« 神田昌典「非常識な成功法則」はだまされたと思って一度読むべし | トップページ | 睡眠の大事さ »

October 28, 2004

フキゲンウォーターからみるラテラル・マーケティング

Fukigen.jpg

通りがかりにおもしろいネーミングのドリンクがあったので、思わず写真をとりました。それは「フキゲンウォーター」です。

このキャラクターはフッキーちゃんだそうで、ネーミングとキャラクターが、自販機の中でぬきんでて目立っていました。しかも、初めは飲むとフキゲンになるかと思ったら間違いで、フキゲンな時に飲むドリンクだそうです。

今、マーケティングのコトラーですら、成熟市場では、従来型のバーティカル・マーケティングが通用せず、水性型のラテラル・マーケティングに転換すべき、という主張を始めています。

ラテラル・マーケティングの説明については長くなるのでまた別の機会に書きますが、実例で言うと
・キンダーサプライズなどのいわゆる食玩
・シリアル・バーのようなこれまで思いもしなかった食べ物
など、ユーザーにもこれまで自覚されないようなニーズを掘り起こして、これまでの顧客セグメントの考え方とは補完的に市場を開拓する、というものです。

今回のフキゲン、は飲み物を「機嫌が悪いときにココロを落ち着かせるもの」という定義で考えていると想像します。

ラテラル・マーケティングにより詳しくなりたい方は、下記の書籍をとりあえずどうぞ。

コトラーのマーケティング思考法
コトラー表紙

2004 10 28 [2.実体験観察から] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: フキゲンウォーターからみるラテラル・マーケティング:

コメント

カテゴリー