« メルマガ開始にあたって、ブログの目的の再整理 | トップページ | フォトリーディング・セミナーに行ってきました その2 »

December 08, 2004

フォトリーディング・セミナーに行ってきました その1

あなたもいままでの10倍速く本が読める

表紙

みなさん、フォトリーディングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

私は神田昌典氏の著書と、本調子という本の2つではじめて知りました。詳しくはあなたもいままでの10倍速く本が読めるの本に載っています。

フォトリーディングとはなにか? 正確にはフォトリーディング・ホールマインド・システムといいます。ホールマインド・システム、と言うところがミソなのです。技術そのものよりは、情報処理に対する考え方、といったほうが正確かと感じています。

私なりの解釈によりフォトリーディングとは、「これまでの文字処理のみによる遅い脳の使い方から、画像処理の速い脳の使い方を併用することで、飛躍的に情報処理能力を高める技術」です。マインドマップなどと同じ、加速学習方法の一つです。

フォトリーディングのセミナーに行ってきて、ようやくその理念が理解できたので、これから数回に分けてブログに書いていきたいと思います。この理論は加速学習という切り口から考えると大変おもしろい話です。

概念自体はおもしろく、とりあえず、本を買ったのですが、この技術は水泳とかピアノとかかなり技術的な肉体動作を伴うものなので、どうも本だけだと飲み込みきれない。

どうしようかな、と思いつつも半年以上そのままになっていたのですが、12/4~12/5(2004年)の二日間、とうとう実演講習に行ってきました。

結論から言うと、いや、このセミナーはおもしろい。特に学習理論や脳の働きに興味がある人には絶対お勧めです。ただし、講師は後述する園先生でないと、そのおもしろさは半減するかもしれません。しくみがわかってくれば大変実用的でもありますし、方法論なので、多彩な応用が可能です。

では、新しもの好きの私がなぜ半年もセミナーに行かずに躊躇していたのか。それは、以下の二つの理由です。

1. セミナーの値段が11万円もする!!
2. フォトリーディングの本に書いてあることや、体験談がどうも、話がうますぎてうさんくさい。

正直、1+2をみると、これは自己啓発系の新たな商売、具体的には行くと「信じるものは救われる」的なセミナーだったり、あるいは高い教材を売りつけられたり、中身が薄っぺらいのにネットワークビジネスでアフィリエイトがあるから高かったり、そんなのではないかと想像していたわけです。

また、実は神田氏の著書ではかなりおおげさに書いてあるので、ますますうさんくささを助長していたのですが(神田先生ファンの方、すみません)、多少、「お、そうでもないな」と思い出したのは、本調子の本の方で、多数の著者が本当に使っていると言うことを知ったからです。

このブログを読んでメールをくださった方や、仲のいい友人でも実際にフォトリーディングの講習を受けた人たちも出てきていていました。

よく考えると、私は月にセミナー代金と同等の11万円以上をアマゾンに払うこともしばしばなので、もし本当に10倍で読めるようになれば、図書館で借りて返せばいいのでアマゾンで買う必要がなくなるし、あとは日々メールに届く、仕事上の山のようなレポートもさくさくと読めるようになればおもしろいと、とりあえず投資してみることにしました。

正直、自腹を切って行くセミナーは本当に久し振りです。それでも、行ったらうさんくさかったらどうしよう、とドキドキしながら、実際に出席した人からメールで推薦を受けた園先生の講座に足を踏み入れたわけです。

時間はセミナー開始の10分前に会場に到着、そんなにやる気満々でもないので課題図書ももっていかなければ、準備に何が必要かもわからないまま行った体たらくでした。びっくりしたのが、行ってみると10分前なのにもうほとんどの人が着席中。とりあえず、もう後ろの方しか空いていないので、後ろの方に着席。

会場に集まっているのは、20代後半と30代前半の方が中心でしょうか。それでも、10代から60代風の方まで、37人が受講していました。

そこにスノボ講師もやっているという私と同じ年の園先生がやってきました。私たちの机の上には外国のおもしろそうなおもちゃがたくさん。さて、それから、2日間の講習が始まりました。

そして、その2日間で、私の「記憶」というものに対する概念はすっかりと変わるわけです。なるほど、だから、「ホールマインド・システム」がフォトリーディングの後に付くのですね。

このあと、その2でセミナーの続きを書きますが、セミナーに行ってからのとりあえずの3日間の成果は以下の通りです。

1. 専門書を読むことが苦痛でなくなった

2年前に買ったまま、ずっと手をつけていなかった専門書をフォトリーディングのテクニックをつかっていくつか読むと(40分くらい。普通の読み方をしたら5時間くらい?)、すばらしいことが書いてあった。2年間、これをしらなかったなんてなんてもったいないという内容でした。

たぶん、フォトリーディングの手法を知らなければ、読むのに時間がかかるのでずっとこの先もほっておいたでしょう。なるほど、これがマインドの持ち方の変化な訳です。

2. 自分の考え方のまとまりが早くなった

仕事がらみですが、二つほど大きな課題の進展がありました。どちらもやらなければなあ、と思いつつも文章処理のめんどくささに躊躇していたものですが、文章処理のスピード、特に受け入れ側に自信がついたので、歩を進めることができました。

当面のROIはこのような形です。では、なぜ内容がすばらしいのかは、加速学習の話と合わせてその2に持ち越します。

(PhotoReadingおよびフォトリーディングは米国ラーニングストラテジーズ社の登録商標です。)

2004 12 08 [5.生涯学習の勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/2191769

この記事へのトラックバック一覧です: フォトリーディング・セミナーに行ってきました その1:

» フォトリーディング集中講座受講! from Coolog
フォトリーディング集中講座というのを受講してきました。 これは正確にはフォトリ... 続きを読む

受信: Jul 26, 2005 2:52:35 PM

» 『あなたもいままでの10倍速く本が読める』 ポール・R・シーリィ (著) from joy
僕は少し難しい本を読むと一回で理解することはあまりありません。一回目はほとんど理解していないこともある。しかしなぜか、全然理解していないのに、ページを読み進め日本語を頭の中で読んでいきます。 そして二回目に読むと、その本が意外と理解できていくことがあります。一回目のときは全然理解していなかったのに、二回目に読むと自然に文章からイメージができてきます。スピードはゆっくりなのですが、一文字一文字が頭に入ってくる感じです... 続きを読む

受信: Jun 20, 2006 6:50:44 PM

コメント

投稿者: Mio (Dec 8, 2004 9:14:51 PM)

ムギさん、こんばんは。

フォトリーディング、行こうかどうしようか躊躇していたところでした。

私も専門書を読むスピードをあげたかったのですが、対費用効果(普通の人よりかなり「にぶい」私が本当にこれだけのお金を払ってその技術が確実に身につくのか?)というところが??だったので今回のブログはとってもタイムリーでした。

参加者全員が確実に一定レベルのスキルを身に付けられたのかどうか、というのがとっても気になっていますので、そういうところもぜひ、記載していただければ、と思ってます。

「その2」をとっても楽しみにしています。

投稿者: ムギ (Dec 8, 2004 10:37:31 PM)

Mioさん、こんにちは。

おっと、ばらつきについては正直、間違いなくあります。ただ、これまで本を読む、文章を書く、ということになれていた人はレバレッジが効くと思います。逆に、本を読むこと自体になれていないと、多少時間がかかる印象がありました。

例えば、いまフォローアップのメーリングリストを講師の園先生が立ち上げてくださって、みんなでフォトリーディングの成果を報告し合っていますが、そもそも報告が上がっているのがまだ37人中、6人くらいでしょうか。

11万円の価値は、その後に継続的にやるかどうかだけだと思います。再受講も食事代の実費以外は無料ですし、最後までやりきる気がある限りに置いてはそんなにリスクはないかな、と感じています。

他の先生の場合はわかりませんが、園先生であれば、私は相談されたらどうぞ、と言うと思います。

投稿者: Lammy (Dec 20, 2004 12:47:16 AM)

こんばんは。
園さんの記憶に残る受講生(らしい)らみぃです。初回の研修中に某クライアントがインシデント起こして講習をリタイアし、2回目は発熱、3回目にして受講を完了しました。(3回も受けたのは私が始めてだそうです)
お金よりも何よりも時間を大切にする私が3回も受講したのは、それなりの価値があると考えたからです。で、受けてみた結果は以下のとおりです。
1)書籍を読むスピードは変わらなかった(速読訓練を受けていたから、かな?)
2)目の疲れが軽くなった(目の使い方が上手くなったから?)
3)読んだあとの長期記憶&リマインド力が高まった
読むスピードを上げるというだけであれば、フォトリーディングではなく速読の方が効率的だと思います。でも、3)の力はフォトリーディングの方が圧倒的に高まると思います。

投稿者: ムギ (Dec 20, 2004 10:20:20 AM)

Lammyさん、こんにちは。こちらでもよろしくお願いします。

フォトリーディングにいっていたこと、もっと早く教えてくれれば良かったのに。って、聞かなかったから言わなかっただけ? 今度園先生に印象を聞いてみます(わはは。おっと、でも友人だとわかるとまた「変な人」×2乗でますます印象に残ったらどうしよう)。

1については、私もあまり変わりませんでした。講習中のテストでも同じ。でも、理解度が高まったからいいのかなぁ、と割り切っています。だから、いいのでは?

3については同感です。マインドマップを書くのを省略するともっと早くなりそうですが、そうすると効果も半減するので、どうしようかなぁ、と思っています。

マインドマップはどうしていますか?>Lammyさん

投稿者: Lammy (Dec 21, 2004 10:55:19 PM)

専門書かつ業務で正確に言葉を利用する必要がある書籍の場合のみマインドマップを手書きします。

それ以外の書籍は頭の中で枝が広がっていくイメージを想起したり、外の樹木をながめて「幹が○○で、あの枝が○○で、あの小枝が○○」などと結び付けています。
ガーデニングが趣味だから使える手法ですね。。。あんまり参考にならなくてごめんなさい。

投稿者: ムギ (Dec 22, 2004 11:28:03 AM)

Lammyさんへ、

了解です。使い分けですね。

なれてきたら、私も頭の中でもう少しマップを作るようにしてみます。

ありがとう!!

投稿者: mimi (Feb 25, 2005 12:49:06 AM)

こんばんは。 

lammyさん(もしくはムギさん)にお伺いしたいのですが、
私は今、フォトリーディングとある別の速読講座の両方を受けようと考えています。フォトリーディングは速く読めることもそうですが、3)の効果のほうが重要だと考えているからです。つまり一般的な速読とは別と考えているからです。普通の速読はたんにその技術を身につけてみたい、受けてみたいという気持ちがあります。もし二つとも受けるとしたら、どちらから受ければよいでしょうか。難しいかもしれませんが何か考えを伺えれば、とおもっています。 

投稿者: ムギ (Feb 27, 2005 2:07:02 PM)

mimiさん、こんにちは。

私は普通の速読とフォトリーディングでしたら、間違いなく後者をお薦めします。

両方受けた人もけっこういますが、後者は応用範囲が広いので、考え方そのものに影響を与えるテクニックだからです。

他の方の感想も参照ください。

投稿者: まっち (May 11, 2005 3:40:39 PM)

以下3つの偶然が重なって自分の中で必然となり、
講座を受けるべく夫と調整中です。
・ポールリーシィの本を動物のカンで1年前から持っていた
(でも実際に読んだのはムギさんのブログを見た後(笑))
・ムギさんのブログで紹介されていた
・今日、あるメルマガで紹介されていた
昨年末に大きな買い物(家)をしたので、
受講料に対する金銭感覚も麻痺してる私でした。
自分の弱点の1つは知識が無い事なので、inputの量かつ定着力を増やしたいと思ってます。

投稿者: ムギ (May 12, 2005 11:50:56 PM)

まっちさん、こんにちは。

わはは、そうなんです。だいたい3-4つ話が集まると、逆に「やらないとまずいかなぁ」と思い出しますよね。

知識がある・ないというのは、なんか本人の満足度との比較のような気がします。

ほんと、毎日、「ああ、こんなことも知らなかったのか」なんて思うことが多いのですが、そういうことって実は何十年も、あるいはずっとずっと昔からあったりするんですよね。

というわけで、ぜひ、楽しんできてください。一日2冊くらい、夜寝る前に本が読めるようになるので、けっこう楽しいです。人生変わりますよ(まじめに)。

また行ってきたら、感想教えてください!!

投稿者: Cool. (Jul 26, 2005 3:33:20 PM)

英語のCDいつも参考にさせて貰っています(^^/

ムギさんもフォトリーディング受講されていたとは気づきませんでした。 びっくりして、思わずトラックバック打ってしまいました・・・。 今度はジーニアスコード受講したいなあ!

投稿者: ムギ (Jul 31, 2005 9:14:38 PM)

Coolさん、こんにちは。

そうなんです、フォトリーダーです。あまりまじめではないですが。でも、認知科学の基本がわかって、いいセミナーですね。

ジーニアスも同じですが、たぶん、ここで習ったことをどうやって自分なりにこなしていくか、というのがいいのかなぁ、と思っています。

私は文章を書くことが仕事なので、そういう面に生かしたいと思っています。

ちょっと高いセミナーですが、時間と余裕資金があるときにどうぞ。

投稿者: blue sky (Feb 8, 2006 11:08:37 PM)

始めましてblue skyと申します。
いつも拝読させていただき、多くの気付きをいただいております。

既に旬の話題ではありませんが、どうしても感謝の気持ちを伝えたくてコメントさせていただきます。

半信半疑ながらもチャレンジしたのですが、何とか1日1冊読めています。
セミナーに行かずに本を読んで自己流でやっているので本質的に「フォトリーディング」を理解しているのかどうかは分かりませんが、とりあえずは良しとします。

本来でありましたら、セミナーに行って更に理解を深めたいところなのですが、札幌在住の私にとっては少しハードルが高いですね。。。

とにもかくにもムギさんが私の背中を押してくれたおかげで、世界が広がりました。
これからも拝読させていただき、更なる気付きをいただきたいと思います。

それでは。

投稿者: ムギ (Feb 10, 2006 1:16:59 PM)

blue-skyさん、こんにちは。

そういっていただけると、何よりです。

自己流でも、なんでも、ぜったいやったほうがいいと思います。

是非、続けてください。結構、セミナー、地方の方が泊まりがけできていました。

一緒にコツコツ行きましょう!!

投稿者: blue sky (Feb 10, 2006 10:12:53 PM)

こんばんは。

凄い!
憧れのムギさんからお返事をいただくことができました。

少し前までは不平不満をいうばかりで、行動になかなか移せなかったのですが、今年から心機一転して少しずつでも行動しています。

その少しの行動が、ミッションステートメントを書くことだったり、フォトリーディングを始めてみたり、ムギさんのブログへのコメントを書いたりすることなのです。

少しの行動が更に次の行動へ繋がっていき、まだ遠くではありますが、確実に目標に近づいている実感を得ています。

ムギさんにとっては単なるコメントへの返事かとは思いますが、私にとっては更に背中を押してくれる激励を受けているような嬉しい気持ちになりました。

これからもチョクチョク寄らせていただき、多くの気付きをいただきます。
また、ムギさんにも何かの気付きを与えられるように日々精進いたします!

投稿者: nagi dad (Dec 12, 2007 9:18:47 PM)

はじめまして。nagi dadと申します。
ムギさんの著書「年収10倍アップ勉強法」を読ませていただき、以前から興味があった速読(フォトリーディング)にとても興味を持ちました。
それでもちょっと信じられないので、色々検索していると、
なんとムギさんのこのブログに巡りあってしまいました。
突然訪問していきなり質問で申し訳ございませんが、教えて頂きたいと思います。
この記事のコメント内でのLammyさんとの会話の中で「速読に関してはそれほど効果がなかった」と書かれてますが、書籍のほうでは「読むスピードが上がった」と書かれています。
実際の所はどうなのでしょうか?
速読効果はあるのでしょうか?誰でも現状の5倍のスピードを達成する事が出来るのでしょうか?
また、講習会はかなり高額で難しいのですが、教材の方では効果はないと思われますか?
質問ばかりで申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

投稿者: ムギ (Dec 12, 2007 9:58:12 PM)

nagi dadさん

だいたい普通、1分500-700字ですが、これが数千字まで、上げられます。

速読の訓練というよりは、情報処理の訓練だと思った方がいいと思います。

あとでどうやって11万を回収できるか、めどがあればうけてもいいかと。

投稿者: YamYam (May 19, 2008 1:11:15 PM)

ムギさん、始めまして。
今、いろいろ勉強中のYamYamです。
実はムギさんの著書を本で買ったり、オーディオブックで
聞いたりしてフォトリーディングに興味を持っています。
上の方に「園先生でないと半減してしまう・・・」と書か
れていらっしゃいますが、今現在は園先生は講義をされて
いらっしゃらないみたいですね。私は来月に受講してみよ
うと思っているのです(大阪で)が、講師の先生によって
理解度とかが変わってくるものなのでしょうか?
神田先生の短編DVDも拝見したのですが、神田先生も講義
はされていないようですし、失礼な話ですが、他の先生だ
とどうなのかなぁと少々心配しています。
先生によらず、自分次第なのでしょうか?
変な質問ですみませんでした。

YamYam

投稿者: フリッパー (Oct 3, 2008 11:06:30 PM)

ムギさん、はじめまして。
フリッパーと申します。
フリッパーとは、フォトリーディング集中講座を受講したときのパワーネームです。

ムギさんの「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」を読んで、フォトリーディングを知り、「あなたもいままでの10倍速く本が読める」を購入。それを読んだ上で、ムギさんの「集中講座を受ける方が効率的に習得できる」という言葉を思い出し、受講しました。

私も「フォトフォーカス」や「ブリップページ」というのが、どうも納得できないかんじでした。
しかし、受講してみると、ムギさんの「デジャブ感をつける」という表現がまさにぴったりだな、と思いました。

ムギさんの「7つのフレームワーク力」を読んでも、フォトリーディングした本の書評をブログにすることにしたんです。

そのほかにもムギさんのおかげで、
英語、簿記の勉強を始めました。始めてから3ヶ月が経ちますが、目標設定した効果か、非常に楽しく続けています。日経新聞も読み始めました。

ほんとにムギさんの本に出会ってからかなり自分が変化しました。

ほんとうにありがとうございます。

投稿者: AIRI 高橋章子 (Jul 3, 2010 12:38:14 AM)

私も何年か前に起業直前に自腹を切って、園先生のフォトリーディングを受講しました!

やっぱり、人生楽しく賢く生きていくためには、フォトリーディングは習っておくべきものですよね!

園先生も面白いし、優しいし、園先生は、本当にお薦めの先生ですよね!

投稿者: TOPHE (Aug 23, 2010 8:53:29 PM)

鼻のフックを付けたままテレビ出演するのは、視聴者に対して失礼なのでは?

コメントを書く






カテゴリー