« ITをInformationとTechnologyに分けて考えることの意味 | トップページ | 「共感覚」から考える脳の仕組み »

January 12, 2005

時間を管理する方法-知っておくと役立つ3つの着想

wm style banner

ワーキングマザー・スタイルというブログ形式のサイトで、インタビューを掲載していただきました。

そして、このインタビューで、さも時間管理が昔からできているように言っていますが、誤解を与えそうなので、罪滅ぼしの補足をこちらに記述します。

現状は確かに時間管理には昔ほどは困っていませんが、中途にはありとあらゆる試行錯誤がありました。なぜなら、脳は消去法で物事を記憶するのですから、失敗の山から現状があるわけです。

いろいろな試行錯誤の中で、「6時間睡眠」「完全週休2日間」「残業は2時間を限度とする」現状を構築するのに役だった3つの着想を紹介します。

1.自分のミッションから優先順位をつける
2.自分の無意識にどんどん仕事をさせる
3.時間の節約に対する投資を惜しまない

以下、具体的に説明します。

1.自分のミッションから優先順位をつける

やりたいこと、やらなければいけないことはほっておくと、一日簡単に30-40時間分くらいになってしまうと思います。これを、寝る時間を6時間、食事とリラックスの時間を4時間として、残りの12-14時間で仕事も含めて活動をするためには、優先順位をつけるのが必要です。

優先順位の付け方、難しいですよね。これは企業の調査でも、個人の調査でも同じなのですが、一番簡単な方法は

自分の価値観→ミッション→目標

という順番から無理矢理にでも、順番の軸を決めてしまうわけです。そうすると、かなり具体的に落とすもの、拾うものが出てきます。

フランクリン・プランナーはその設定をするためのフォーマットが一通り揃っていますし、フランクリン・プランナーでなくとも、手帳に自分のミッション・ステートメントと目標を書いておくと、捨てるべきものが明確になってくると思います。

2.自分の無意識にどんどん仕事をさせる

様々な調査によると、人間の活動や行動の95%くらいは無意識に行われているそうです。例えば、私は今パソコンの前でキーボードを叩いていますが、意識しているのは何の文字を叩くか、ということであり、具体的に指をどう動かすか、などはすべて無意識に仕事をしているわけです。

寝ているときに情報整理をしたり、時間節約のための習慣化した動作をする、そういうものはすべて無意識の役割ですので、意識レベルでの時間管理だけではなく、無意識レベルでの時間管理・情報管理を心がけます。

例えば無意識の時間の代表である睡眠時間を有効活用するため、寝る前の瞑想の時間を取り、十分な睡眠時間を取ると、起きている時間の仕事が知らず知らずに効率化したりします。

フォト・リーディングも無意識を活用したツールの一種ですが、こういうものを積極活用して、例えば新聞(今、経済誌・専門紙3紙・一般紙1紙を読んでいますので、すべてちゃんと読むとどんなに時間があっても足りません)を読んだりする時間を節約します。

3.時間の節約に対する投資を惜しまない

時間の節約のための道具類にお金をかけます。例えば、以下が具体例です。

・よい手帳を使う
・文具類をしっかりとそろえる
・圧力鍋、保温鍋などの調理器具をそろえる
・ラベル・収納などでものを整理整頓をする
・ECサイトや通販を上手に活用する
・TVはHDDレコーダーで取って、CMはスキップしながら見る

アナロジーで言うと、トヨタのカイゼンが参考になると思います。明日の仕事が少しでも楽になるためには今日何をしておくべきか、というのがトヨタのカイゼンの考え方ですが、明日の仕事を少しでも時間を短くするためには、どこに今何を投資しておくべきか、ということをまるで工場の機械投資のように作り込むわけです。

以上はあくまで私が見つけたものですので、みなさんもぜひ、いろいろな方法の中から時間、という資源を有効に使う方法を発見し、試してみてください。

2005 01 12 [2.実体験観察から] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/2546783

この記事へのトラックバック一覧です: 時間を管理する方法-知っておくと役立つ3つの着想:

» ムギさんこと勝間和代さん from 有限会社の設立 奮闘記 by 村山らむね
ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]のインタビューコーナーも3回を迎 続きを読む

受信: Jan 12, 2005 3:32:09 AM

» 能率を上げる勉強術~大人のための勉強法 from 個人的 書評ブログ
和田 秀樹 大人のための勉強法 勉強法について書かれている本は多い。しかし、それらは科学的検証はされていないし、個人によって合う合わないの違いがあるのは当然ある。 そこで必要なのは、それらを実際に試してみる態度だ。それにより、今までのやり方より... 続きを読む

受信: Jul 12, 2005 9:49:51 AM

コメント

投稿者: AS (Jan 13, 2005 7:27:20 AM)

はじめまして、ムギさん。このブログを始めて読んだとき、
こんなにビジネスや人間としてのスキルアップを体系だてて
考えている方がいるんだなと驚きと供に感動してしまいました。

今回のお話も人間の行動のほとんどが無意識だなんて・・・
確かに自分の行動を振り返ってみると無自覚に選択している
・・・時間を無駄にしているのがよく分かりました。

やっぱり時間の節約の投資が大事ですね。まずはフォト・
リーディングのセミナーを受講します。これで情報収集能力
は格段にあがるはず!!

これからもすばらしいお話、期待してます。

投稿者: ムギ (Jan 13, 2005 3:08:16 PM)

ASさん、はじめまして。コメントありがとうございました。

どうでしょう。系統立てて考えていると言うよりは、興味の赴くままに勝手に考えている、と言う感じです。

フォトリーディング、おもしろいですよ。園先生がお勧めです。

またぜひ、いらして、コメント等していただければ幸いです。

投稿者: AS (Jan 31, 2005 12:19:00 PM)

ムギさん、こんにちは。とりあえずフォトリーディング講座の申し込みをしました。二月中旬に三日間のコースを受講予定です。お勧めの園先生ではなく、山口先生です。三日間の方がじっくりできるかなと思ったもので・・・。すいません。

僕が、フォトリーディングに期待しているのは、やはり情報収集のスピードと理解力の向上ですね。すでに本は購入して、試してみたものの、若干読むスピードが上がったかなという程度です。

そこで神田先生のDVDを取り寄せて、フォトリーディングの講座紹介を見たのですが、やはりフォトリーディングをマスターした講師の方から教わらないと、分からないことがあるなと感じました。(紹介DVDを見ただけでも得るものが沢山ありました。)

そこで、ムギさんのブログにコメントさせていただいたように、実際に講座を受講しよう決意しました。申し込むまでに、ちょっと時間はかかりましたが・・・。

受講後にムギさんに背中を押してもらったお礼に代えて、感想をコメントさせていただきますので、よろしくお願いします。

投稿者: ムギ (Feb 1, 2005 1:21:19 AM)

ASさんこんにちは、コメントありがとうございました。

いえいえ、きっと山口先生でも、園先生でも、同じようにおもしろいと思います。

フォトリーディングは行ってよかったなぁ、と思ったのは、やはり「速読」というよりは、「物の見方・考え方」にシフトが起こったことだと思っています。

そう、ああいう講座は行くの時間かかるんですよね。私もメルマガで知り合った方にメールで「ぜひ行った方がいいですよ」と言われるまで、なかなか行動できませんでした。

コメント、楽しみにお待ちしています!!!

コメントを書く






カテゴリー