« Freakonomics~親しみやすい統計を使った、伝統的経済学への挑戦 | トップページ | Why We Buy ~ 「ショッピングの科学」の古典 »

September 04, 2005

Are You the One For Me? ~ 恋愛における間違いの理由を学ぼう

Are you the one for me?

Are You the One For Me? by Barbara De Angelis

今週は、恋愛や人間関係の専門家であるBarbara De AngelisのAre You the One For Me? を紹介します。

本の内容は、至ってシンプルで、「これまで恋愛がうまくいかなかった理由とその処方箋」というところでしょうか。

具体的には、「恋愛関係や愛情において、間違いやすいポイント」を示し、その原因はどこにあるのかを探り、どのように間違いを修正していければいいのか、わかりやすい英語と語り口で説明をしていきます。

少し古いCDで、出版されたのは1992年です。それでもまだ絶版になっていないことが示すとおり、ロングセラーです。要約版は3枚のCDで、著者が吹き込んでいますので、とても聞きやすく、初心者にもお勧めです。

有名な本なので、日本語の訳書があると思って検索しましたが、私は見つけることができませんでした。ただ、アマゾンの書評でもわかるとおり、日本で英語で読んだ人たちも、十分にわかりやすくお勧めだとしています。この本の続編は「本当に好きな人とめぐり逢う本」という名前で邦訳があるようです。

おもしろいのが、この著者も6回も結婚していて、自分自身がいろいろ苦労をして聞いている中で、いろいろな理論を自ら組み立ててきているところです。

人によっては、特に突飛な内容がないかもしれませんが、とてもよく、コツコツと考えてまとめてきた本で、本音にあふれています。何度も読み返すタイプの本です。

例えば、なぜ恋愛で人々は相手を間違えてしまうの。著者は、その家庭での育ちに多くの原因があると語ります。

家庭というのは、子どもにとっての基地であり、シェルターであり、孤独な家庭で育った人は孤独な家庭を、混乱した家庭で育った子どもは混乱した家庭を、落ち着いた家庭で育った子どもは、落ち着いた家庭を再現すべく、無意識にパートナーを探していくという仮説です。

両親によく似た人を選んでしまい、その人につらく当たることで幼少期のつらい思いを復讐したり、あるいは、逆に許すことで、幼少期の満たされない思いを浄化しようとします。

また、なぜ人々は間違えた結婚をしてしまうのか。

年齢からの周りのプレッシャー、家族・友人からの半強制的な紹介、孤独、性欲からの渇望、自分の人生からの逃避、成長からの逃避など、です。

37歳独身男性、と聞いたときに、みんな「なぜ結婚しないと」とアメリカでも尋ねるようです。理由を聞いていますと、アメリカでも、日本でも、あまり結婚についてはあまり違いがないのだなぁ、と思いました。

そして、健全な恋愛関係には、2つの要素が必要だとしてもいます。

1. 共有のこころ
相手と何かを共有したい、とう気持ち

2. 自分と向き合い、学んでいくこころ
パートナーを通して、自分が学び、成長していく覚悟

その他にも、間違った一目惚れの事例や、間違った恋愛関係など、コンパクトに、でも耳が痛い話を、いろいろな事例を用いながら、正直にまとめていっている本です。

恋愛関係で痛い目に遭ったことがある人は特に高いRatingを与えている人が多く、これまでなぜ間違えてきたのか、これからどうしたら間違えずにすむのか、一つの指針として使うとおもしろいAudio Bookだと思います。

2005 09 04 [3.英語-Audio Bookのお勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Are You the One For Me? ~ 恋愛における間違いの理由を学ぼう:

コメント

コメントを書く






カテゴリー