« Mean Genes - いじわるな遺伝子。なぜ私たちは食欲・金銭欲・性欲をコントロールできないのか? | トップページ | ムギ流学習のコツ5箇条 »

April 09, 2005

Flow ~ 今この瞬間を充実させるための理論

Flow

Flow: The Psychology of Optimal Experience
by Mihaly Csikszentmihalyi

Jさんの新しいお勧めが届きました。「フロー理論」と日本では呼ばれる、幸福感を感じるための心理学の講演です。正直、「今まさしくこういうものを探していた」という心境だったので、そのタイミングでJさんがこういうレビューをくださることの縁の不思議を感じます。

以下は、Jさんからいただいたレビューです。

--------------------------------------

“Flow”という大変に充実した心理状態についての本です。著者名はミハイイ・チクセントミハイイとCDでは発音されています。ヨーロッパからアメリカに渡ってきてシカゴ大学の心理学部長を務めた心理学者です。

2枚組みのCDは本の朗読ではなく、Csikszentmihalyiの講話のような形で進んでいきます。書籍自体は「楽しみの社会学」という名前で日本語訳も出ているようです。

お金や財産、権力というようなmaterial wellbeingは人間の本当の幸福の源にはならない。本当の幸福感とは、毎日の普段の生活の中の瞬間瞬間(moments)をフルに満喫する(relish)することによって得られるで、それを生み出すのが“Flow”という心理状態です。

端的に言えば、今やっていることに完全に集中してのめりこんでいて、何にも惑わされず、時間の経過にも気がつかないような没頭状態のことです。“State of optimal experience,” “living at your peak of your abilities”などと説明されています。ノリにノッて止まらない状態とでも言いましょうか。

Csikszentmihalyiは30年以上に渡ってこのFlowについて研究を重ねてきました。世界中で8000人以上の人をインタビューした結果によると、ある人がFlowの状態にあるときは次の8つの特徴が、いつも8つ全てが同時ではないにしても、見られます。

1. ゴールが明確である。これは長期的なゴールのことでは必ずしもなく、瞬間瞬間のゴールのこと。例えばチェスで次の一手が局面をどう変えるか、楽器を弾いていて次のコードをどう出すか。

2. やっていることが目標に向かっているのか遠ざかっているのかのフィードバックが即座に(moment by moment)ある。

3. 行っていることのチャレンジ度が自分の能力とマッチ・バランスしている。

4. 今行っていることに完全に集中している、しかもspontaneousでeffortlessに。Attentionがsplitしていない。(だから同じ時間で多くを達成できる。)

5. 日常生活の雑事やフラストレーションがまったく気にならない。現実からの逃避(escape)の効果があるが、お酒やドラッグのようなescape backwardでなく escape forwardである。

6. 人生・行動をコントロールできているという実感がある。

7. 自己意識(self consciousness)がなくなる。他人が自分をどう見ているかというego defenseから無縁の状態になる。むしろSense of transcendenceを感じる。しかしFlowが終わってから振り返ってみると、自分がいかに好調だったか、スキルを伸ばしたかなど、self esteemが高まっていることに気がつく。

8. 時間の感覚がまったく変わってしまう。1時間が数分に感じられたり、あるいは逆に実際は数秒しかたっていないのに15分以上に感じられたりする。

Flowの状態は、言い方を変えると “autotelic experience”から生じるといいます。Autotelicという単語は私の辞書には載っていないのですが、著者によると”having for its own sake”という意味だそうです。

本CDの後半では、このautotelicな経験がその人のpersonalityを複雑なものし、そしてそうしたcomplex personalityの持ち主はストレスというものを上手に扱えるようになると、論じます。

ちなみにFlowと対極にある心理状態はpsychic entropyと呼ばれ、それはboredomとanxietyを指します。

Csikszentmihalyiが強調しているのはpleasureとenjoymentの違いです。Pleasureというのは食欲・性欲などの欲求を満たすということなので、オートマティックに感じることができる(例:食べればおいしい)上、スキルというものが関わってこないので、普通は成長にはつながらない。

しかしFlowによって得られるenjoymentは、新しいチャレンジに向かってスキルを高めることが入ってくるので、人間の心の成長につながる。それによって人格というものがhigher level of complexityを獲得します。

ですから、自分の意識というものをよく理解して、Flowの状態を常に作り出せるようにしておくと、例えやっていることが雑用でも単純労働の繰り返しでも、本人にとっては人生の1分1秒がこの上なく幸福感にあふれたものになるのだ、とCsikszentmihalyiは結んでいます。

そう言われてみれば、私はこのFlowという概念を聴きながら、もちろんスポーツ選手や将棋の棋士、芸術家などもそうですが、同時にいつもとても楽しそうに掃除をしているホテルのメイドさんとか、靴磨き一筋30年とか、老舗のせんべい焼き職人がこの道40年とか、そういう人たちの仕事にこめる思いみたいなものを思い浮かべました。

またその昔新入社員のころ言われた「コピー取りひとつにしても人によって仕上がりに大きな差が出る」という話や、「ボール拾いを見ているだけで野球選手として大成するかがわかる」という高校野球のある監督さんの話なども思い出しました。傍目にはどんなに退屈・単調そうな作業も、それに取り組む心がけ次第で本当の成長や幸せにつながる、ということなのでしょう。

(参考-これまでのJさんのレビュー)

My Live
Difficult Conversations
blink
How Full is Your Bucket?
Execution: The Discipline of Getting Done
Spontaneous Fulfillment of Desire
What Should I Do with My Life?
Re-Imagine!
The Power of Full Engagement

2005 04 09 [3.英語-Audio Bookのお勧め8.自己研鑽・Selfhelp] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Flow ~ 今この瞬間を充実させるための理論:

» ■マインドマップ新刊案内 from 斎藤一人さんに学ぶツイてる成功法則
新刊『図解マインド・マップ ノート術』(きこ書房 定価1000円税別)を買って読んだ。 マインドマップの描き方はもちろん、いろいろな応用がたくさん書かれていて驚くほど内容充実! なんといっても大判サイズの本にマインドマップの豊富な実例が 大量に出ているので見ているだけで楽しい♪♪ 今までのマインドマップ関連の本の中で一番いい感じだ。 気になる人は本屋さんへGO! システムノートでマインドマップをどんどん使いたい人には『戦略思�... 続きを読む

受信: Apr 19, 2005, 12:40:01 AM

» ■マインドマップ新刊案内 from 斎藤一人さんに学ぶツイてる成功法則
新刊『図解マインド・マップ ノート術』(きこ書房 定価1000円税別)を買って読んだ。 マインドマップの描き方はもちろん、いろいろな応用がたくさん書かれていて驚くほど内容充実! なんといっても大判サイズの本にマインドマップの豊富な実例が 大量に出ているので見ているだけで楽しい♪♪ 今までのマインドマップ関連の本の中で一番いい感じだ。 気になる人は本屋さんへGO! システムノートでマインドマップをどんどん使いたい人には『戦略�... 続きを読む

受信: Apr 19, 2005, 12:40:10 AM

» Listening Tapes from M+
Interesting Csikszentmihalyi http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/audio_book/ Flow; The Psychology of Optimal Experience http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0743525043/pointofview-22/249-6123011-4137921... 続きを読む

受信: May 9, 2005, 11:03:40 PM

» Listening Tapes from M+
Interesting Csikszentmihalyi http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/audio_book/ Flow; The Psychology of Optimal Experience http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0743525043/pointofview-22/249-6123011-4137921... 続きを読む

受信: May 9, 2005, 11:05:24 PM

» 『楽しみの社会学』 from joy
    最近このブログでちょこちょこ取り上げるている(「『フロー体験 喜びの現象学』」 「自己と“流れ”」 「政治と外発的動機」)チクセントミハイについて、また少し書きたいと思います。 簡単に言えば、チクセントミハイが言うのは、人は自分の能力の限界を試すことに喜びを感じるものであること。その能力の方向性は各人によって違うけれども、自己の能力よりやや高いハードルを設定することで、それに取り組む動機が刺�... 続きを読む

受信: Dec 7, 2005, 10:27:52 AM

» “Flow” Mihaly Csikszentmihalyi(著) from joy
アメリカの心理学者ミハイ・チクセントミハイの“Flow : The Psychology of Optimal Experience”というオーディオブックを聴きました。テープ2本で2時間弱の長さ。ナレーションは著者のチクセントミハイ自身が吹き込んでいます。プロとは違いクセはありますが、極端ななまりもなく、また英語は彼の母国語でないため、それだけ文法的に整理された言葉をしゃべっている気がしました。 テープの内容... 続きを読む

受信: May 2, 2006, 12:47:01 AM

» “Good Business” by Mihaly Csikszentmihalyi from joy
心理学者チクセントミハイが2003年に出した著書“Good Business: Leadership, Flow, and the Making of Meaning”のオーディオCDを聴きました。 チクセントミハイのフロー理論とビジネスとの関係については、ソニーコンピュータサイエンス研究所代表の天外司朗さん(本名は土井利忠さん)が著書『運命の法則』の中で指摘しています。 フロー理論とは、その人にとってなにか“しっ�... 続きを読む

受信: Jun 20, 2006, 6:53:56 PM

» 『スポーツを楽しむ―フロー理論からのアプローチ』 チクセントミハイ/ルイス(著) from joy
“フロー理論”の心理学者ミハイ・チクセントミハイとおそらく同じく心理学者のスーザン・A.ジャクソンの共著『スポーツを楽しむ―フロー理論からのアプローチ』を読みました。 フローな状態、すなわち自分にとってしっくりことをしていて、とても“ノッている”状態になることについてチクセントミハイはこれまでにも書物で説明してきましたが、この本はスポーツにおけるフロー状態の特徴についてスーザン・A.ジャクソンと一緒に研... 続きを読む

受信: Oct 13, 2006, 12:14:02 PM

コメント

投稿者: suzuki (Apr 17, 2005, 11:08:03 AM)

ムギさん、Jさん

チクセントさんと読むんですね。
「フロー」については以前から興味があり、
この著者の本もいずれ読みたいと思っていました。
まさにタイムリーな情報をありがとうございました。
「Power of Now」にも通じるお話しなんでしょうか?

投稿者: mindpower (Apr 19, 2005, 12:49:32 AM)

すみません。トラックバックを間違って二度クリックしてしまいました。
図解マインドマップでのムギさんのインタビューが参考になったこと、フローについては河出書房新書から「パワー・オブ・フロー」という本が出ているのをご紹介できればと思いました。m(_ _)m

投稿者: ムギ (Apr 19, 2005, 4:52:56 PM)

mindpowerさん、こんにちは。

そうでした、「図解マインドマップ」、もうでていましたね。宣伝を忘れていました。

好き勝手なことを話していますが、参考にしていただけると幸いです。

私もほかの方の部分をあまりまだ読んでいないので、よく見てみます。

「パワー・オブ・フロー」はそろそろ手元に届くので、こちらも読んだら感想をアップしますね。

これからもよろしくお願いします。

投稿者: ムギ (May 14, 2005, 7:01:36 PM)

suzukiさん、

あーーー、すみません。すっかりコメント、見落としていました。

そうなんです、flowもPower of NOWも、Today's Matterも基本的にはみんな同じ事を言っていると思いました。

いまを充実させることが、過去を生き生きさせることにも、将来を輝かせることにもつながる、というように私は解釈しています。

例えば、卑近な例ですが、今私は生協のカタログを見ながら、家族の食材を注文しています。これは土曜日の日課ですが、その間も、子どもと話をしながら、おいしいコーヒーとクッキーをいだたきながらやっていると、なんかこういう一件雑用に見えることこそが、生活なんだろうなぁ、と感じます。

またsuzukiさんのブログにも遊びに行かせてください。

投稿者: suzuki (May 19, 2005, 11:28:04 AM)

こちらに書いたコメントが送信されてなかったみたいです。
古いコメントを見つけて頂いてありがとうございました。

僕も、今に生きる大事さを(つい忘れがちですが)発見しつつあるところです。

これからもよろしくお願いします。

投稿者: みつき (Sep 1, 2009, 10:48:17 AM)

はじめまして。
今大学3年生です。
父が勝間さんの本を読み始めたのがきっかけで、勝間さん著の本がうちに数冊あります。もやもや悩んだときなど、何度も何度も読み返したりしています。

私はいま英語学習について、
明確なやり方、ゴールが見えずによくわからないまま努力しているといった状態ですこの記事を読ませていただいて、よりflowに近づける状態になりたいと思いました。今まででflowの状態になったことが何回かあるんですが、本当になぜだかその状態が幸せなんですよね。
またそういった状態になりたいとこの記事を読んで思いました。 
ありがとうございました。

コメントを書く






カテゴリー