« 自転車生活は音声学習とよく似合う | トップページ | The Four Agreements ~ 自由な人生のための四つの約束 »

November 05, 2005

iCon~Steve Jobsの半生を疑似体験しよう

iCON

iCon Steve Jobs: The Greatest Second Act in the History of Business

今週は、アップルやiPodで成功を収めたスティーブ・ジョブズの伝記であるiConを紹介します。

iPodで復活し、その生き方が注目されてきたスティーブ・ジョブズですが、どのような生まれであり、アップルやマッキントッシュでどこまで成功し、何につまずいて、そしてNeXTを立ち上げ、ピクサーなどに投資をし、最後にまたアップルで復活するまで、一代のドラマを描いたものです。

要約版ですが、CD 3枚組なので、比較的さくっと聞くことができます。著者のJeffery S. YoungとWilliam L.Simon自身が吹き込んでいるので、英語も比較的なめらかでわざとらしさがありません。

このCDは何がおもしろいのか。ある種、恵まれない出生→努力で出世→いい気になって挫折→ゼロから出発・再出世、という人間の感動のツボを押さえたドラマだからでしょう。

養子に出されたスティーブ・ジョブスが労働者階級の両親に育てられ、とても成績がよかったジョブズですが、わがままを言ってリード大学に進学したものの、お金が続かずに退学、その代わり、聴講を続けます。

そのうち、マイコンブームに乗って、アップルが大成功。ところが、いい気になって作っていったマッキントッシュが、お客のニーズと離れてきて、だんだんと売れなくなっていて在庫の山、彼はアップルを追放されます。

再び仲間と学術用の安価なコンピュータを目指してNeXTを立ち上げ、Toy Storyで有名なPixarにも投資を行い、そのうち再びNeXTが古巣のアップルに買収されることで、アップルに返りざくわけです。

アップルに戻った後の大活躍は言うまでもないですね。特にiPodは世界を席巻しています。

そんなに深いことが書いてある本ではありませんが、非凡な人生を生きるスティーブ・ジョブズという人物の一代ドラマを、アメリカ・シリコンバレーという舞台を通して眺める、人間ドラマとして大変おもしろく聞けました。

アメリカのアマゾンの書評では、内容が浅いとか、不正確な記述があるとか、話が行ったり来たりするなど、批判もいろいろあるようですが、この本は歴史本ではないので、今のレベルで十分だと思います。

新しいものをビジョンで考えるような人材というのはどのような形で育っていくのか、それはどうやってものの形として実現されていくのか、それがどれほど難しいことなのか、ぜひ、聞いて、確認して、楽しんでみてください。

おまけ~アメリカのアマゾンと日本のアマゾンの損益分岐点

このCDは、今は日本のアマゾンではなぜか品切れのようで、買うとしたらアメリカのアマゾンからにした方がいいと思います(私が買ったときにはあったのですが)。

以下、ついでにアマゾンでものを頼むときに、日本のサイトがいいのか、海外のサイトがいいのか、損益の分岐の仕方を簡単に解説します。

アメリカのアマゾンから取り寄せるときの値段は、基本チャージ7ドル+1つあたり5ドルが海外出荷には上乗せされますので、

1. 1つのアイテムだけ頼むときには、1品あたり +12ドル
2. 2つのアイテムだけ頼むときには、1品あたり +8.5ドル
3. 3つのアイテムだけ頼むときには、1品あたり +7.3ドル

が必要になります。

だいたい、日本のアマゾンで買うと、1$が130-150円換算になっていますので、1つの品の取り寄せ時にはおおよそ$50以上の買い物をするときには、アメリカの方が安いです。

$50のものを頼むときには、だいたい$18以上のものでしたら、追加でアマゾンで頼むといいと思います。
(なぜそういう計算になるのかは、ぜひ、手元で自分で計算してみてください)

2005 11 05 [3.英語-Audio Bookのお勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/6905261

この記事へのトラックバック一覧です: iCon~Steve Jobsの半生を疑似体験しよう:

コメント

コメントを書く






カテゴリー