« Good in Bed ~ たまには軽い読み物を | トップページ | ムギ流「良書を選ぶ方法」 »

June 10, 2006

The Martha Rules ~ マーサ・スチュワートから「起業のレシピ」を学ぶ

The Martha Rules

The Martha Rules : 10 Essentials for Achieving Success as You Start, Build, or Manage a Business by Martha Stewart

久々の更新ですが、今回はThe Martha Rulesを紹介します。

マーサの法則、のマーサとは、あのカリスマ主婦起業家、マーサ・スチュワートです。証券取引法違反の疑いで入獄し、一度失脚しましたが、このCDはその後、復活した後に吹き込んだものです。ナレーターも本人になっていて、少し低めのよい声で、発音もかなりはっきりしていますので、あまりAudiobookになれていない方でも聞き取ることができると思います。

マーサ・スチュワートの元には、いろいろな女性などからビジネス・プランを持ち込まれるのですが、それが意欲が高いものの、あまりにも陳腐だったり、ツボを押さえてなかったりすることが問題だと感じて、そういう人たちのために料理のレシピのように、起業の成功の方法をレシピにして著したのが、このAudiobookになります。

ちなみに検索したところによると、5ヶ月の懲役の後、5ヶ月、自宅拘束期間があったので、その自宅拘束期間に書いたそうです。「マネーの虎」のような番組がアメリカにもあって、そういう番組での復活をねらったというエピソードもありました。

さて、マーサが勧める10の法則とは以下のものです。

1. What's passion got to do with it?
2. Ask yourself, What's the big Idea?
3. Get a telescope, a wide-angle lends, and a microscope
4. Teach so you can learn
5. All dressed up and ready to grow
6. Quality is everyday
7. Build an A-Team
8. So the pie isn't perfrect? Cut it into wedges
9. Take risks, not chances
10. Make it beautiful

一つ一つはわーーー、目鱗、という話はないかもしれません。しかし、こつこつと、彼女がこれまでの経験をふまえて、豊富な事例と共に語ってくるので、なかなか共感がもてます。

特に、私は1と10の法則が好きです。1は、とにかく毎日やってもやっても飽き足らないもの、毎朝、どんどんと新しいアイデアが出てくるようなものを仕事にしろ、という勧め、10は、仕事のサービスや中身の美しさに気を遣え、という法則です。

私は彼女のことは好きでも嫌いでもありませんでしたが、このAudiobookを聞いたら、けっこう好きになりました。彼女が入獄する原因となった証券取引法違反については、真相は藪の中であり(罪は証券取引法違反そのものではなく、捜査に非協力的だった、という理由から実刑になりました)、どこまで善人なのか、悪人なのかは私には判断できませんが、少なくとも、このAudiobookで彼女が後輩たちに残そうとしている「起業のレシピ」は非常に真摯なものに感じました。

日本語版は私は見つけられませんでしたが、もう出ているかどうか、知っている人がいたら、教えてください。

2006 06 10 [3.英語-Audio Bookのお勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/10460369

この記事へのトラックバック一覧です: The Martha Rules ~ マーサ・スチュワートから「起業のレシピ」を学ぶ:

コメント

投稿者: 若菜 (Sep 12, 2006 12:21:05 AM)

ムギさんこんにちは。ムギ畑の若菜です。
日本語訳が出版されました。
朝日新聞 9月10日日曜の書評欄で発見しました。
「マーサの成功ルール」トランスワールドジャパン発行
www.amazon.co.jp/gp/product/4925112910/sr=1-5/qid=1157987935/ref=sr_1_5/503-0301468-0235975?ie=UTF8&s=books

投稿者: ムギ (Dec 28, 2006 3:20:08 PM)

若菜さん、

情報ありがとうございました。表紙もそのまま、ですね。だいたい英語で聞いてしまったのですが、これから聴きたい人で、聞き取りにちょっと自信がない人には、一緒に意味をざくっと読んでおくと役に立つかもしれませんね!!

コメントを書く






カテゴリー