« 階層化社会に直面すると言うこと | トップページ | "The 50 Women to Watch 2005"から考えた、ニュースの4つの法則 »

October 29, 2005

マイル・Edy・クレジットカード~仮想ポイント狂想曲


今回は、ポイントサービスのポイント同士の交換機能について考えてみたいと思います。

最近、ポイントサービス、具体的にはマイレージやクレジットカードのポイント、楽天ポイントにビックカメラポイント、ドコモプレミアクラブなど、私たちはポイントサービスに囲まれて暮らしています。

今日の午後、ふと思いついて、普段使っているサービスのポイントを、おサイフケータイのEdyにどこまで集めることができるか、試してみようと思いました。

いやぁ、手続きが難しくて、頭がこんがらがってしまいました。ちょっとランダムになりますが、下記に今日わかったことを書いていきます。とにかく、早く誰か、もっと標準化をして、わかりやすい交換所でも作ってください。

1. ほとんどの交換機能は航空会社のマイルをもっともプレミアムの高いポイントとしてハブとしている。JALよりはANAの方が熱心。楽天やビックカメラなどの商品系はレートが弱い。

2. Edyへポイントを交換する場合には、ルートによって、実にまちまちな値段となる。例えば、同じVISAブランドでも、三井住友とソニーファイナンスでは交換レートが異なる。

3. ポイント同士の交換は、全体的に時間がかかる。唯一ANAマイル-Edy交換は即時にできたが、他はすべて数日~1ヶ月必要。

4. 最後の結論-多くの場合、所詮1-3の内容をすべて検討し、コスト計算をして、ポイント変更するほどには割に合わない。マイレージやポイント交換はある種、趣味だと思った方がよい。

以下、具体的に一つ一つ説明していきます。

1. ほとんどの交換機能は航空会社のマイルをもっともプレミアムの高いポイントとしてハブとしている。JALよりはANAの方が熱心。楽天やビックカメラなどの商品系はレートが弱い。

最近ではようやくEdyが共通機能としてでてきたものの、やはりポイント交換の柱は航空会社マイレージのようです。どのポイントもマイレージに交換ができるようになっています。しかも、交換比率がとても航空会社に有利になっています。

例えば、楽天-ANAマイルの交換は、楽天からANAに換えるときには2ポイントが1.5ポイントに減りますが、逆は減りません。クレジットカードからANAマイルの変換には、1年間に2,100円の手数料がかかるところがほぼ大半です。

JALへの交換はあるところとないところがありましたが、私が見た範囲では、ANAへの交換は、ほぼすべてのポイントプログラムにありました。

2. Edyへポイントを交換する場合には、ルートによって、実にまちまちな値段となる。例えば、同じVISAブランドでも、三井住友とソニーファイナンスでは交換レートが異なる。

さて、私が目的としていたEdyへの変換ですが、だいたいこんな感じのレートになりました。それぞれ、そのサービスを1,000円使ったときについてくるポイントをEdyに換えたときの還元率です。

・JCB 1,000円利用→1ポイント→ANAマイレージ3マイル→Edy 3円 (0.3%)
・SONY eLIO(VISA系) 1,000円利用→1ポイント→Edy 3円 (0.3%) 手数料なし
・三井住友カード(VISA系) 1,000円利用→1ポイント→Edy 5円 (0.5%) 1回の交換に付き30円の手数料
・楽天 1,000円利用→10ポイント→ANAマイレージ7.5マイル→Edy 7.5円 (0.75%)

意外と違って、0.3~0.75%までばらつきがありました。また、楽天ポイントとかはよく考えると、クレジットカードのポイントもついているので、合計すると、まぁ、そこそこの金額になります。

で、私が発見した、もっとも換金率が高いルートは下記でした。というか、下記が限界のようです。

ANAの提携カード、例えばANA JCBやANA VISAのゴールド会員になる

年間100万円以上使って、プレミアム会員になる。

1,000円に付き1.5ポイントもらえるようになる(通常は1ポイント)

1.5ポイントをポイントあたり10マイルに換えると15マイルになる

Edyに戻す。

これで、カード利用1,000円ごとに1.5%、Edyをもらえるようになります。楽天とかでANA JCBやANA VISAで買い物をすると、さらにこれに0.75%が加算されることになります。

また、Edyを使うときには、ANAのマイレージ登録をしたおサイフケータイか、ANA JCBやANA VISAのEdy機能付きを使うと、200円ごとに1マイル、すなわち、0.5%のEdyのキックバックがあります。

よって、ベストケースでは、使うときに2.25%もらい、その2.25%を店舗で使うときに、さらにその0.5%を返してもらうわけです。

3. ポイント同士の交換は、全体的に時間がかかる。唯一ANAマイル-Edy交換は即時にできたが、他はすべて数日~1ヶ月必要。

とはいえ、これらの交換は、即時性があるわけではありません。唯一即時性があったのが、ANAのマイレージとEdyの交換だけ。ここは、おそらくオンラインでつながっていると思います。他は、みんなバッチ処理、あるいは手入力らしく、どこも最低でも4日間、長いところで1ヶ月くらい、必要でした。

しかも、Edyギフトが贈られてきても、特に案内はないそうで、うーーーん、そんな、20日後に数百円のEdyギフトが送られてくるのなんて、忘れちゃいますよね・・・。

いちいち手続きを調べて、サイトで申し込みをして、1週間以上待って、で、返ってくるのは数百円~数千円です。うーーーむ、という感じです。

4. 最後の結論-多くの場合、所詮1-3の内容をすべて検討し、コスト計算をして、ポイント変更するほどには割に合わない。マイレージやポイント交換はある種、趣味だと思った方がよい。

というわけで、半日たった結論がこれ、「どうも、おもしろいけれども、手間暇に合わない気がする」。

まぁ、飛行機マイルならともかく、ショッピングで貯まるマイルや楽天ポイントなんて、たかがしれています。例えば、年間100万円つかっても、Edyへの最高の還元率でせいぜい、1.5%。

ANA JCBやANA VISAのゴールドカードの年間会費は1.5万円ですので、それだけで消えてしまいます。ふつうの会員でもいいのですが、その場合には、還元率が0.3~0.5%とか、著しく悪くなります。

これに、ひとつひとつ制度を調べ、おサイフケータイやEdy付きのカードを用意し、パソリのようなパソコンとEdyのやりとりをする機械を用意し、なんてすると、もう、はっきりいって、ただの趣味です。切手収集と一緒ではないかと思います。

とはいえ、おもしろいので、私もついついANAマイレージの収集に走ってしまっているのは事実。しかし、この前国内線に乗ろうとしてマイレージを使おうとしたら、なんと1ヶ月前なのにもうマイレージ用の空席なし。仕方なく通常の予約をしましたが、本来の使い方をすごく制限して、このようなマーケティングツールとして活用されているのは本末転倒ではないかと思ってしまいます。

だれか、航空マイレージ以外のまともで使い勝手のいい、交換ポイントを開発してくれないでしょうか?また、航空マイレージは航空マイレージで、交換機能ばかり充実させずに、本来のマイレージの使い方をもっと充実させてほしいと思います。

よって、しばらくは付加サービスの域を出ないかと思っていますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか?

2005 10 29 [2.実体験観察から] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: マイル・Edy・クレジットカード~仮想ポイント狂想曲:

» マイル中心生活? from フライング
マイル獲得を意識しだしてから、何をするにもそれを基準にしているようだ。 買い物で... 続きを読む

受信: Oct 30, 2005, 5:45:37 PM

» ANA JCBカード届きました from べるのウマーなブログ!
Edyに入金可能になったので申し込んでいた、 ANA JCBカードが本日到着しました。 VISA,eLIOはすでに持っているので3枚目のANAカードです。 eLIOはお得なところが少ないので、今後はどうしようか検討中。 10月20日に申し込みして11月4日に到着なので、約2週間でした。 本人確認の電話はありませんでした。 下記に管理人のカードが届くまでを記述しておきますので参考にしてください。  申し込みはWebで行いました。  木曜日・・・10時に申し込み。   1通目のメール... 続きを読む

受信: Nov 9, 2005, 12:00:33 AM

コメント

投稿者: まっち (Nov 1, 2005, 1:21:03 PM)

こんにちは。WSJの件、おめでとうございます!!!
本題です。
アマゾンとTBSの新サービスのアイデアにあった、「番組マイレージサービス」も面白いというか斬新なアイデアだと思いました。TVというスポンサー側がお金を払っている物に対して、視聴者側への還元だという点と、CMを見るとボーナスマイルがつく点が。
CMを見たという事をどのように判断するのかも興味があります。

投稿者: 清嶋 (Nov 1, 2005, 7:35:29 PM)

ご無沙汰しております。WSJの件、おめでとうございます!週末の日経新聞も拝見しました。

さて、私はポイントより現金還元派です。最近株価が暴騰気味のポケットカードのカードをメインで使っていますが、請求時に1%割り引かれます。さらにポイントが0.33%分ぐらい付きます。1.5%分のポイントに比べれば若干不利ですが、何の手続きをしなくても割引されるのはなかなか魅力的です。

投稿者: c_breaker (Nov 2, 2005, 10:44:57 PM)

ムギさん初めまして。お話おもしろーい。切手収集にたとえた所で爆笑してしまいました。ところで実は私はかなり濃いめの切手収集家なのですが(笑)、イギリスでは年金を運営する団体が、資金運用の一環として珍しい切手に投資したりしているようです。趣味というだけの話でもないのですね。たとえばこんな感じで。http://www.stanleygibbons.com/investments/ また面白いお話、楽しみにしています。

投稿者: kazu (Nov 3, 2005, 8:14:18 PM)

WSJの件、おめでとうございます。今、情報断食の末期におりまして、新聞、テレビ等、ニュースソースを絶っており、畑で知った次第です。

マイレージという単語は、航空会社が始めたサービスですよね。そこから、各業界で、早割サービスとか、一般的になってきていますね。面白いですね。

ポイントと言えば、昔、食パンを買ってポイント貯めて、お皿をもらった子ども時代を思い出します。山の中で、他にすることもなかったし、一枚ずつ、丁寧にパンの袋からシールをはがし、台紙に貼っていくのが楽しみでした。

マイレージ用の座席ってあるんですね。知りませんでした。マイレージは、私の身近な人は、国際線のビジネスクラス以上で使っているようだけど。自分の出張というよりは、家族の帰省などの為に、使っているみたいです。

それにしても、ポイントって、税金の対象とか、どうなるんでしょう?地域通貨の勉強会で、税制などの課題について話題になった時から、気になっています。

私は、オーバーヘッドを嫌うので、ポイントもマイレージも嬉しくないです。そんなことよりも、実業務の性能や接客サービスを上げた方が良い派。そして、現金派です。ですが、オンラインで、バンクからマネーをedyなどに移し、それですべての生活が成り立つなら、それが一番ですね。掛け買いというの、昔はあったと思うのですが、今は、無いのでしょうかね。

長々とすみません。なんだか、面白いなと思って、読ませていただき、書いているうちに長くなってしまいました。m(__)m

投稿者: ムギ (Nov 5, 2005, 12:09:18 AM)

まっちさん、こんにちは。

あーーー、いいアイデアですね。番組マイレージ。なにかそういう、プロアクティブな要素をテレビに入れた方がいいですよね。

あとでもうすこしみてみまーす。

投稿者: ムギ (Nov 5, 2005, 12:16:03 AM)

清嶋さん、こんにちは。

へぇ、そんなカードがあるのですか。知りませんでした。わかりやすくていいですね。ちょっとあとで、こちらもチェックしてみます。

ありがとうございました。

投稿者: ムギ (Nov 5, 2005, 12:27:55 AM)

c_breakerさん、こんにちは。

そんなに受けていただいて、何よりです。

そうなんです、切手とポイントの根っこは同じ。

換金性はあるけれども、換金するよりは、集めるところのプロセスが楽しいんですよね。

これは、小さい頃、カード遊びをしたものに共通しますね。

おそらく、太古の頃から木の実を集めてよろこんでいた名残でしょうか?

投稿者: U2QMS (Nov 12, 2005, 2:39:37 PM)

はじめまして パート2(お昼の番組みてないと分かりませんね、このギャグ)

私も同じこと(マイレージに集めてEdyでもらおう)と考えました。
でも、30分くらい考えて割に合わないことに気づきました。
一番ネックになっているのは、やっぱりANAカードの会費の高さです。せめて「○マイル以上あればただ」くらいにしてくれればいいのですが。
ただ、この「○マイル以上」という条件だと、Edyに交換したところで会費が発生するのでだめですね(自爆)。

投稿者: ムギ (Nov 12, 2005, 7:08:36 PM)

U2QMSさん、こんにちは。

そうなんです。結局1.5万払っていることが割に合うかどうか・・・。

例えば、200万円年間使って、1.5%帰ってきて3万円。で、1.5万払ったら、結局0.75%。

しゃれになりませんねぇ。

投稿者: U2QMS (Nov 12, 2005, 11:25:39 PM)

こちらでもお返事ありがとうございます。
自分もブログを開いていますので、コメントの大切さと大変さは理解しているつもりです。本当にありがとうございます。

そうです。あの1.5万円。あれは「これをもったいないと思わないほどのお金持ちに入ってくれ」というメッセージだと、私のようなビンボー人は思うのです。

いえ、訂正します。

当たり前の経済感覚があれば、1.5万円は高いと思うと思うのですが・・・。

あのサービス内容にぴんとこないというのがあるし・・・。
やっぱりお金持ちにならなければ分からないのかなぁ・・・。

なんてことを思いますが、的外れでしょうか。

投稿者: ムギ (Nov 15, 2005, 11:50:24 PM)

U2QMSさん、こんにちは。

うーーーん、やはり、あのキラキラーーーと光る、しかもマイレージ付きのカードを出すところになんとなーーーく、1.5万円の価値があるのではないでしょうか?

アメックスは会社から1枚もらっているので、自分のカードを作ろうかどうか悩んで、辞めてしまいましたが、けっこう、ゴールド、ブラックなどちまちまと階層に分かれていて、自尊心を高める仕組みになっているのもおもしろそうです。

1-2万の違いというと、やはりシャツでしょうかねぇ。通販の3,900円のシャツを着ているときと、ブランド系の3万円のシャツを着ているときだと、なんとなく気分が違ったりします。

きっと、カードもそんなものかなぁ、と思えば納得できませんか?

しかし、確かに冷静に考えると高い・・・。

投稿者: U2QMS (Nov 16, 2005, 12:15:01 AM)

ムギさん

お返事ありがとうございます。
ムギさんのお返事を読んで「金持ちにならなければ分からないんだ、ゴールドカードの価値は」と悟りました。

というのも。

「冷静に考えると確かに高い」のです。そうなんです。
それでも「けちだから金持ちになれる」といわれているお金持ちの皆様が持っているんだから、やっぱり金持ちにならなければ、野口さん15人を支払うメリットを感じられないのだと思うのですよね。

カテゴリー