« 「桃太郎電鉄USA」から学ぶ世代文化論 | トップページ | このブログもメルマガ連動にしました »

November 24, 2004

Google Adsenseはなぜすごいのか

Adsense

最近、ブログや通常のウェブで、GoogleのAdsense(上記写真)という広告が目につくと思います。このブログでも右下の方についています。この広告がすごいのが、Googleのエンジンがコンテンツを解釈して、関連が高そうな広告に絞り込んで表示をすると言うことです。

なので、indexページの時と、それぞれの記事の時に広告が変わるし、また、記事が更新されるたびにキーワードが変わるため、違う広告になるわけです。

で、マーケティング的にはこの広告システム、すごいんです。なぜか。それは以下の2点です。

1.ユーザーセグメンテーションが緻密にできるので、ユーザーにメリットが大きい広告が打てる
2.広告主にとっても、単価が他の広告に比べて圧倒的に安い

1.ユーザーセグメンテーションが緻密にできるので、ユーザーにメリットが大きい広告が打てる

これまで、ユーザーのセグメンテーションは大変だと言われてきました。それが、検索エンジンの発達により、いろいろなサービスが可能になっています。

もともとインターネットの本質の一つとして、なるべく人間の思考様式をなぞることにより、人間の潜在力を引き出そうという試みがあると私は思っています。

その中で、キーワードでフックをかける、ということがこれまで検索でしかされていなかったものが、Yahoo!を中心としたバナー広告に発展し、さらに最近はユーザーの作ったウェブに広告をつける、というモデルに変化してきています。

まだベータバージョンでこのブログではうまく設置できませんでしたが、同じ発想でAmazon Searchというものもあります。これは、アマゾンのお勧めのものを表示してくれる機能です。

アマゾンとGoogleの比較で言うと、やはりGoogleのAdsenseの方が、クリックしておもしろい広告が多いので、私はGoogleの方を今はを残しています。

2.広告主にとっても、単価が他の広告に比べて圧倒的に安い

例えば、日経新聞や朝日新聞の一面広告、1,500万円から2,000万円します。雑誌のちょっとした出稿で50-100万円、テレビスポットも数百万からといったところでしょうか。

ところが、このAdsenseのクリック単価はわずか7円から最も高いもので数百円です。新聞に一面広告を出す料金で何回クリックしてもらえることか。

Yahoo!のバナー等も最近はすっかり高くなってきましたので、Googleの方が費用対効果を測る上では、特にニッチコンテンツについてはむいている広告媒体だと思います。

★★★

見逃しがちな広告ですが、クリックすると、コンテンツと関連ある興味深い内容のページに飛ぶことは多いです。もしこれまであまりクリックをしたことがない方は、特に危険はないので、ぜひお試しください。

2004 11 24 [2.実体験観察から7.ブログ・アフィリエイト関連情報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Google Adsenseはなぜすごいのか:

» アドセンスのクリック単価検証ツール from ブログでアフィリエイト!実践日記
アドセンスのクリック単価って知りたいですよね。アメリカではクリック単価を調べるツールがあるようですよ。 続きを読む

受信: Jan 24, 2005, 6:15:06 PM

コメント

カテゴリー