« The Millionaire Mind ~ 幸せに生きている人の心がけとは何か | トップページ | Flow ~ 今この瞬間を充実させるための理論 »

April 02, 2005

Mean Genes - いじわるな遺伝子。なぜ私たちは食欲・金銭欲・性欲をコントロールできないのか?

Mean Genes

Mean Genes

今回は、遺伝子が日常の人間の欲望、例えばお金、食欲、性欲、家族愛などにどういう影響をもたらすのか、おもしろく読み聞かせてくれるMean Genesを紹介します。このAudio BookはCD販売はなく、audibleからのダウンロードのみです。

このAudiob Bookを聞くと、例えばなぜ人間はお金をあるだけ使ってしまうのか、最初が支払いが少なくて後からたくさん払うローンについはまってしまうのか、なぜダイエットが失敗するのか、なぜ宝くじを喜んで買うのか、などが、「おーーー、そういうことだったのか」とすーーーっとわかるようになっています。

邦訳はいじわるな遺伝子という表題ででていますが、あまり売れていないようなので(2005年に買ったのに、2002年1月の初版本でした)、絶版にならないうちに、興味がある方はお買い求めください。

実は、このAudio Book、告白すると、Richard DawkinsのThe Selfish Gene(利己的な遺伝子)と一瞬、混同して買いました。Audibleで半額セールで、あまり中身を見ずにぽーーーんとカートに入れて買ったのです。

あとで間違いには気付いたのですが、まあいいや、ということで聞き始めたのですが、意外に意外、おもしろい。特に語り手の女性の英語が聞きやすく、かつ薬物嗜好や食欲について、どういう流れで人間がそのような欲望の仕組みを身につけてしまったのか、それを避けるにはどうしたらいいのかについて、数々の実験やケースを元に丁寧に教えてくれます。

例えば、なぜ私たちは割高だとわかっていても、ローンを組んで物を買うのか。無料入会お試しセールに誘われて長期の契約を組むのか、0円端末で携帯電話の契約を組んでしまうのか。これは、人間はどうも「現在のお金」については高い評価を与え、「将来のお金」は利子以上にディスカウントしてしまうためのようです。

それは誰でも知っています。でも、なぜそれが起きるのか。どうも、人間は「お金を貯める」ということについて、理性ではわかっていても、本能には身に付いていないからです。なぜなら、これまで人間は腐るものや品質が劣化するものしか貯蔵できなかったため、お金のように貯蔵しても品質が劣化しないものを、感覚的に上手に計算できないからです。つまり、お金は腐らないということを本能が理解できないのです。

これは食べ物も同じ。目の前にある食べ物は、どんなに太るとわかっていても、抑制ができない。なぜなら、食べ物を得るには、たくさん動き回り、苦労して得なければならなかったため、自然界において太るほど食べ物を得ることができるというのはあり得なかったから、食べ物を見つけたら、とりあえず食べるのです。

同様に、アルコール・ニコチンは、「脳内にある快楽物質を強制的に出させる」ことで人間を虜にします。したがって、尋常な意思の力では、この性癖を取り除くことは限りなく難しいのです。

また、人間の欲望に限りはなく、例えば宝くじで高額賞金が当たった人と、そうでない人の自分が考える幸せ度を比較すると、宝くじが当たった人は当初は幸せ度が高いのですが、直ぐに他の人と同じになってしまいます。これは、人間が欲望に向かって努力し、生存するよう、あえて「幸せで過不足ない状態」にすることを本能が避けるためです。

このようにいろいろな事例を挙げてきましたが、では、欲望を自制することはできないのか? 結びとして、作者はおもしろい実験を示しています。

4歳の子どもにマシュマロを1つ渡しました。そして、15分間、このマシュマロを食べずにいられた子どもだけにもう一つマシュマロをあげる、ということにしました。もちろん、大半の子は欲望を我慢しきれずに食べてしまい、一部の自制心が強い子どもだけが倍のマシュマロを食べることができました。

この実験がおもしろいのは、このマシュマロの子どもたちを追加調査していることです。大人になって、社会的に成功したのはどちらの子どもたちか、言わなくてもわかりますよね?

でも、私が最後にわからなかったのは、作者もそこは結論を出していませんが、欲望を楽しんで大きくなった子どもたちと、自制をした子どもたち、後者の方が社会的に成功したのは間違いないでしょうが、では、本当に社会的成功と比例して生活も幸せだったのでしょうか?

その部分についての回答は、また別の機会に探していきたいと思います。

2005 04 02 [3.英語-Audio Bookのお勧め] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30178/3527776

この記事へのトラックバック一覧です: Mean Genes - いじわるな遺伝子。なぜ私たちは食欲・金銭欲・性欲をコントロールできないのか?:

コメント

投稿者: smooth foxxx (Apr 3, 2005 7:50:19 PM)

ムギさん、こんにちは。

面白い話題ですねー。
私は絶対マシュマロ我慢しちゃう方です(笑)。
逆にウチの嫁は絶対できないタイプなんですが(笑)。

「いじわるな遺伝子」気になってリンク飛んでみたら、
このブログのURLなんですけど(汗)。
アマゾンで見たら「発送まで4~6週間」。
これはホントに売れてないんでしょうか(汗)。
マーケットプレイスの方が早いような・・・。

投稿者: ムギ (Apr 3, 2005 9:16:36 PM)

smooth foxxさん、こんにちは。

おっと、すみません。リンク入れ忘れていたようです。直しておきました。

で、いわゆる○○士系の人たちって、マシュマロを残す方だと思うんです。

なんせ、あの試験勉強の単調さを乗り越えていける人たちですから(苦笑)!!

ちなみに、うちの6歳娘にマシュマロ実験を口頭でしたら、ものすごーーーーーく、どっちにしようか考え込んでいました。

投稿者: のぞみ (Apr 4, 2005 1:33:35 AM)

はじめまして
あれムギさんなんですかぁ?
綺麗なお顔していますね~
うらやましいです

今社労士目指してるのですが、1度だけでいいですのでムギさん流勉強法など聞いてみたいです

差し支えなければいつかブログに書いて欲しいです☆

よろしくお願いします☆☆

投稿者: ムギ (Apr 4, 2005 3:04:04 PM)

のぞみさん、はじめまして。

ははは、他人の写真を載せるほど勇気はないので、一応本人です。

勉強法ですか。そういえば、昔、資格三冠王の黒川さんの勉強法を読んで、なるほどーーーーっと思ったことがあります。

際だった特徴はありませんが、資格試験とか入学試験に受かるコツ、というのは確かにあるので、そのうちそれでは、コンテンツにまとめていきたいと思います。

社労士の試験、がんばってください!!

投稿者: hideto (Apr 4, 2005 10:21:02 PM)

こんにちは~。
私はマシュマロなら絶対我慢しちゃいます。(笑
犠牲が多すぎると先にしますが、基本的には増やしちゃいますね~。

あ、私もムギさんの勉強方法、気になります!
資格試験も会計士から見たらかなり楽な法だと思いますが、取る予定もありますので。
あと、できたら学校の勉強でも応用できたらなぁなんて思ってます。

投稿者: ムギ (Apr 4, 2005 11:44:27 PM)

hidetoさん、こんにちは。

うーーーん、期待させすぎてしまっていたらごめんなさい。

あんまりすごい勉強法ではないのですが、ひとことでまとめると、要は

「原理原則を資格試験の先生の授業からよく聞いて、その雰囲気をイメージにして頭に焼き写す」

という感じなのです。

小手先の試験問題の丸覚えとか、試験だけ解けるようになっても、少なくとも私が受けてきた資格試験系は目先を外されるので、原理原則を覚えていないと、はまるなぁ、という印象があります。

で、その授業を、先生の声とか、黒板のイメージとか、授業の雰囲気とか、その風景ごと覚えておくわけです。

試験に行って、その問題を見るとあら不思議、そのときの先生の声音であるとか、テキストのイメージがざーーーっと浮かんできて、解けるようになります。

こんなのでわかりますか?

投稿者: hideto (Apr 5, 2005 8:38:35 AM)

なるほどぉ~。
授業風景を覚えるとは、さすがに思いも着きませんでした!
これは、こないだの話にも通じてきますね。
学校の授業とかで、試してみたいと思います。(資格は独学が多いので・・・

投稿者: のぞみ (Apr 5, 2005 1:28:36 PM)

何冊ぐらい本読んで、何時間ぐらい勉強してたのか気になります

昔付き合ってた年上の彼が公認会計士目指してたのですが難しくて辞めちゃったと言ってました

一体ムギさんはどんな勉強法なのか気になっていました

なるほどなぁと思いました☆☆

黒川さんの本一度買おうと思います☆

投稿者: smooth foxxx (Apr 5, 2005 9:54:18 PM)

ムギさん、こんばんは。

「勉強法」&「記憶術系」の本なら、なぜかビジネス書に混じって
レビューしている私です(笑)。

ムギさんの勉強法のコンテンツがまとまったら、
是非私のもう一つの方のブログ(お勉強系)で
紹介させてくださいね。

投稿者: ムギ (Apr 5, 2005 10:53:34 PM)

hidetoさん、のぞみさん、smooth foxxxさん、こんにちは。

うーーーん、あまり過分な期待を持たせてしまったら、ごめんなさい。

会計士の試験勉強は1年間弱しかしていないのですが、後半の半年くらい、専門学校に入り浸っていたのがメインの勉強です。

だから、本を読むというよりは、本当に授業を体感する、という感じなのです。

その後はそうですねぇ、ほとんどやはり上司から教えてもらった、とか、人から教えてもらった、という話ばかりです。

で、そういうものが、突然ぱぱーーーっと頭の中につながったりしませんか?

そんな繰り返しです。時間があるときにまとめさせてください。

投稿者: KILALAKO (Apr 8, 2005 6:26:11 PM)

私が確かに言えることは、「社会的に成功すること」=「幸せ」ではない、ということです。

勝ち組、負け組、なんて言葉もありますが、第一に、人生に勝ち負けをつけること自体がナンセンスだと思います。

バリバリキャリアで東宮のお嫁さんになった雅子様は、今、幸せでしょうか?

お金さえあればなんでもできると考えているらしき、ライブドアの堀江社長は、幸せなんでしょうか?

夫の年収200万円以下、家賃4万円の2LDK公営住宅に住んでいる私たち家族は、いわゆる負け組なのかもしれません。

でも、家庭にはパソコンが4台あり、3台は家庭内LAN,1台は無線LAN,お金をかけるところにはかける、コーヒー、お酒、タバコはやめない、でも、切り詰めるところは切り詰める。

そして、夕食は必ず家族3人でそろって食べて、幸せを実感しています。

ちなみに、私の1番安い服は、夏の半そでシャツ、フリマで100円のところを値切って、50円。
でも、足もとだけは、きちんとしたものを履きたいから、26.000円。

これぞ、といった方には、どんどんお金を貸す。もちろん、ささしあげたつもりで。

こういうメリハリをつけたお金の使い方こそ、健全だと思いませんか?

投稿者: ムギ (Apr 8, 2005 7:44:38 PM)

KILALAKOさん、こんにちは。

おっしゃること、その通りだと思います。

大事にする価値観があって、そこに向かって、大げさに言うと人類全体、小さく言うと家族のために、努力をする。

お金と生活はその中で、ほわわーーーーとするのに使いたいですよね。

外では、とても桜がきれいに咲いています。そんな桜をほわわーーーーと見て、手がじーーーんと幸せになるととてもいい感じです。

KILALAKOさんの日常が、みなさんの日常が、KILALAKOさんの、みなさんそれぞれの幸せで満たされることを祈っています。

投稿者: のぞみ (Apr 8, 2005 7:46:47 PM)


KILALAKOさん

当の本人様が人生やりたいことやってそれで生活すればそれでいいのではないでしょうか?

ダンボール生活でも2LDKでも高級住宅に住んでいようが
ムギさんのところへ来てる人は少なくとも人生に勝ち負けをつけることとか自分の生活レベルがどうのと言ったことは考えてもいないし、そう言ったことについて今後議論したりすることがかなりナンセンスではないかと思います

みんなそう思ったりはしてないはずです☆

投稿者: ムギ (Apr 8, 2005 8:00:08 PM)

のぞみさん、こんにちは。コメントをありがとうございました。

ちょうど同じタイミングでコメントを書いていたようです。はい、たぶん、そういった勝ち・負けという話ではまったくないと私も思っています。

ちょっと、漠然とした話をさせてください。

最近、よく歩くようにしているのですが、歩くと、なんか、いろいろ幸せなんですよね。

顔に吹いてくる風が気持ちいいし、足で感じる地球の大地が気持ちいい。

勝ち負け、という発想すら、最近なんかとおーーーい世界になってしまいました。

こうやって、ブログでもいろいろな人と出会えて、幸せだなぁ、と思います。

実は、週末にUpしようとしていたのですが、Jさんから「Flow」というお勧めのCDのレビューが届いています。

これは、今を生きることを充実させると、どういうことがおきるか、ということを示してくれたものです。

「原因と結果の法則」もよく読み直すのですが、少しずつですが、内容が深く読めるようになってきた気がします。

昨日より今日、今日より明日、少しでも自分が感じる幸せが積み上がっていって、周りの人といい関係が増えてくる、そんな毎日がいいですね。

毎日、みんな人生でやりたいことを見つけて、やりたいことをやっていると、自分も周りも幸せになる、そんな循環をコツコツと作っていきたいですね。

もちろん、世の中、清いものばかりではありませんので、清いもの・清くないものの上手な扱い方も学ばなければ、と思っています。

ぜひ、週末のFlow、期待していてください!!

コメントを書く






カテゴリー