« 香美別邸の感動を伝えたくて~広瀬香美さんとの出会いから1年 | トップページ | パソコン、パソコン、ああ、パソコン。手間暇かかる、でも大好き。 »

February 10, 2010

すぐれた才能ある人たちと一緒に楽しく成長するための4つのポイント~広瀬香美さんとの出会い1年間を振り返って

4249978853_55a8ee774c

本日は、私が一方的に15年以上知っていて、そのコンテンツに惹かれていた「広瀬香美」さんというアーティストにはじめて直接お会いしてから、ちょうど1年がたちました。

出会いの頃の様子は

日々の生活から起きていることを観察しよう!!: 偶然は必然? 広瀬香美さんとの出会いからの考察

に詳しく書いていますが、ご本人から

@kohmiとパジャマけーの、出会いのこのコンテンツ、よく使い回してますよねー。さすが、パジャマけーだ。(笑)そろそろバージョンアップされないのかな。新しいの読みたい。RT @kazuyo_k: 本日は @kohmi さんに出会って1周年  http://ow.ly/15FgE

というリクエストがTwitterであったので、1年間のお付き合いの中での考察をまとめてみたいと思います。

結論から言いますと、私が香美さんとの1年間のふれあいでつくづく思ったことは「人は、共通する価値観が基盤にある上で、さらに自分では絶対持ち得ない才能がある人とふれあうことがとても心地よい時間である」ということです。

以下、異なるタイプの親友と心地よい人づきあいをするためには、ということで4つのポイントをまとめましたので、紹介させてください。

【すぐれた才能ある人たちと一緒に楽しく成長するための4つのポイント】

1. 一人一人が得意分野を磨くということがどんなに大変かということを理解し、相手を尊敬する心を持つこと

2. 自分以外の人の要素を信頼し、取れ入れるためには、相手が無私であること

3. どんなに仲良くなっても、相手は違う人なのだから、傷つけているかもしれないということを考えて、互いの労りを言葉で、態度で、現し続けること

4. そして、一緒に、ゆっくり、着実に、昨日より今日、今日より明日、よい関係を目指すこと

ひとつひとつ、説明していきましょう。

1. 一人一人が得意分野を磨くということがどんなに大変かということを理解し、相手を尊敬する心を持つこと

まず、大事なことは、私たちは自分たちの時間が有限であり、結果、自分一人で開発できる自分自身の才能も有限だということを心の底から知ることだと思います。

だからこそ、自分一人で生きていっても、考えても、とても偏狭な分野でしかものごとを楽しめないので、それぞれが自分がこれまでもっとも時間を使って、人よりも得意になった分野で相手に楽しんでもらうことが、幸せになる一番簡単な方法だと思っています。

例えば、私は広瀬香美さんの楽曲を聴くと、無条件に楽しくなり、心地よい気分になります。しかしこれは、香美さんが何十年間も音楽を続けてきたことによる果実です。また、テレビに出ても、笑顔で楽しく話を香美さんができるのは、長年の訓練の結果です。

一方、私が歌を歌えば当然音痴ですし、作曲なんでできるわけありません。テレビに出れば笑顔がこわばり、話をすればとっちらかります。

その代わりに、毎日、毎日、ずっと文章を書き続けていますので、何かの概念や物事について、書きものをすることはまったく苦になりません。ITの使い方に関しても、どんどんアイデアがわきますし、新しいものを追求する心があります。

あることを何十年も専門分野としてやってくると、それがどれだけの時間蓄積が必要なことか、自分自身がよくわかっているから、相手に対しての尊敬が自然に生まれます。また、アウトプットについても同様です。

そして、それでもかつ、相手がその専門分野でがんばり続けるのを見ていると、自分ももっともっと、専門分野でがんばらなければ、と思うわけです。

さらに、そのような宝物のような専門分野を持った人は、それは大きなことばで言うと、社会・人類の宝だと思いますので、トコトン応援をしたいと考えます。その際には、逆にどうやったら、自分の専門分野で相手をサポートできるのか、自然と考えるようになります。

すると、自分の専門分野と、相手の専門分野を合わせた形で生かすことができるようになりますので、一人一人が自分だけでがんばるよりは、よほど大きな流れを作れるようになるのです。

私もここ1年間、香美さんのアドバイス・サポートがなかったら、大量のメディア出演の仕事はさじを投げていたことでしょう。それでも、ポイントポイントで素早いアドバイスをもらい、こちらが困っていたり悩んでいることについては此までの経験からこうした方がいいのではないかということを教えてもらい、何度もさまざまな危機を乗り越えることができました。

私から香美さんにサポートできることは逆に、よりわかりやすい文章の書き方だったり、あるいは、ちょっとしたパソコンやiPhoneのセットアップだったり、Twitterのような新しいプラットフォームの紹介だったり、こちらがほとんど苦にならずに空気のようにできることで喜んでもらえるのが、新鮮でした。


2. 自分以外の人の要素を信頼し、取れ入れるためには、相手が無私であること

そうはいっても、相手がなぜ自分をサポートしてくれるのか、あるいは私がなぜ相手をサポートするのかということについて、「自分がお金もうけをしたい」「自分がビジネス上有利になりたい」といったような欲望があると、決して長続きしないと思います。

純粋に、相手のために何かができて、それで相手が喜んでくれること、それだけでうれしいという構造がないと、続かないわけです。また、相手からのアドバイスも同様で、相手が自分の利得のためにしているアドバイスなのか、自分が得になろうが損になろうが、こちらに無私でしているアドバイスなのかは、聞いている方がすぐにわかってしまいます。

相手からもらうアドバイスで、耳をふさぎたくなったり、やりたくないことだってしばしばあります。でも、相手が本当に考えてくれて、それがしかも相手の専門性に基づいたものであれば、これはやはり、やってみればいいのです。相手に対する絶対的な信頼、これがないと、なかなか新しい要素、OSは取り入れにくいし、身につけられないと思います。

私はここ1年間で、ずいぶん(これでも)表情が柔らかくなったと言われました。それは、香美さんという感性豊かな人がいて、その影響をアドバイスという形でも、あるいは単に時間を共有する中で自然に覚える形で学んできたからだと思います。そしてそこには、まったくビジネスのにおいがしない、見返りを求めるにおいがしないので、こちらも一緒にいてわかりやすいし、楽なのです。

そしてきっと、それは香美さんも同じなのではないかと思っています。


3. どんなに仲良くなっても、相手は違う人なのだから、傷つけているかもしれないということを考えて、互いの労りを言葉で、態度で、現し続けること

互いに違うソフトウェアを持っていて、違う経験があるわけですから、どんなに気を使っても、相手にはなりきれません。だからこそ、相手の気持ちに踏み込めば踏み込むほど、相手を傷つける可能性があるし、接触の時間が増えれば、不愉快な思いをすることがゼロにはなりません。

逆にだからこそ、どんなに相手に感謝をしているのか、相手のことをサポートしようとしているのか、親友を相手にするときには恥ずかしいくらいことばに出すことで、ちょうどいいと思っています。

よく以心伝心と言いますが、私は以心伝心はウソだと思っています。あるいは少なくとも私は、相手が言ってくれない限り、心は伝わってきません。

特に親友は、家族ではありませんから、相手に対する労り、そしてその上での互いの信頼をどうやって保つかということが重要でしょう。


4. そして、一緒に、ゆっくり、着実に、昨日より今日、今日より明日、よい関係を目指すこと

最後です。

どんなにいい関係でも、片方成長し、片方がそのままの場所にとどまってしまったりすると、その関係は風化してしまいます。あるいは、片側にとって、相手とつき合う時間が苦痛になってきます。

だからこそ、互いに、どんなにゆっくりでもいいから、着実に、着実に、相手のソフトウェアを取り込み、相手に逆に足りなくて自分ができそうなところを探して、相手の負担にならない程度に補い、昨日より今日、今日より明日の方が、きもちのよい付き合いができることが、長続きのコツだと思います。

相手は自分と違う人なのだから、自分のやり方を押しつけすぎない。でも、上手に相手と調和していく、そんなやり方です。


ここまでは親友との付き合い方という考察で書きましたが、これはどんな友人関係でも、あるいは職場の関係でも、根っこはまったく同じことと思います。そのような根っこを学べるのがすばらしい友人との出会いです。

私はこの1年間で、さまざまなことを経験し、学び、考えられたことを、親友の広瀬香美さんに感謝をして、1周年を締めくくりたいと思います。

このブログを読んでいるみなさんも、ぜひ、今の親友を大事にして、そしてまた、新しいいい友との出会いを探してみてください。

長文へのお付き合い、ありがとうございました。


参考リンク

リンク: 日々の生活から起きていることを観察しよう!!: 香美別邸の感動を伝えたくて~広瀬香美さんとの出会いから1年.

リンク: 勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!: 一聞は百見にしかず!! 実際に聞いてみるのが一番~広瀬香美さんの最近の楽曲の紹介.

2010 02 10 [2.実体験観察から] | 固定リンク

コメント

投稿者: fukamaru (Feb 10, 2010 1:24:11 PM)

早速、読ませて頂きました。今後、一度読むだけではなく、何回も何回も噛み締めながら読ませて頂くことになりそうです。
今までの、友との接し方を顧みて、今後の友との良き人付き合い方を構築していく上で、私のバイブルともいえる内容でした。これからも益々、ご健勝で、ご活躍くださることを願っています。ツイッターでご活躍を、応援させて頂きます。

投稿者: いけちゃん (Feb 10, 2010 1:58:51 PM)

人づきあいの極意というか、原理・原則とでもいいましょうか、本当に大切な姿勢をあらためて気づかせていただきました。

勝間さんの生き方は真似できませんが、この4つのポイント・心がけは絶対に真似しよう! と思っています。

素敵な文章をありがとうございました。

投稿者: megu (Feb 10, 2010 2:30:02 PM)

いいお写真ですね。
ほのぼのします。

投稿者: はなわようこ (Feb 10, 2010 2:34:13 PM)

素晴らしい言葉をありがとうございます。
人脈が広がると色んな方と出会いますけど、この基本を忘れないようにしたいです。

投稿者: TAKANOBU (Feb 10, 2010 2:43:37 PM)

。。人は、共通する価値観が基盤にある上で、
さらに自分では絶対持ち得ない才能がある
人とふれあうことがとても心地よい時間である。。

正に勝間さんのおおせの通りです。

私も自身には無い才能を持つ人に
無条件に尊敬の念を持っています。

勝間さんはじめ広瀬さんも
素晴らしい才能の固まりだと
思っておりますし、

時々Twitterでは、幾らか
増長している自身がおりますが、
とにかく、広瀬さんの心の深さ
ユニークさ、勝間さんの
前向きで、お姉さん的な優しさ、

やり取りを観ているだけで
どうなのかよく解ります。

最近Twitterを
お始めになられたお二人を

あまり何でもかんでも
損得だろうと露骨に
挑戦状をたたきつける人達には
正直悲しい気持ちになります。

人間そんなに
損得ばかりで、
いちいち動けないと
思います。

この度も沢山沢山
ためになり、
歓喜するエッセンスふんだんな
文章心から感謝します。

有難う御座います。

投稿者: yamato__m (Feb 10, 2010 6:42:11 PM)

はじめまして、yamatoと申します。
twitterから訪問させて頂きました。ただの大学生です。

読ませて頂いている間
伝えている事柄が非常にストレートに伝わってきて
かつ、書き手と書き手が想う相手の想いまで
伝わってくるような暖かい言葉でした^^

私にも真友といえる友人が何人かいます。
お互いがそれを認識し合って
共にいる時間はとても大切な時間なので
少しでも有意義な時間になるように
相手を想い、気遣えるようにしています^^

改めてその気持ちに気づかせてもらいました。
ありがとうございました!

長々失礼いたしましたm(__)m
これからもご活躍、期待しています!

投稿者: 夏希 (Feb 10, 2010 7:33:58 PM)

勝間さんの文章は、人がなんとなく気づきかけたり、ちょっとおかしいなと思ってることを論理的に明確に突き止めて、それに対する解決策を提示してくれて、いつも助けられています。

友情や人間関係について、自分も相手ももっと大切にしなきゃと思いました。
ありがとうございます。

投稿者: isoberry (Feb 10, 2010 11:09:23 PM)

いつも、漫才のようなお二人の息のあった会話を楽しんでいます。
漫才ならば、練習の成果でしょうが、アドリブでのやり取りであるところがすばらしいです。
このように、お二人の波長が合っているのは、
・ともに目標を持っていること(違ってもよい!)
・相手の長所を理解して認め合っていること
・相手の成功を自分のことのように喜べること
など、
共通点の多いお二人なればこそだと思います。
これからの1年が楽しいこと間違いなしですね!

投稿者: よっちゃんママ (Feb 11, 2010 12:25:05 AM)

年齢を重ねるとそうそう心友はできないですよね。
素敵な関係がこれから続くことをねがっております。

最近一回り年下の同僚と仲良くなっております。
今回の話をそのまま「まねる」ことにします。
そして少しずつ自分力の基盤を上げていきたいですね。

いつも深い気付きをなげかけていただき
ありがとうございます。

投稿者: michiyuki (Feb 11, 2010 1:17:01 AM)

はじめてコメントさせていただきます。
素敵な文章を読ませていただきました。
これからも御活躍を期待しています。

投稿者: デイ (Feb 11, 2010 11:30:26 AM)

うおー頑張ります!!手帳ちゃんと付けてます!!

投稿者: ちい (Feb 11, 2010 12:04:36 PM)

正直「ヒウィッヒヒー」って何が面白いの???って感性の違いは仕方がないか。
広瀬香美は大ヒット曲しか知らないけどいいよねぇ。あんなふうに歌えたら素敵だなって思ってたけど。
何かを極める、終わったって意味じゃなく、すごいですよね。
勝間さんみたいにはなれませんが、もうちょっとゆるくいきたい。
関係ないけど、仕事に使うPCは会社貸与だから、勝手なこともできず。私物を無駄にアップクレートして憂さ晴らししてます…。仕事に使う場合はドライバの互換性とか大変だなぁ。

投稿者: kaoelie (Feb 11, 2010 3:39:27 PM)

ちょっと感激な文章です。いろいろなヒトと出会えて、感謝する毎日。ブログでもリンクさせていただきたいです。

投稿者: MTひろ (Feb 11, 2010 10:45:00 PM)

病院で作業療法士というリハビリテーション専門職の仕事をしています。

この記事をよんで「なるほど」と思いました。

わかりやすいです。
参考になります。

自分にはなかなか「すぐれた才能ある人」「尊敬できる人」「将来目指したい人」がいないのが悩みです。

見つけていかなければいけないなと思いました。

投稿者: きょうこ (Feb 12, 2010 3:24:29 AM)

なんとなく感じていることを勝間さんは文章にしてくれるんだなぁと改めて思いました。言葉は不完全なものだけどとても心で感じていることに近い。
はじめ勝間さんは話し方などから近寄りがたいイメージでしたが(特に関西人からすると)カツケンで楽しそうにしている様子を見て好きになりました。
ご活躍を楽しみにしております。

投稿者: usa (Feb 12, 2010 4:45:24 AM)

本当に良い文章です。感動致しました。いつも勝間さんの生き方には尊敬するに値する何かが隠されています。これからも努力を続け、自分と人がいかに調和出来る社会を作れるか&貢献出来るかを基盤に、友人との関係も上手く築いていけたらと思っております。今30代ですが、勝間さんに少しでも近づける様に、日々考えながら、時間を有効に使う様に計画立てて生きております。本当にありがとうございます、そしてこれからも応援しておりますね!

投稿者: ささもと (Feb 12, 2010 5:07:32 AM)

twitter経由で来ました。
私もブログを書いてますので、内容だけでなく表現をいろいろ考えて書いているつもりですが、やはり勝間さんのような人にはなかなか追いつきません。
この記事を読んで改めて思ったのは、いい文章を書く人というのは、知識・教養だけではなく、いい出会い・いい人づきあいができている人だということ。
逆に、荒れた文章を書く人は、あまりいい出会い・いい人づきあいができていないんじゃないか、とも思えます。

それにしても、

>私もここ1年間、香美さんのアドバイス・サポートがなかったら、大量のメディア出演の仕事はさじを投げていたことでしょう。それでも、ポイントポイントで素早いアドバイスをもらい、こちらが困っていたり悩んでいることについては此までの経験からこうした方がいいのではないかということを教えてもらい、何度もさまざまな危機を乗り越えることができました。

これは本当に驚きでした。
勝間さんがそんな状態だったということ、そこに広瀬さんがかかわっていたということ。
意外なドラマです。

今後のご活躍を期待しております。では。

投稿者: ささもと (Feb 12, 2010 5:20:58 AM)

http://bit.ly/9iga2A ←この言葉を使って書くと、フィルターに引っかかってしまいました。ひらがなでもローマ字でも引っかかってしまいました。
「荒れた」と換えましたが…ご報告まで。

投稿者: 長咲 (Feb 26, 2010 12:14:00 AM)

すばらしい!と思いました。

そうですよね、改めて納得!の友人との関係の築き方ですね。

投稿者: wistelia (May 21, 2010 10:17:10 AM)

すぐれた才能ある人たちと一緒に楽しく成長するための4つのポイント、早速手帳にメモしました。

自分が少しずつでも成長しようと努力し続けていれば、
おのずとつきあう人脈も変化していきます

人生の中で「親友」と呼べる人は、数人かもしれませんが、
魅力的な人達と共に成長し、得意分野でフォローし、
苦手分野のアドバイスを損得なしでいただける・・・

そんな豊かな人間関係を築き合うことが、
生きていて一番楽しいです


これからも得意分野でのご活躍、
楽しみにしています

カテゴリー