« ムギの勝手セレクション ベスト10 | トップページ | iCon~Steve Jobsの半生を疑似体験しよう »

October 23, 2005

自転車生活は音声学習とよく似合う

自転車通勤で行こう

今回は、音声学習が好きな人は、きっと自転車生活にも興味を持っているはず、という大胆な仮説で、自転車生活のススメについて、まとめてみたいと思います。

自転車生活は、音声学習ととてもよく似合うのです。自転車では本は読めませんが、音声は大丈夫です。ただ、くれぐれも周りの音が聞こえる程度の音量にして、安全には気をつけてください。

私が自転車を通勤や、日中の移動に使うようになったのは、自転車通勤でいこうというサイトを見つけたときからでした。確か、2001年だったと思います。

そして、サイトを作っている疋田 智さんの本を買い、なるほど、と目から鱗が落ちる思いになり、すぐに自転車通勤を始めてみました。

ところが、当時周りに自転車通勤している人、ほとんどいなかったので、ウェブ以外の情報がほとんどなく、手探り状態でしたが、あれから5年、今は雨が降っていない限り、1日20-40キロほど、自転車に乗っています。

ずいぶんとノウハウがたまってきましたので、せっかくですので、みなさんに紹介させてください。

まず、自転車生活のメリットとはなんでしょうか。以下のようにまとめられると思います。

【自転車生活のメリット】

・なんといっても健康にいい。スポーツクラブでエアロバイクを漕ぐくらいだったら、実生活で漕ぐべき

・2-5キロくらいの圏内であれば、電車・地下鉄やタクシーよりも自転車の方が早い

・電車の待ち時間や、タクシーの渋滞などがないので、所要時間の計算がとても確実

・活動範囲が、それまでの点から線になる。町と町の関係、道の流れ、道での店へのちょっとした途中下車など、頭の中に地図ができる

・ストレス解消になり、頭が活性化する。その証拠に、1週間くらい自転車に乗らないと、気分が暗くなります

・交通費が節約になる。タクシー代、地下鉄代、積み重ねると、あっという間に自転車代は回収できます

いいことばかり挙げるとかえって信憑性がないので、デメリットも挙げます。

【自転車生活のデメリット】

・使う筋肉が大腿筋に限られます。肩こりとかの解消には、なかなかなりません。

・道に迷うと悲惨。最初に行く場所は、10-20分は余裕を見ておかないと、とても焦ります。

・雨に弱い。はじめから雨だとわかっているときは、自転車にしなかったり、折りたたみ式の自転車にしたりして対抗できますが、そうでないときは、びしょびしょになります。

・服が傷みやすい。私のスーツは、年中、裏地がほつれます。表地も、しばしば自転車油をつけてしまって困っています。

・車には注意。なれてくると、車道と歩道の使い分けが上手になって大丈夫ですが、なれないうちは、車道ではクラクションを鳴らされたりすると思います。

・自転車のメンテナンスにそれなりに時間がかかります。空気を入れたり、油を差したり、定期メンテナンスをしたり。

とりあえず、このような感じてすが、では、自転車生活をやってみたいなぁ、と思う方に、自転車生活スターターセットを紹介します。

1. だいたい、実売5万円以上(定価で8万以上)のクロスバイクかマウンテンバイクを1台買いましょう

値段で切るのも変ですが、これよりも安い自転車だと、長距離を走るとかなり疲れます。ロード用の自転車でもいいのですが、パンクしやすく、値段も張りますので、まずはクロスバイクかマウンテンバイクでいきましょう。

ママチャリだと、けっこう続かなくなると思います。

2. 地図とサイクルコンピュータを用意します。

地図はポケットサイズくらいの、近所の行動範囲の地図です。これがないと、迷ったときにこまります。サイクルコンピュータは3,000円くらいの小さな機械で、特に大事なのは、だいたい何キロ走ったか、ということと、時速何キロ出ているか、ということがわかるためです。

目的地まで例えば、3.5キロだと、4キロ以上走ってもつかないときには道に迷ったとわかりますし、時速がいつもよりも出ないときは、自転車のメンテナンスが必要だ、と言うことがわかります

3. 鍵と手袋とズボン止め

鍵は、鍵式のものでも、ダイヤル式のものでも、お好きな方をどうぞ。自転車にくっつけられるタイプが便利です。手袋は、ないとあるとでは、疲れが違います。ズボン止めも、あったほうが、チェーンへの巻き込みの危険も減りますし、走るときにひらひらしないので、便利です。

4. 行き付けの自転車屋さんも大事

近所にできれば複数の、行き付けの自転車屋さんを作ります。ちょっと調子が悪くなったり、部品を交換したくなったら、気軽に相談できるところです。

スターターセットに加え、さらなる応用編としては、下記のようなものがあります。

・タイヤを細くしてみる。クロスバイクやマウンテンバイクについてくるタイヤは比較的太いものが多いので、街中のみの人は、1.0~1.25のようなサイズのものにしてみることもできます。これは5,000-8,000円くらい。

・サドルを変えてみる。標準でついてくるのは、おしりが痛くなる場合もありますので、好みのサドルに変えてみます。これは3,000-5,000円くらい。

・ペダルを変えてみる。標準のものよりも踏みやすい大きなペダルや、クリップといわれる、足をすぽっといれてしまうものをつけるなど、いろいろあります。これは3,000-6,000円くらい。

いろいろな装備品は、色なども、いろいろ豊富ですので、自分の好みで組み合わせると、とてもかわいいオリジナルの自転車ができます。

だいたい初期投資の目安は最低で6万円くらいになりますが、これを回収するには、例えばタクシー1,000円だと60回くらい、電車だと190円で300回くらいですので、交通機関を使う頻度によりますが、けっこう早く回収できます。さらに、スポーツジムをやめたりすると、もっと早くなります。

また、自転車生活がいいのが、本当に勝手気ままにふらーーーーと数キロの範囲のところであれば、いけるようになることです。

お昼ご飯に、こういうものがたべたいなぁ、と思ったら、1-2駅くらいだったら、ささーーーっと乗っていくわけです。地震で電車が止まっても関係ないですし、夜中になって電車がなくても、タクシーに3割り増しの料金を払う必要はありません。

自転車に乗って、ポケットにはMDやMP3プレーヤーを入れて音声学習、そんな組み合わせで、ちょっと試してみてください。

2005 10 23 [2.音声学習のこつ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/6537671

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車生活は音声学習とよく似合う:

» 自転車通勤 from あやこの素
これもブログの更新をサボっている間に起こった変化の1つですが、昨秋から自転車通勤を始めました。 私の勤務校は最寄り駅からやたら遠くて(20分以上)行きか帰りのどちらかは歩こう、といつも思いつつ時間に追われてついついバスを使ってしまったり、同僚の車に便乗させてもらったりしていました。 どうしても運動不足になってしまう・・・そして脂肪は徐々に蓄えられていく・・・。 そして思い出されるのはぎっくり腰の悪夢。 あの辛さはもう二度と経験したくない。そのためには運動したい。でも時間がない。 ...... 続きを読む

受信: Jan 16, 2006 8:39:37 PM

コメント

投稿者: ZAZI (Oct 25, 2005 6:25:33 PM)

ムギさんこんにちは。いつもブログ楽しみにしています。
私も、自転車通勤(通勤経路の一部だけですが・・・)+音声学習を試みているのですが、質問させてください。(音声学習というより、自転車通勤についてがメインだったりしますが・・・お許しください)

・MTBやクロスバイクだと籠がないので、かばんはリュックタイプかと思うのですが、ビジネスにも合う、オススメのものってありますか?

・私は自転車を漕いでいて、MDのコードをひっかけて抜いちゃうことがあるのですが、特にリュックの中にMDを入れてコードを出していると、不便な気がするのですが、何か工夫されていたりしますか?

・自転車だとやっぱりスーツもパンツタイプばっかりでしょうか?

質問ばかりで済みません。自転車生活でちょっと気になっている事なのです・・・

投稿者: ムギ (Oct 25, 2005 6:35:55 PM)

ZAZIさん、こんにちは。あ、いいですね。自転車+音声仲間(笑)

私はTUMIの下記のシリーズが好きです。

http://jp.tumi.com/index.cfm?sub_site_id=16&tjp_PS_Link=UrbanTab

そのうちの、一つ前のモデルで、リュックにもショルダーにもなるタイプを使っています。

TUMIの直販店で買いました。

コードは、クリップを使って、引っかからないように短くしています。

スーツはパンツタイプと、あと、デザインで足はあまり見えないんだけれども動きやすいスカート、というのを使い分けています。プリーツのスカートみたいなスーツです。

どうでしょう。こんな感じでイメージが沸きますか?

投稿者: ZAZI (Oct 25, 2005 9:24:56 PM)

ムギさん、早速のお返事ありがとうございます!

TUMIのバッグ、いいですね。
大阪にもいくつか取扱店があるようなので、一度見に行ってみます。
ちょっと自転車+音声学習生活がはかどりそう?で楽しみです。

投稿者: わんわん (Oct 27, 2005 7:03:33 AM)

お会いした時に見せて頂きましたが、MUGIさんの
リュック素敵でした。
表黒、裏赤が凄いカッコよくて、唸りましたよ。

その後、US出張で向こうで同じのを見つけましたが、
リュックはすでに別のTUMIを持っていたので踏みとどまり
同じシリーズのビジネストートを125ドルで購入しました。
いつもながらの、MUGIさんの真似って事で。

http://www.irvs.com/image.php/itemno/TU5124/ImageName/prAltImageFile3/

投稿者: わんわん (Oct 27, 2005 7:05:34 AM)

失礼、URL切れてますね。↓です。
http://www.irvs.com/image.php/itemno/TU5124/

投稿者: こじま (Oct 31, 2005 1:10:26 AM)

今日自転車に乗っていて、ひとつ思いつきました。

メリット
・眼精疲労の回復になる

眼精疲労の治療の中に、「近くを見続けて固定化してしまった筋肉をほぐすために、遠くを見る」というのがあります。自転車に乗っているときは、確実に視野を広くとっているし遠くを見ているので、疲労回復に役立つはず。

デメリット
・移動中に本を読んだり仕事をしたりできない

私は、電車に乗っている時間が一番集中して本を読んだり仕事を片付けたりできる時間なので、この時間がないのはつらいです。ただ電車で本を読むのも目によくないことらしいですけど。

私はほんと、自転車通勤を再開したいものだと思っているのですが、なぜそんなにしたいかと考えてみると、いちばんのメリットはストレス解消かも。夜仕事を終えた後、静かな街を何も考えずに風に吹かれて走るあの気持ちよさ。凝った体もほぐれるし、酔っ払いの多い電車で帰るのと大違いです。

投稿者: ムギ (Nov 5, 2005 12:48:59 AM)

わんわんさん、こんにちは。

そう、あのTUMI、直営店で一目惚れして買って、それまで使っていたのは娘にあげました。

そういう手もありますよ。買っちゃえーーー。

投稿者: ムギ (Nov 5, 2005 12:53:43 AM)

こじまさん、こんにちは。

あーー、確かに目はそうかもしれませんね。いつもよりも、ずっと遠くを見るようになります。

乗っている方が、足腰は疲れますが、精神的にはすっきり、という感じなんです。

ぜひぜひ、またたくさん自転車で走ってくださいな。

私は一日平均25キロくらいです。少ないときで20キロ、多いと40キロくらい。

投稿者: ぶるぅ (Nov 9, 2005 11:05:06 PM)

こんにちは、しばしば日記を拝読させて頂いておりますぶるぅと申します。

若かりし頃・・・、1991年~1998年までの通勤は自転車で通しておりました。私の音声学習デビューはそれより3年前に遡りますが、自転車で東京→大阪狭山市着を初めてやったとき、孤独感に苛まれるので(^^;

NHKの英会話のテープを、しかも国道1号沿いだったので、平気で声を出して発音繰り返し学習をしながらだった事が懐かしくなりました

ムギさんは都心部で自転車通勤でいらっしゃいますよね?あまり声を出しての学習はしていらっしゃいませんでしょうか?

社会人になってからは、靖国通り~半蔵門、靖国通り~霞ヶ関という感じで皇居周辺を通る事が多かったのですが、平気で発声入れてこいでいる為、必ず、見なれていないお巡りさんの職務質問があったのも懐かしいです(^^;

私にとっての自転車通勤+音声学習の共はムギさん掲示+、喫茶店と吉牛でした、通勤距離が10km越えておりましたもので

なんだかとても自転車が懐かしくなりました


投稿者: ムギ (Nov 11, 2005 11:39:24 PM)

ぶるぅさん、こんにちは。

すごい、すごい。音声学習+自転車の大先輩ですね。いまはもう、辞められてしまったのでしょうか?また復活してみませんか?

私も一時期11キロくらい通勤していましたが、行きはいいのですが、帰りがけっこうつらくて、休み休み帰っていたのを思いだします。

声は出していません、シャドーイングとかの音声学習はあまりないので。

今度、発音練習のオーディオブックがあるので、それで試してみます。ただし、呼び止められないようにしながら、ですね。

投稿者: かよ (Nov 24, 2005 3:16:33 PM)

こんにちは。いつも楽しみにさせていただいています。

自転車通勤、一時期夫がやってまして、1年で15kg程の減量に成功しました。
しかし、夫は家から50km以上離れたとことに転勤になってしまい、自転車(結構お高いマウンテンバイク)は家で寂しそうにしていました(夫はまた太ってきた)。
私はといえばこれまた家から職場まで30km以上離れているので自転車通勤は難しい。

しかし、私が使っていたステッパーが壊れてしまったのを機会に、一念発起、ローラー台(3本ローラーです)を購入し、夫にタイヤをスリックに換えてもらって夫の自転車をエアロバイクの代わりにすることにしました。

その後、女性用のサドル、心拍計つきサイクルコンピュータなど買いそろえてしまいました。
夫もそれをみてまた自転車に乗りたくなったらしく、今ではサドルを差し替え差し替え、二人でほぼ毎日ローラー台で自転車こぎしてます。

私は自転車の上では、オーディオブックを聞いたり、録音したラジオ英語を聞いたりしてます。

実走距離0のくせに最近妙にペダリングが上達し、そのうち40万円くらいのロードバイクが欲しいと思ってる変なヤツです。>私

投稿者: ムギ (Nov 26, 2005 12:21:54 AM)

かよさん、こんにちは。

はい、見ました、ローラー台のMTB。かなり、インパクトありました。

これは、普通にまだ外走れるんですよね? ぜひ、夫婦二人で外も走ってくださいな!!

ペダリング、私はハーフクリップをつけているので楽です。たまにクリップがない自転車に乗ると、スカスカという感じです。

ロードバイク、いいですねぇ。MTBだと時速25-30キロくらいしかでないので、横でロードがさーーーっと走っていくのを見ると、とてもあこがれます。

今年は子どもの受験とか、引越とか、なにかと物いりなので、来年か再来年くらいの夢にします、ロードバイク。

投稿者: Mr.Smith (Dec 27, 2007 8:32:41 PM)

「携帯・ヘッドホン禁止」 自転車運転新ルールづくりへ
12月27日17時22分配信 産経新聞

 自転車運転のルールづくりを進めていた警察庁の有識者懇談会(座長・吉田章筑波大教授)は27日、走行中の携帯電話やヘッドホンステレオの使用禁止、保護者が幼児を乗せる際はヘルメット着用を義務付けることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。報告を受け、警察庁は年度内にも自転車運転のマナーなどを定めた「交通の方法に関する教則」(国家公安委員会告示)を改正する方針。自転車に関する内容の見直しは教則が作成された昭和53年以来、約30年ぶりとなる。

 有識者懇談会は、改正道交法で車道通行が原則とされる自転車の歩道通行が一部認められたことを受け、検討に着手。報告書では「自転車は車両であり、車道通行が原則であることを教則で明示した上で、車道などの通行方法や歩道を通行できるケースを規定すべきだ」と指摘した。

 運転中に禁止、注意すべき事項としては、携帯電話やヘッドホンステレオ使用のほか、歩道でむやみにベルを鳴らさないこと、雨天の場合は傘ではなく、雨がっぱを着用することなどを挙げた。

 自転車が歩道通行できるのは、道路工事や駐車車両などのため車道通行が困難な場合のほか、自動車の交通量が多く、接触の危険がある場合とした。その上で、歩道では徐行し、警察官の指示があったり、歩行者の安全を損なう恐れがあったりする場合は、自転車を押して歩くなどとした。

コメントを書く






カテゴリー