キロ数万円になってしまって、せいぜい化粧品くらいにしかつかえなかったそうです。

それを林原さんは、酵素を使って、安価なデンプンから合成するのに成功しました。1キロなんと、300円。普通の砂糖の約倍くらいですから、安価な食品にも使えるようになりました。

P1070726

これがトレハロースの説明です。

林原さんは非上場企業のメリットを生かして、成果まで時間がかかるような研究、ニッチな研究を続けています。例えばこちらは、ハツカネズミをつかった、冬眠の実験。もう、20年も研究されているそうです。

P1070716

恐竜だって、研究対象です。

P1070774

お土産にトレハロースをいただいてきました。

P1070786

より詳しい内容は、近刊に書きていきたいと思いますが、とにかく、一つ一つの説明が感動の嵐。へえーーー、ほぉーーーー、なるほどーーーー、ばかり。

ぜひ、みなさんの身近な製品にもたくさん、トレハロースは使われていますので、見つけてみてください。私たちのお料理やお弁当につかっても、いいそうです。

P1070784

わたしにとっては、新しいことを知ること、おもしろく知的なものをみつけること以上に、ワクワク・ドキドキすることはないので、たいへん楽しい岡山の旅でした。

これからも、いろいろと全国・全世界を回って、ひとつひとつ、新しいことを自分の目で確かめて、見つけていきたいと思います。

2010 09 26 [4.おもしろい商品の紹介] | 固定リンク

カテゴリー