« 4月第5週はノンフィクション作家の杉山隆男さんをお招きして、お送りします。 | トップページ | 5月第2週は、ボーズ株式会社の元社長の佐倉住嘉さんです »

2009年5月 5日 (火)

5月第1週は経済学者の小幡績さんをお招きして、お送りします

10月1日から始まったJ-Wave インターネットラジオBrandnewJによるBook Loversです。

5月第1週は、行動経済学者として著名な、小幡績さんをお招きして、お送りします。小幡さんは、Book Lovers、二度目のご登場です。なお、今週は5/6水曜日はBook Loversはお休みです。

--------------------------------------------
5/4 月曜日

月曜に紹介する本は、『経済学の歴史』(根岸隆 (著), 東洋経済新報社)です。

根岸教授は、小幡さんの大学時代の先生です。いま、バブル崩壊で経済学の真価が問われている中、歴史をひも解くことは、これからの未来を俯瞰することができます。小幡さんの解説と共にお楽しみください。

--------------------------------------------
5/5 火曜日

火曜に紹介する本は、『日本経済を問う―誤った理論は誤った政策を導く』(伊東光晴 (著), 岩波書店)です。

バブル崩壊後、失われた10年の中で、日本政府は何を間違えてきたのか、そして、今後、格差問題や不況に対応するために何をすべきなのか、提言の書になっています。

--------------------------------------------
5/7 木曜日

木曜日に紹介する本は、経済書ではなく、小幡さんの座右の書、『暗夜行路』(志賀 直哉、新潮文庫)です。

小幡さんはいくつか読み返す本があるそうですが、この本もその1冊です。いつも読むたびに、新しい出会いがあり、考えが出ると言うことです。裏切られ、それをゆるし、そして考える。近代文学の最高峰の一つとされるこの作品、小幡さんの思い入れのある解説宇ぜひ、お楽しみください。

--------------------------------------------
5/8 金曜日

最後の金曜日に紹介する本は、『世界経済はこう変わる』(小幡績 (著), 神谷秀樹 (著) ,光文社新書)です。

すべての経済はバブルに通じるで著名な小幡さんが、強欲資本主義 ウォール街の自爆を著した神谷さんと対談により、新しい経済像を著したものです。5/15発売です。

小幡さんたちの予測ももちろんですが、こうなって欲しい、という提言も含まれています。日本の気鋭の2人の提言、ぜひ、お楽しみください。

--------------------------------------------
Book Loversは毎日、平日の、昼の12:30にBrandnewJにアクセスいただければ、全国・全世界どこでも聞けます。

Podcastingはまとめて、毎週金曜日にこちらのサイトにUploadされます。

04:38 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/44906934

この記事へのトラックバック一覧です: 5月第1週は経済学者の小幡績さんをお招きして、お送りします:

» 日本経済を問う from 思考++
結局何を言いたいかわかりにくかったです。 アメリカの批判とか、郵政民営化の批判とか、財政破綻についてとかいろいろな批判をしてますが、結局どうあるべきなのか、著者の主張がよくわからなかったです。私の読解... 続きを読む

受信: 2009/06/01 23:45:20

コメント

投稿者: らんらん (2009/05/07 10:56:38)

前回、小幡績さんの放送を聴いて軽快な語り口にファンになりました!
再登場、かなりうれしいです!


投稿者: のりこ (2009/05/10 21:45:47)

小幡さん楽しみです!
リクエストですが、村山由佳さん!ぜひよろしくお願いします!!


コメントを書く






カテゴリー