« テレビのタイムシフト・ロケーションフリーから考える進化系 | トップページ | インターネットの進化を考える~テキストから音声・画像への流れ »

March 21, 2005

Gmailはメールの概念を変えるのか?

Gmail

Gmailというサービスをご存じでしょうか?

これはGoogleが提供するフリーメールサービスで、ユーザーに1Gの容量と、Googleによる検索機能を提供するものです。Webメーラーですが、POPにより普通のメールソフトで対応することも可能です。

Googleの収入源は今後広告収入になるようですが、そのため、自分のPrivacyに敏感な人にはむかないと思います。私はあまり敏感ではないので、重宝しています。

すでに違うメールアカウントを持っている人が多いと思いますが、私は自分のniftyのメールを全部gmailに転送して、かつgmailから出すメールもReply toをniftyにするようにしているので、両方のメールをほとんど不自由なく使い分けられ、かつ、gmailにniftyに来るメールをストアできるようになっています。

Gmailが他のメールと違うのは、以下の点です。

1. 1Gの容量があるのでメールを削除する必要がない
2. 同じ流れのメールは会話形式でわかるようになっている
3. LabelやStarなどの概念により、メールを分類できるようになっている

こういうストア型のサービスが真価を発揮するのは自分専用のデータベースとしてしっかりとメールがたまったときだと思いますが、これでいろいろくるメルマガもとりあえずここにためておいて、必要なときにgoogleの検索エンジンで検索する、という使い方ができるようになると思います。

興味がある方はぜひ、お試しください。

2005 03 21 [7.ブログ・アフィリエイト関連情報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Gmailはメールの概念を変えるのか?:

コメント

カテゴリー