« 「クオリア」について考える~楽しい消費と普通の消費の違い | トップページ | DVD-R, DVD-RW, DVD-RAM ?? これはユーザーの我慢度テストか? »

February 27, 2005

ジーニアスコード体験記その1

ジーニアスコード

フォトリーディングに引き続き、ジーニアスコードのセミナーに出席してきましたので、これから何回かに分けてレポートを書いていきます。

まず、ジーニアスコードとは何か。直訳すると「自分の天才にアクセスするコードの見つけ方」というところでしょうか。まぁ、そこまでいってしまうと大げさですが、要は「イメージトレーニングを使って新しい頭の使い方をする訓練」です。

フォトリーディングがインプット側だとすると、ジーニアスコードはアウトプット側になります。開発者はフォトリーディングを開発したポール・シーリーと、やはりその手の権威で有名なウィン・ウェンガーです。

個人的には、フォトリーディングよりも人によっては応用範囲が大きいし、日常的に使いやすいかな、と思いました。では、具体的に何をするのか。

よく、私たちは何か悩んでいることや新しいアイデアについて、突然頭の中で考え方がまとまって「あ、そういうことなのか」と腹落ちすることかあると思います。

ジーニアスコードは、その気づきを加速するためのツールです。

イメージストリーミングというテクニックがすべての基本になるのですが、呼吸法や体操で頭がほぐれた後、頭に思いつくものをかなり詳細に、五感の表現を使って詳細に言葉にして記録します。そして、その記録を再び自分で思い出して、絵に描いたりしながら、その絵からヒントをえるのです。

イメージストリーミングの応用として、夢を記録する、問題がわからないものについて解答する、想像上の天才と同化をしてみて新しい気づきを得る、想像上の未来世界に旅をする、想像上で自分が作ってしまっている壁をあえて越えてみる、などがあります。

ポイントは以下の通りです。

1. イメージで考える。イメージとは、画像だけではありません。音、におい、感触、味などを含むものです。
2. 脳のエディター機能(いらないものを無意識に排除する機能)でなくなってしまったものを、意識的にエディター機能を休めて発想を変えてみる。
3. 声に出す、絵を描くなど、頭のイメージを別の神経系統を使って刺激をすることで引き出してみる。

講座自体が2ヶ月に一回しかないため、出席したことがある人は少ないと思いますが、出席者の半分くらいはフォトリーディングの講座経験者でした。具体的には、商品開発者などが効果が高いそうです。

私もアイデアを出すのが商売なので、訓練すれば元は取れると思います。その証拠に、40人足らずの出席者に、同業の方がいて(同じ仕事をしている人は200人~300人くらいしかいないので、会うこと自体、とても珍しい)、発想は同じかと思いました。

とりあえず、1週間たちましたが、当面の効果として一番大きかったのは「イメージと声の大事さ」について学んだことだと思います。

前から、お客様にプレゼンテーションをしたり、説明をしたりするとなぜかいろいろなアイデアがわいたり、気づきが出たりする、という体験をよくしていたのですが、その仕組みがわかってすっきりしました。

おかげさまで、ふだんの営業の電話もイメージトレーニングやアイデア出しの一貫だと思うと、これまでの義務感的な発想から、ブレストの一種として聴いていただける相手がいる、という考え方に180度変わりまして、仕事がとっても楽しくなりました。

今回は前触れだけで、具体的なやり方についてはまた次回としたいと思います。アイデア出しや、声に出す商売をしている人には大変お勧めのセミナーです。

こういう事が聞きたい、等がありましたら、予めコメントでいただければ、次回以降のレポートに入れていきますので、よろしくお願いします。

2005 02 27 [5.生涯学習の勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ジーニアスコード体験記その1:

» イメージ・ストリーム〜学習促進情報交換スレ from blogn.a136.com
能力開発@netabbsより引用しました。(この能力開発掲示板のスレッドは、4/4閉鎖される予定です。)元のデータは、リンク先に保存しておきます。 -------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------- 1... 続きを読む

受信: Apr 13, 2005, 5:17:33 AM

コメント

投稿者: AS (Feb 28, 2005, 12:59:38 PM)

ムギさん、こんにちは。
以前にコメントさせていただいたASです。

先日フォトリーディングのセミナーに行ってきました。
その感想はと言うと、

    行って良かった!!

です。やっぱり本だけでは身に付けることのできない
ノウハウがありましたし、自分を向上させたいという
人たちが沢山いることに勇気をもらいました。

本の中の情報をすべて取り込もうとするのではなく、
自分にとって必要な情報をとりこめばいいというのが、
目からうろこでした。

マインドマッピングも実際にやってみると、自分が
本の内容のポイントをかいつまんで理解できている
ことに感激しました。
(実はやる前は懐疑的だったんですが・・・)

セミナー後、改めて「10倍速く本が読める」を読んだら
セミナーで行ったすべてがきちん書いてあったのに
自分はほとんど実践していなかったことに気付いて
しまいました。これじゃあ、うまくいきませんよね。

とにかく、すごいツールを身に付けた。もっと技術が
向上すれば、面白いことになると思っています。

背中を押してくれた、ムギさんに感謝します。
ありがとうございます!!

ムギさんは、すでにジーニアスコードの講座を受けられ
たんですね。経過報告を楽しみにしてます。
それでは、失礼いたします。

投稿者: メセニ (Feb 28, 2005, 9:37:33 PM)

ムギさん

「気づきを加速するためのツール」

私が仕事をうまく進めるために
切望しているツールです。

次回を楽しみにしています。

投稿者: ムギ (Feb 28, 2005, 10:30:44 PM)

ASさん、こんにちは。

フォトリーディング、成果があって本当に何よりでした。少しでも、お役に立てて、幸いです。

そうなんです、何でも書いてあるんですが、わかってないと残らないんだな、と私も読み直して痛感しました。

フォトリーディングは受けた直後より、確かにずっと続けた後の方が楽しそうですね。

情報処理の方法を体系的に教えてもらうのは社会人になってもなかなか機会がないので、行ってよかったと私も本当に思います。

その後、またどんな変化が起きたか、教えてください。

投稿者: ムギ (Feb 28, 2005, 11:17:03 PM)

メセニさん、こんにちは。

そうなんです。考え方が変わると、そういうアイデア想起もよくなるかなぁ、と思っています。

とりあえず、少しずつ試してみます。

なお、この講座はセミナーに出るとホームスタディ講座もおみやげでくれますので、セミナーにもし出る気があるのでしたら、初めからそちらに出た方がお得なようです。

英語だと$160から買えますので、英語に自信がある人でしたら、そちらでも可だと思います。

さて、今日もこれから、ハイシンクタンクという、30日間の継続プログラムをやってみます!!

投稿者: 知りたい人 (Mar 4, 2005, 2:20:59 PM)

明日、明後日とフォトリーディング受講してきます。
のご報告だったのですが、
ムギさんはまたしても楽しい講座を受講されたんですね。
ジーニアスコードも気になる。
フォトリーディング受講後また寄らせて頂きます。

投稿者: ムギ (Mar 4, 2005, 11:00:19 PM)

知りたい人 さん、こんにちは。

この週末はとうとうフォトリーディングですね。

結果報告、楽しみにしています

カテゴリー